創業融資の使い道!創業融資を受ける人が知っておくべき資金使途について|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


創業融資の使い道!創業融資を受ける人が知っておくべき資金使途について

創業融資の使い道!創業融資を受ける人が知っておくべき資金使途について
創業融資の使い道は、融資申し込みの際の審査基準でもあります。
使い道=資金使途をしっかり計画することも、融資獲得のために重要となってくるのです。
今回は、創業融資の資金使途の種類から違反行為とされるものまで解説していきたいと思います。

創業融資の資金使途とは?

創業融資の資金使途は、冒頭でも触れた通り「融資を受けた場合どのように使うか」という意味を持ちます。

創業融資の場合
・自己資金がどのくらいの割合があるか
・事業に必要な能力や経験があるか
・返済能力があるか
・資金使途は分かりやすく提示されているか
という4点が審査基準となりますので、資金使途をしっかりと明確にしておくことは融資獲得においても大切です。

資金使途(使い道)の種類

創業融資の場合、「運転資金」「設備資金」が資金使途の種類として挙げられます。
利用する制度によってはどちらかだけの場合もありますのでその都度概要をご確認ください。

ここでは、運転資金と設備資金にはどのような違いがあるのかについて解説していきます。

運転資金

運転資金とは、「その事業を継続するために必要な資金」のことです。
仕入れ、人件費、物件賃料、消耗品費・・・など、項目は業種によって異なります。

一般的に、銀行等の金融機関では5種類に分けて考えられています。

【1.正味営業運転資金】
通常、事業を営む上で必要となる資金のことを「正味営業運転資金」または「経常運転資金」と呼びます。

正味営業運転資金は、売上債権(売掛金と受け取り手形)+棚卸資産-買入債務(買掛金と支払い手形)で算出します。
創業融資を利用する場合は、この 正味営業運転資金を予測して計画します。

【2.増加運転資金】
増加運転資金は、事業売上が増えていることが原因で必要となる運転資金のことです。
経営に問題がなく、売上が好調であってもBtoBの取引では掛け金で処理して2~3か月後に支払うのが一般的。そのため、現金が入るまで必要な費用を支払うために運転資金が必要なのです。

売上が順調な状態で融資を申し込むため、比較的融資が通りやすいと考えられていますが状況はきちんと審査されるため帳簿などに不備がないようにしておきましょう。
また、取引先への与信管理も大切です。

【3.減少運転資金】
増加運転資金とは逆に、売上は減少しているものの買掛金や給与などの支払いをしなければならないために資金調達を行うのが減少運転資金です。
業績が思わしくないと、回収できる可能性も高くないと考える金融機関も多いので売掛金が入ってくることをきちんと提示したり、事業計画を現状に即した内容にするなどの対策が必要になることも。

【4.季節性運転資金】
賞与(ボーナス)など、決まった季節や時期に支出が増える時のための資金調達です。
季節性運転資金は短期間で返済するかたちのものが多く、事業の種類などによっては仕入れを季節性運転資金で賄うこともあります。

【5.設備未払金決済運転資金】
通常、設備のための資金調達は次でご紹介する「設備資金」として扱われます。
場合によっては、設備資金が不足して未払いの代金が発生することも。
また、設備の購入から6か月以上経つと、金融機関によっては運転資金として判断されることも。
半年以内であれば設備資金として融資が受けられ、運転資金よりも有利に資金調達が可能になりますので設備資金が足りなさそうだな、となったら早めに金融機関に申し込みをするとよいでしょう。

設備資金

設備資金は、読んで字のごとく「事業に必要な設備を用意するための資金」です。

・事業用物件の取得に必要な入居資金
・土地や建物の取得費用
・パソコン
・事務用品
・電話や通信回線設置費用
・事業用サイト作成費用
など、それぞれ継続せず単発で必要となる費用です。

設備資金として融資を受けると、返済期間を長期間にでき、より高額な資金を借り入れできます。
ただし、設備の購入のために必要だということを証明するために見積書などの提出が必要となります。

資金使途違反となる使い道に注意

資金使途違反、つまり資金使途に反する使い道をしていると、次からの融資を受けにくくなります。
違反と判断される使い道は以下の通りです。
・運転資金、として借りたものを設備資金として使う(またはその逆も)
・他社の融資の返済
・役員や代表者の私的な流用

最悪の場合は、融資の一括返済を求められることもありますので必ず申請時に説明した通りの使い道から外れないようにしましょう。

まとめ:創業融資の使い道!創業融資を受ける人が知っておくべき資金使途について

今回は、創業融資において使い道がどのように大切なのかについてご紹介しました。
創業融資の場合は、事業そのものに必要な運転資金と、設備に必要な設備資金があります。
使い道は計画に沿ったものか、審査の際に判断されます。創業後、違反だと判断された場合は信用情報を損なさいますのでご注意ください。

創業融資の計画作りならJ.J.works行政書士事務所へ

J.J.works行政書士事務所では、創業融資獲得のためのトータルサポートを行っております。
他社とのサポートプランとの違いは、事業計画書の作成を一からお任せしていただけることが挙げられます。
計画書自体は自分で作って、専門家がチェックを入れるというプランも多いですがJ.J.works創業融資サポートではお客様からヒアリングで伺った内容を元に経験豊富な専門家が作成いたします。
他にも、面談対策と面談当日の同席もいたしますので、融資獲得へのトータルサポートを行います。

ご相談は、お電話・メール・LINE・テレビ電話にて承っておりますので、外出をしたくないとお考えの方もお気軽にお声がけください。

千葉の会社設立代行サービス
千葉の創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい