ファクタリング

おすすめの優良ファクタリング会社の人気ランキングTOP10!手数料や入金までの期間を徹底比較

「おすすめのファクタリング会社はどれ?」
「ファクタリングの選び方を知って比較検討したい」

このように、現在ファクタリング会社をお探しではありませんか?

ファクタリングは売掛債権を売却して資金調達する方法です。うまく活用すれば事業の資金繰りを円滑にすることができます。

しかしファクタリングは手数料がかかり、手数料の割合や入金スピードなどは業者によって違いがあります。

当記事を読むことで、

  • 自社に合ったファクタリング会社を見つけられる
  • 目的に応じてファクタリング会社を比較検討できる

ようになります。ぜひ最後までご覧ください。

人気のおすすめファクタリング会社ランキング

はじめに、おすすめのファクタリング会社10社の入金スピードと取引形態、手数料の3点を比較してまとめました。

入金スピード 取引形態 手数料
ビートレーディング 最短即日 2社間・3社間 2~20%
株式会社三共サービス 翌日〜 2社間・3社間 2社間:5~10%
3社間:1.5~8%
MSFJ株式会社 最短即日 2社間・3社間 2社間:7~15%
3社間:1.8~9.8%
電子請求書早払い 2営業日 2社間 1〜6%
えんナビ 翌日〜 2社間 非公開
株式会社ウィット 最短2時間~即日 2社間 -
ベストファクター 最短即日 2社間 2社間:5%~
3社間:2%~
OLTA 最短即日 2社間 2~9%
日本中小企業金融サポート機構 最短即日 2社間・3社間 3~8%
メンターキャピタル 翌日〜 2社間

5〜20%

それぞれのファクタリング会社の詳細を見ていきましょう。

1.ビートレーディング|入金スピードが早い

引用元:株式会社ビートレーディング

ビートレーディングの特徴は次の通りです。

  • 入金までのスピードが最短12時間
  • 契約方法が対面・郵送・出張の3種類から選択可能
  • 買取金額は最低30万円〜

ビートレーディングは株式会社ビートレーディングが提供するファクタリングサービスです。

入金までのスピードが早いことが特徴で、書類が揃っていれば申し込みから最短12時間で入金されます。最短即日の入金が可能なファクタリング会社の中でも特に審査スピードの早いと言えます。

店舗は東京・仙台・大阪・福岡に構えており、契約方法は対面のほかにも、郵送や出張の中から選択することができるため利便性が非常に高いです。

査定だけならWeb上でも行えるので、ファクタリング会社を探すならまず検討したい会社の一つです。

運営会社 株式会社ビートレーディング
入金スピード 最短即日
取引形態 2社間・3社間
手数料 2~20%
契約方法 対面・郵送・出張

今すぐビートレーディングに申し込む

2.株式会社三共サービス|手数料が業界最低水準

引用元:株式会社三共サービス

株式会社三共サービスの特徴は次の通りです。

  • 手数料が1.5%〜と業界最低水準
  • 専門性の高い経営コンサルティング
  • 最短翌日に売掛金を即日資金化

株式会社三共サービスは、3社間の手数料が1.5%〜、2社間で5%~と最低水準で利用できることが特徴です。

売掛金の資金化には早くても申し込み翌日以降となりますが、より料を抑えて資金調達したいのであれば三共サービスがおすすめです。

また専門性の高い経営コンサルティングといった特徴もあり、社内には元銀行員やノンバンク社員など、金融業界に精通したスタッフが揃っています。

運営会社 株式会社三共サービス
入金スピード 翌日〜
取引形態 2社間・3社間
手数料 2社間:5~10%

3社間:1.5~8%

契約方法 対面・郵送・メール・FAX

今すぐ株式会社三共サービスに申し込む

3.MSFJ株式会社|小規模事業者向けサービス

引用元:MSFJ株式会社

MSFJ株式会社の特徴は次の通りです。

  • ネット申し込み対応(100万円まで)
  • 手数料が1.8%〜と低水準
  • 入金スピードが最短即日

MSFJは主に小規模事業者を対象としており、100万円までの売掛金買取であればネット申し込みに対応しており、個人事業主も利用可能です。

さらに入金スピードが最短即日と早い上に、3社間ファクタリングの手数料は1.8%〜と比較的低水準となっています。

個人事業主を含め、より手数料を抑えて、より早く売掛金を売却するならMSFJ株式会社がおすすめです。

運営会社 MSFJ株式会社
入金スピード 最短即日
取引形態 2社間・3社間
手数料 2社間:7~15%

3社間:1.8~9.8%

契約方法 対面・Web

今すぐMSFJ株式会社に申し込む

4.電子請求書早払い|オンライン完結

引用元:電子請求書早払い

電子請求書早払いの特徴は次の通りです。

  • 上場企業2社の共同サービス
  • オンライン完結
  • 手数料が1.0~6.0%と業界最低水準
  • 入金スピードは2営業日

電子請求書早払いは、インフォマートとGMOペイメントゲートウェイの上場企業2社が共同で提供する「オンライン資金調達サービス」です。

オンライン完結なので、ファクタリング会社の担当者と対面するといった手間がかかりません。

手数料も1.0~6.0%と業界最低水準なので、手間や手数料などを抑えてできる限り少ないコストで資金調達したいなら電子請求書早払いがおすすめです。

ただし、電子請求書早払いはBtoB専門なので個人事業主は利用できず、さらに入金までに最短で2営業日かかる点に注意する必要があります。

運営会社 株式会社インフォマート

GMOペイメントゲートウェイ

入金スピード 2営業日
取引形態 2社間
手数料 1〜6%
契約方法 Web

今すぐ電子請求書早払いに申し込む

5.えんナビ|2社間ファクタリングに特化

引用元:えんナビ

えんナビの特徴は次の通りです。

  • 24時間365日問い合わせ可能でスピーディな対応
  • 出張サービスあり
  • 2社間ファクタリングに特化

えんナビは株式会社インターテックが運営する、2社間に特化したファクタリングサービスです。

24時間365日問い合わせに対応しており、土日・祝日や夜間でも問い合わせ可能なので、時間やタイミングを選ばずに資金調達したい方におすすめです。

対面での相談だけでなく郵送での契約や出張サービスも行っています。郵送を利用して非対面で契約を行えるほか、来店不要で自社のオフィスに招いて相談することも可能です。

また、2社間ファクタリングに特化していることから徹底した秘密厳守が特徴的で、自社の会社情報やファクタリングを周りに知られたくない方には特にえんナビが適しています。

運営会社 株式会社インターテック
入金スピード 翌日〜
取引形態 2社間
手数料 非公開
契約方法 Web

今すぐえんナビに申し込む

6.株式会社ウィット|入金まで最短2時間

引用元:株式会社ウィット

株式会社ウィットの特徴は次の通りです。

  • 対面での契約不要
  • 30万円〜500万以下の小口専門
  • 入金スピードが最短2時間と早い

株式会社ウィットは来店や訪問など対面での契約が不要で、電話一本で完結するファクタリング会社です。

取り扱う金額は30万円〜500万以下と小口専門としていることも特徴の一つで、それ故に審査も早く申し込みから最短2時間で資金調達ができます。

そのため、少額のファクタリングを考えている方は株式会社ウィットがおすすめです。

運営会社 株式会社ウィット
入金スピード 最短2時間~即日
取引形態 2社間
手数料 非公開
契約方法 電話

今すぐ株式会社ウィットに申し込む

7.ベストファクター|審査通過率は平均92.2%

 

引用元:Best Factor|株式会社アレシア

ベストファクターの特徴は次の通りです。

  • 手数料が低水準
  • 審査通過率が平均92.2%
  • 最低取引額は30万円〜

ベストファクターは2社間取引と3社間取引に対応しており、それぞれ手数料が5%~、2%~と低水準といった特徴があります。

さらに審査通過率を公開しており、その確率は平均92.2%と非常に高く、審査を柔軟に行ってもらえることがわかります。

ただし最低取引額は30万円からとなっており、個人事業主をはじめとした小規模事業者の小口案件には対応できない点がややデメリットです。

ファクタリングのシミュレーションや相談を無料で受け付けていますので、初めてファクタリングを利用する人にはおすすめの会社の一つです。

運営会社 株式会社アレシア
入金スピード 最短即日
取引形態 2社間
手数料 2社間:5%~

3社間:2%~

契約方法 電話・Web

今すぐベストファクターに申し込む

8.OLTA|独自のAI審査

引用元:OLTA

OLTAの特徴は次の通りです。

  • ネット完結で最短即日の入金
  • AI審査
  • 手数料が2社間取引で2〜9%と最低水準
  • 大手企業との実績多数

OLTAは審査から入金までネット完結のファクタリングサービスです。書類をオンライン上でアップロードすればAI審査が行われ、申し込みから最短即日で入金されます。

3社間ファクタリングには対応していませんが、2社間取引の中でも特に手数料が低く、2〜9%と業界最低水準です。

大手企業との実績を多数持っており、OLTAは信頼を置けるファクタリングサービスと言えます。

運営会社 OLTA株式会社
入金スピード 最短即日
取引形態 2社間
手数料 2~9%
契約方法 Web

今すぐOLTAに申し込む

9.日本中小企業金融サポート機構|非営利のファクタリングサービス

引用元:一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構

  • 一般社団法人による非営利サービス
  • 独自の郵送ファクタリング

日本中小企業金融サポート機構は一般社団法人のため、ファクタリング会社の中でも数少ない非営利のサービスです。

そのため事業者は過剰な手数料を請求されるリスクがなく、安心してサービスを利用することができます。

さらに独自の郵送システムを採用しており、書類を準備してポストに投函するだけで契約が完結します。

対面での契約を行う必要がないため、気軽にファクタリングを利用したい人にはおすすめのサービスです。

運営会社 一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
入金スピード 最短即日
取引形態 2社間・3社間
手数料 3~8%
契約方法 郵送

今すぐ日本中小企業金融サポート機構に申し込む

10.メンターキャピタル|審査結果が最短30分以内にわかる

引用元:株式会社Mentor Capital

メンターキャピタルの特徴は次の通りです。

  • 審査結果の通知が最短30分以内
  • 事前公開情報がやや少ない

メンターキャピタルは審査結果が最短30分以内にわかることが大きな特徴です。入金されるのは最短で翌日ですが、申し込みからすぐに買取金額がわかるので、複数社で見積もりたい方にはおすすめのファクタリング会社です。

ただし手数料は公式で明らかにされておらず、5〜20%とされています。事前に公開されている情報が比較的少ないので、メンターキャピタルを利用する際は他社との相見積もりをおすすめします。

運営会社 株式会社Mentor Capital
入金スピード 翌日〜
取引形態 2社間
手数料 5〜20%(公式非開示)
契約方法 対面・訪問・郵送も可

今すぐメンターキャピタルに申し込む

即日の資金調達も可能なファクタリング会社まとめ

即日入金に対応したファクタリング会社は以下の通りです。

売掛金の回収を急いでいる事業者には、これら最短即日のファクタリング会社がおすすめです。

中でもビートレーディングは最短12時間、株式会社ウィットは最短2時間と入金までのスピードが特に早いことが特徴的です。

ただし、審査が早いとその分手数料も高くなる傾向があるので、よりコストを抑えてファクタリングしたい方は複数社の見積もりを行うことも検討しましょう。

給料ファクタリングとは?個人におすすめの後払いサービス3選

給料ファクタリングとは、給料から数十パーセントの手数料を支払って、給料日前に賃金を受け取れるサービスです。

しかし、給料ファクタリングには違法性があり、金融庁も利用しないよう注意喚起しているため絶対に利用してはいけません。

お金に困った個人の方には、後払いサービスがおすすめです。

後払いサービスとは、商品やサービスを後払いで購入できるサービスです。給料ファクタリングのように、債券を売却するものではないので違法性はありません。

キャッシュバック制度を利用したり、購入品を売却したりすることで、現金化することもできます。

おすすめの後払いサービスは以下の3つです。

中でもペイリーとスマートツケ払いは弁護士監修で開発され、安心できるサービスです。バンドルペイは他社よりも手数料がやや低いことが特徴です。

ただし、後払いサービスは数十パーセントの手数料がかかるので利用は慎重に行いましょう。

ファクタリングとは?

そもそもファクタリングとは、売掛金を売却して債務者の決済予定日よりも早く事業売上を得る方法です。

わかりやすく言えば、請求書を第三者へ売却して入金日より早くお金を受け取るものです。

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類があります。

2社間ファクタリングとは、自社とファクタリング会社で取引する方法で、債務者にファクタリングを知られることなく資金調達できます。

一方で3社間ファクタリングは、ファクタリング会社が売掛金の売却の件を債務者に通知したり、債務者の承諾を取った上で行ったりする方法です。

売掛金の売却が債務者に知られるため関係性が崩れる可能性がありますが、その分取引手数料を下げることができます。

ファクタリングを行う際は、ファクタリング会社の詳細についてきちんと把握して行うようにしましょう。

ファクタリングのメリット

事業者がファクタリングを行うメリットには以下が考えられます。

  • 早期に売掛金を現金化できる
  • 保証人や担保が不要で借金にもならない
  • 取引先に知られずに資金調達できる(2社間ファクタリング)
  • 信用情報に影響されない

ファクタリングは売掛金を早期に現金化できることが最大のメリットです。資金繰りが厳しくて次回の入金まで間に合わない時などに非常に便利なサービスです。

信用情報に左右されることもなく、保証人や担保も不要なので、融資よりも気軽に資金調達できる方法でもあります。

さらに2社間ファクタリングなら、売掛金の売却が取引先にバレることがないので、取引先との関係性を崩したくない方にもファクタリングは適しています。

はじめてファクタリングの利用を考えている方は、2社間・3社間に対応して最短で即日入金が可能なビートレーディングがおすすめです。

今すぐビートレーディングに申し込む

ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリットは次の通りです。

  • 手数料がかかる
  • 債権譲渡登記が必要になるケースがある
  • 中には悪徳業者もある

ファクタリングは取引手数料がかかるため、売掛金を満額もらうことができません。

2社間の手数料相場は10%〜20%とされており、ファクタリングを利用した場合、売掛金の90%〜80%しか資金を受け取れない点に注意が必要です。

また取引金額や内容によっては、ファクタリング会社が売掛債権を買い取ったことを公的に示す「債権譲渡登記」が必要になります。

債権譲渡登記は二重譲渡を防止するためのものですが、公に閲覧可能な情報であり、登記手続き自体に1日以上かかります。そのため、より迅速に第三者に知られることなくファクタリングをしたい場合には譲渡登記がデメリットです。

ファクタリング会社の中には、高い手数料で行うような悪徳業者も存在するので、ぜひ本記事で紹介した優良業社をご利用ください。

優良ファクタリング会社を選ぶ4つのポイント

ファクタリング会社を選ぶ際は、その会社が優良かどうかや、自社の目的や希望に合ったサービスを受けられるかを見極めることが大切です。

ファクタリング会社の選び方には、以下のポイントには以下の4つがあります。

  • 手数料が明確にしてある会社を選ぶ
  • 入金までにかかる日数で選ぶ
  • 2社間か3社間かを選ぶ
  • 債権譲渡登記を行うかどうかで選ぶ

それぞれの詳細につて見ていきます。

①手数料が明確にしてある会社を選ぶ

ファクタリング会社は手数料を明確にしてあるところがおすすめです。

ファクタリング会社によっては手数料を非公開にしているところがあり、申し込み前に比較検討することができません。

最悪の場合、相場以上の手数料を請求される可能性もあるので基本的には手数料が明確にしてある会社を選ぶことが大切です。

特に手数料を抑えてファクタリングを利用したい方は、手数料の低いファクタリング会社を比較検討することをおすすめします。

はじめてファクタリングの利用を考えている方は、手数料が最低水準の三共サービスを選択肢の一つとして検討してみてください。

今すぐ株式会社三共サービスに申し込む

②入金までにかかる日数で選ぶ

ファクタリング会社は入金までにかかる日数で選ぶのもポイントの一つです。

ファクタリング会社によって入金までにかかる日数には差があります。中には最短即日で入金してくれるサービスもあるので、資金調達の緊急性に応じて業者を選びましょう。

ただし、現金化が早いファクタリング会社は手数料が高くなる傾向があるので、少し時間をかけてでも複数社見積もりすることをおすすめします。

はじめてファクタリングの利用を考えている方は、2社間・3社間に対応して最短即日の入金スピードも早いビートレーディングを選択肢の一つとしてぜひ検討してみてください。

今すぐビートレーディングに申し込む

③2社間か3社間かを選ぶ

2社間ファクタリングか、3社間ファクタリングのどちらを行うかあらかじめ選んでおきましょう。

3社間ファクタリングは取引先に売掛金の売却が知られるリスクがある一方、手数料を抑えられるといったメリットがあります。それに対して、2社間ファクタリングは手数料が比較的高くなるものの、売掛金の売却を知られない点がメリットです。

ファクタリング会社によっては2社間のみを扱っているところのほか、2社間と3社間の両方を取り扱っているところがあります。

まずはファクタリング会社に問い合わせて、自社にとってどちらの選択がベストかを相談するのもポイントの一つです。

④債権譲渡登記を行うかどうかで選ぶ

債権譲渡登記を行うかどうかで、ファクタリング会社を選ぶことも大切です。

債権譲渡登記は売掛債権を法的に証明するもので、誰でも閲覧できるため、場合によっては取引先などにファクタリングを知られる可能性があります。

ほかにも、銀行などにファクタリングを知られると融資審査に影響があることも考えられます。そのため周りにファクタリングを知られたくない方は債権譲渡登記を避けなければいけません。

2社間取引の場合は債権譲渡登記を基本的に行いますが、状況や業者によっては登記が必要ない場合もあります。

まずはファクタリング会社へ問い合わせ、債権譲渡登記が必要かどうか相談してみましょう。

ファクタリングの手数料を抑えるコツ

ここまで、おすすめのファクタリング会社やその選び方についてご紹介してきました。できる限り手数料を抑えたいという方がほとんどかと思います。

ファクタリング会社の手数料を抑えるコツには以下のものがあります。

  • 3社間ファクタリングを利用する
  • 売却する金額をできる限り高額にする
  • 2回目以降も同じファクタリング会社を利用する

ファクタリング会社の買取リスクが高ければその分手数料も高くなります。つまり売却する際のリスクを下げることが手数料を抑えるコツです。

たとえば3社間ファクタリングは取引先の了承を得るため、2社間ファクタリングよりも低リスクで債権を買い取ることができます。

また売却する金額が少ないとファクタリング会社が負担するコストで赤字になるケースもあるので、手数料が高くなる傾向にあります。そのため一回の取引金額はできる限り高額にするのも手数料を抑えるコツの一つです。

2回目以降の取引は初回契約時よりも手数料が下がるケースがほとんどなので、長期的に付き合っていけそうなファクタリング会社を選ぶことをおすすめします。

ファクタリングをうまく活用して、少ない手数料で資金調達を実現しましょう。

ファクタリングを利用する際の注意点!悪質な会社の特徴

ファクタリングを利用する際は、悪質会社と取引しないように注意しましょう。

悪質なファクタリング会社には以下のような特徴があります。

  • 固定電話がない
  • 運営会社が不明もしくは不透明
  • 手数料が安すぎる
  • 契約書に関する説明がきちんと行われない

運営会社が不明であったり、連絡先が固定電話ではなく携帯電話になっていたりなど、不透明な部分が多い会社は悪質な可能性があります。

そのほかにも手数料が安すぎたり、契約書に関する説明がきちんと行われなかったりする場合も悪質な会社の可能性が高いです。

悪質なファクタリングを利用してしまうと、別途手数料を請求されるなどのトラブルになりかねませんので、本記事で紹介した優良会社をぜひご活用ください。

まとめ

ファクタリング会社によってそのサービス内容には差があります。最短即日で入金が可能な業者もあれば、日数はかかるものの低い手数料で利用できる業者などさまざまです。

ファクタリング会社を選ぶ際は以下4つのポイントから比較しましょう。

  • 手数料が明確にしてある会社を選ぶ
  • 入金までにかかる日数で選ぶ
  • 2社間か3社間かを選ぶ
  • 債権譲渡登記を行うかどうかで選ぶ

ファクタリング会社の中には悪質なものもありますが、本記事で紹介したファクタリング会社はどれも優良会社です。

本記事で紹介した業者を比較検討して、上手にファクタリングを利用しましょう。

特にビートレーディングは2社間・3社間に対応しており、買取まで最短即日と入金スピードも早いので、はじめてファクタリングの利用を考えている方にはおすすめです。

今すぐビートレーディングに申し込む

-ファクタリング
-,

© 2021 みんなのお金大全