創業融資獲得ができる事業計画書とは?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


創業融資獲得ができる事業計画書とは?

創業融資獲得ができる事業計画書とは?

創業融資の審査には、事業計画書が必要です。
金融機関が指定した書式に必要事項を書き込むだけの場合もありますが、創業融資を獲得するには押さえるべきポイントが沢山あります。

このページでは、具体的にどのような内容が必要で、融資担当者は何をチェックしているのか、どのように事業計画書を作成すれば良いのかを解説していきます。

創業融資には必須の書類!そもそも事業計画書とは?

事業計画書とはそもそも何なのでしょうか?
その目的と記載項目を具体的に解説します。

事業計画書の目的

会社の設立において、事業計画書と呼ばれる書類は欠かせません。
事業計画書の目的として、大きく2つのパターンが考えられます。

1.事業を進めていくイメージを具体化し、創業者が自ら今後の事業計画を客観的に把握するため。
2.会社の概要や魅力、今後の展開などを他人にわかりやすく説明するため。

1の目的も自社の羅針盤として重要ですが、創業時においては2の目的が特に重要で、創業融資においても自社の事業を説明する大切な資料になります。

事業計画書に記載する項目

事業計画書には、下記の項目を基本情報として記載します。
融資先の指定する書式による場合もありますが、基本的に書式は自由です。

・起業した動機や経緯
・経営者の略歴や事業実績など
・取扱う商品やサービス
・取引先や取引関係など
・従業員に関する情報
・借入額などの債務状況
・創業資金や運転資金などの調達方法
・事業の見通し(月平均)
これらを基本として、より細かい情報をさらに記載していきます。

融資担当者が事業計画書をチェックするポイント

さまざまな内容が記載されている事業計画書ですが、融資担当者が特に重点的にチェックしているポイントを解説します。

内容の正確性と数字の裏付け

事業計画書に記載される内容が本当に正しいのかを、融資担当者はチェックしています。

特に売上や利益などの数字は根拠が重要で、創業前には実際の収支報告をすることが出来ないことから、目標となる数字について、市場規模などを考慮した根拠のあるものにする必要があります。

また、誤字脱字や単純な計算ミスなども、信頼性を損なう原因になるため注意が必要です。

事業計画の実現可能性

事業計画書の内容は融資を得ようとするために、誇張した内容にすることも可能です。

しかし、融資担当者はその点を必ずチェックしており、事業計画そのものに無理がないか、またお金がどのように使われて返済されるのか、事業計画の整合性などもシビアに見ています。

例えば、従業員数や市場規模からはあり得ないような目標を掲げるなど、無謀な事業計画では、その実現可能性に大きな疑問符がつきます。

経営理念や熱意が伝わってくるか

創業者には会社を軌道に乗せて、収益を継続的に確保していく熱意が必要です。
そして会社を起業して永続的に運営していくという本気度を、融資担当者は見ています。

また、忘れがちなポイントですが、自社の経営理念を記載することも重要です。
経営理念はその会社が目指すもの、判断する上のものさしであり、すべての事業計画にも通ずるものです。
融資担当者は経営理念を確認することで、その会社の本質を見抜こうとします。

創業融資を獲得する事業計画書の作り方

融資を獲得できる事業計画書を作るためには、融資担当者がチェックするポイントを押さえ、それらを分かりやすくまとめることが重要です。

重要なポイントを正確に記載する

事業計画書にはさまざまな項目を記載する必要があります。
その中でも前項で解説したような、融資担当者が特にチェックするポイントを重点的に仕上げることで、訴求力の強い事業計画書を作成することが可能です。

会社概要だけでなく、理念や目的、商品やサービスの強みや特長をしっかりと記載して、売上目標などの数値は裏付けとなるデータとともに正確に記載してください。

また融資担当者にとって、貸したお金をしっかりと返済してもらえるかが最大の関心事です。
具体的かつ実現が可能な返済計画を、忘れずに記載しましょう。

理解しやすい表現で要点をまとめたものにする

事業計画書にさまざまな情報を盛り込むと、膨大な量になってしまいます。
特に文字と数字だけでそれを伝えようとすると融資担当者も読みにくく、また内容も理解しにくくなってしまいます。
図や写真、表などを使ったわかりやすいものにしましょう。

また、業界の関係者にしかわからない専門用語を用いないように配慮して、誰が読んでも理解できる内容にすることが大切です。

まとめ:創業融資獲得ができる事業計画書とは?

事業計画書はこれから起業する会社のことを書くだけではなく、融資担当者の立場に立ってポイントを押さえた内容をわかりやすく記載する必要があります。

しかし、いきなり完璧に近い事業計画書を作るのは容易ではありません。
専門業者へ創業融資の支援サポートなど、ヒアリングをした上で事業計画書作成を代行するサービスを使うのも1つの方法です。
専門家に依頼することで、完成度の高い事業計画書を作成することが可能となり、融資獲得の可能性が高まるでしょう。

創業融資に関する相談はJ.J.works行政書士事務所にお任せ

J.J.works行政書士事務所では、自己資金額やビジネスモデル等をヒアリングした上で、専門家による事業計画書の作成代行業務を取り扱っています。
そのため、事業計画書の作成に不安がある方でもご安心ください。

さらに、独自の融資獲得ルートから、お客様に合わせた金融機関をご案内いたします。
人(法人)によって通りやすい金融機関とそうでない金融機関がありますので、適切なものを選ぶことが大切なのです。

創業融資を初めて利用する方で、事業計画書の作成や金融機関選びに不安がある方は、ぜひJ.J.worksの創業融資サポートのご利用をご検討くださいませ。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい