合同会社設立の流れ・手順を解説!設立に時間をかけたくない人は代行がおすすめ!|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


合同会社設立の流れ・手順を解説!設立に時間をかけたくない人は代行がおすすめ!

合同会社設立の流れ・手順を解説!設立に時間をかけたくない人は代行がおすすめ!
合同会社は、会社形態の中でも新しく小規模なビジネスや接客・販売関係に向いている形態として注目を集めています。
今回は、
・合同会社の仕組み
・自分で合同会社を設立する時の手順
・忙しい人が合同会社を設立するなら?
・おすすめの会社設立代行サービス
についてご紹介していきたいと思います。

合同会社は2006年にできた法人格

合同会社は、2006年の会社法改正により生まれた新しい法人格です。
以前から存在している合資会社・合名会社と性質が似ていますが、この2つとの違いは会社が倒産した時の負債の取り扱い方にあります。

合同会社は有限責任社員のみで構成されているため、会社が倒産する・負債ができるなどの事態が起こったとしても出資した金額以上の負債を負担する義務がないというのが特徴です。

株式会社との違いは、利益の配分の仕方です。
1株いくら、と配当が決められている株式会社とは違って合同会社は株などを発行しません。
そのため、利益配分を自由に決められるので自由度も高いです。
その他の特徴として、
・決算の公告
・役員の人気
・会社設立にかかる費用
なども異なります。

自分で合同会社を設立する時の手順

合同会社を設立する時、以下のような手順を踏まなければなりません。

1.会社名や目的等基本事項を決める
2.会社の社印を作って届け出をする
3.定款(会社のルール)を決める
4.資本金の支払いをして証明書をもらう
5.登記書類を作る
6.作成した登記書類を提出する

合同会社は他の法人格に比べても、それほど大変ではないと言われますがやはりそれなりの手間と時間がかかります。
会社設立後であっても、自治体への届け出や青色申告承認申請書の作成などやるべきことは山積みです。

会社設立代行でプロに任せるのもおすすめ!

会社設立だけに専念できる状況であればまだしも、ビジネスをしている方は手続きのために割ける時間も限られています。
特に初めての会社設立の場合はなれない作業に時間がかかってしまいますし、なにか不備が起きてしまったらやり直してさらに工程数がかかってしまいます。

スムーズに会社設立をするためにも、プロの手を借りて会社設立代行をするのがよいでしょう。

まとめ:合同会社設立の流れ・手順を解説!設立に時間をかけたくない人は代行がおすすめ!

いかがでしたか?今回は合同会社の設立について解説いたしました。
・合同会社は新しい法人格で設立までの手間も少なく自由度が高い
・自分で設立するのは6つの工程が必要
・自分ですべて作業すると手間がかかるので代行サービスがおすすめ
会社設立はどのような形でも手間がかかるということが分かりましたが、どの代行サービスを利用すればいいのでしょうか?
記事の最後でご紹介したいと思います。

千葉の会社設立代行サービスならJ.J.worksへおまかせ!

千葉県で合同会社の設立をご検討しているなら、J.J.works行政書士事務所の会社設立代行サービスがおすすめです!
45,000円という低コストで会社設立に必要な手続きをまるっと対応いたしますので、初めて会社を設立するという方にも最適です。
顧問契約・抱き合わせ商法等は一切行いませんので、ご安心ください。
ご相談はいつでも受付けておりますので、お気軽にお声掛けくださいませ。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい