カードローン

人気のおすすめカードローン会社ランキングTOP10!金利や審査期間を徹底比較

「おすすめのカードローンはどれ?」
「カードローンの選び方が知りたい」

このように、現在どのカードローンを利用しようか迷っていませんか?

こちらの記事では人気のおすすめカードローン会社を10社ランキング形式でご紹介しています。

当記事を読むことで、

  • 自分にベストなカードローンを選択できる
  • 低金利や即日融資などカードローンを比較検討できる

ようになりますので、ぜひ最後までご覧ください。

人気のおすすめカードローン会社ランキング

まず、おすすめのカードローン10社を金利と審査スピード、Web完結、無利息期間の4点を比較してまとめました。

会社名 金利 融資スピード Web完結 無利息期間
アコム 3.0〜18.0% 最短即日 可能 30日
アイフル 3.0~18.0% 最短即日 可能 30日
プロミス 4.5〜17.8% 最短1時間 可能 30日
楽天銀行カードローン 1.9〜14.5% 最短翌営業日 可能 なし
三井住友銀行カードローン 4.0〜14.5% 最短翌営業日 可能 なし
三菱UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 最短翌営業日 可能 なし
レイクALSA 4.5〜18.0% 最短1時間 可能 60日/5万円まで180日
SMBCモビット 3.0〜18.0% 最短即日 可能 なし
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 最短翌営業日 可能 なし
オリックス銀行カードローン 1.7〜17.8% 最短翌営業日 可能 なし

それぞれのカードローンの詳細を見ていきましょう。

1.アコム|最短30分で審査結果がわかる

引用元:アコム公式HP

アコムの特徴は次の通りです。

  • 土日も借り入れ可能
  • 最短30分で審査回答
  • 最短即日振込
  • 30日間の無利息期間

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループのカードローンです。最短30分の審査回答と最短即日振込が特徴的で、土日でも利用できます。

Web完結申し込みに対応しているため、スマホやパソコン24時間365日いつでも申し込めます。

またアコムの店舗や自動契約機(むじんくん)は、全国に900カ所設置されており、Web完結を利用して店舗でカードを発行すれば自宅への郵送物なしで借り入れ可能です。

初めて利用の場合にのみ、30日間の無利息キャンペーンを利用できるので、カードローンの利用が初めての方には特にアコムがおすすめです。

金利(実質年率) 3.0〜18.0%
借り入れ限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資までの時間 最短即日
無利息期間 30日
学生・主婦の利用 可能
Web完結 可能
 

今すぐアコムのカードローンに申し込む

2.アイフル|利用者へのサポートが手厚い

引用元:アイフル公式HP

アイフルの特徴は次の通りです。

  • セブン銀行のATMからカードレスで借入可能
  • 30日間の無利息期間
  • 女性専用ダイヤル
  • 1秒で借入可能かわかる「事前診断」

アイフルはスマホを利用すれば、セブン銀行ATMからカードレスで借り入れができます。審査通過後にカードの到着を待ったり、無人契約機で発行したりする手間なくすぐに利用可能です。

ただし、セブン銀行をはじめとしたコンビニATMの利用には手数料がかかるので注意が必要です。

とはいえ審査は最短30分で終わるので、早ければ申し込みから1時間程度で現金を借りることができるでしょう。

アイフルは1秒で借入可能かがわかる「事前診断」が非常に便利です。まずは事前診断を利用して借り入れできるかチェックしましょう。

金利(実質年率) 3.00~18.00%
借り入れ限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資までの時間 最短即日
無利息期間 30日間
学生・主婦の利用 可能
Web完結 可能
 

今すぐアイフルのカードローンに申し込む

3.プロミス|借入しやすいサービスが充実

引用元:プロミス公式HP

プロミスの特徴は次の通りです。

  • 利用者数&顧客満足度No.1
  • 最短1時間で融資のスピード審査
  • 30日間の無利息期間
  • Web完結申し込みなら郵送物なし
  • 土日も利用可能

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスが運営するカードローンです。大手ならではの安心感で、利用者数や顧客満足度は1位となっています。

プロミスのメリットは何と言ってもスピード審査で、申し込みから最短1時間で融資を受けることができます。

さらに初回利用時は30日間の無利息期間付きで、Web完結の申し込みにも対応しているので、カードローンの利用が手軽になります。

金利(実質年率) 4.5〜17.8%
借り入れ限度額 500万円
審査期間 最短30分
融資までの時間 最短1時間
無利息期期間 30日間
学生・専業主婦の利用 可能
Web完結 可能
 

今すぐプロミスのカードローンに申し込む

4.楽天銀行カードローン|会員ランクに応じて審査が優遇

楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」の特徴は次の通りです。

  • 楽天銀行の口座開設不要で申し込み可能
  • 楽天会員ランクに応じて審査が優遇
  • 楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンがある

ネット銀行の中で口座開設数が最も多い楽天銀行のカードローンは、口座を開設していない人も新たに口座開設せずに利用できます。

すでに楽天銀行の口座を開設していて、頻繁に利用している方なら、楽天会員ランクに応じて審査が優遇されることもあります。

また、カードローン入会時には最大31,000ポイントがもらえるキャンペーンを行っているので、お得にカードローンを作りたい方にはおすすめです。

ただし楽天銀行スーパーローンは30代〜50代の方や正社員、安定した収入がある方におすすめのカードローンです。20代や学生・主婦の方には消費者金融のカードローンをおすすめします。

金利(実質年率) 1.9〜14.5%
借り入れ限度額 10万円〜800万円
審査期間 最短翌営業日
融資までの時間 最短翌営業日
学生・専業主婦の利用 可能
Web完結 可能
 

今すぐ楽天銀行のカードローンに申し込む

5.三井住友銀行カードローン|返済は毎月最低2,000円から

三井住友銀行カードローンの特徴は次の通りです。

  • 三井住友銀行の口座開設不要で申し込み可能
  • 上限金利は消費者金融と比べて低め
  • 返済は毎月2,000円から可能

三井住友銀行のカードローンは三井住友銀行の口座を持っていない人でも利用できます。

借り入れ金額によっても異なりますが、最低2,000円からの返済が可能です。

さらに上限金利は14.5%と消費者金融よりも低く設定されていることから、できる限り利息を抑えたい方にはおすすめのカードローンです。

ただし、三井住友銀行カードローンの審査に通過するためには安定した収入が必要ですので、学生や主婦は利用できません。30代や40代に適したカードローンなので、20代や収入が安定していない人などは別のカードローンを利用しましょう。

金利(実質年率) 4.0〜14.5%
借り入れ限度額 10万円~800万円
審査期間 最短翌営業日
融資までの時間 最短翌営業日
学生・専業主婦の利用 不可
Web完結 可能
 

今すぐ三井住友銀行のカードローンに申し込む

6.三菱UFJ銀行カードローン バンクイック|全国の提携ATMで手数料無料で利用可能

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の特徴は次の通りです。

  • ATM手数料無料
  • 毎月1,000円からの返済が可能
  • 三菱UFJ銀行の口座開設不要で申し込み可能
  • 銀行口座を開設している人のみWeb完結申し込みに対応

バンクイックはコンビニATMをはじめとした全国の提携ATMで手数料無料で利用できます。さらに借入残高によっては毎月1,000円からの返済が可能なので、月々の負担を抑えられます。

三菱UFJ銀行の口座を開設しなくても申し込みでき、すでに口座を持っている方はWeb完結の申し込みが利用可能です。

ただしバンクイックは銀行カードローンなので、20代後半〜40代など安定した収入がある方向けです。審査は比較的厳しく行われるので、審査に自信がない方には消費者金融カードローンの利用も検討しましょう。

金利(実質年率) 1.8%~14.6%
借り入れ限度額 10万円~500万円
審査期間 最短翌営業日
融資までの時間 最短翌営業日
学生・専業主婦の利用 可能
Web完結 可能
 

今すぐ三菱UFJ銀行のカードローンに申し込む

7.レイクALSA|無利息の期間が長い

引用元:レイクALSA公式HP

レイクALSAの特徴は次の通りです。

  • 無利息期間が最大60日または180日
  • 最短1時間で融資
  • 申し込みから借り入れまでWeb完結

レイクALSAは新生銀行グループのカードローンです。無利息期間が他社よりも充実しており、初回契約なら最大60日間(Web申し込み以外なら30日間)、または5万円まで最大180日間の無利息期間を選択できます。

さらに融資スピードも早く、申し込みから最短1時間で借り入れが可能です。

Web申し込みであれば審査結果を数十秒で見られる上、無利息期間も30日間から60日間になります。レイクALSAの利用はWeb申し込みで行いましょう。

金利(実質年率) 4.5〜18.0%
借り入れ限度額 1万円〜500万円
審査期間 最短15秒
融資までの時間 最短1時間
無利息期間 60日/5万円まで180日
学生・専業主婦の利用 可能
Web完結 可能
 

今すぐレイクALSAのカードローンに申し込む

8.SMBCモビット|10秒簡易審査で事前結果がわかる

SMBCモビットの特徴は次の通りです。

  • 10秒簡易審査で即審査結果がわかる
  • Web完結で面倒な電話や郵送が不要
  • 即日融資可能

SMBCモビットはSMBCグループのカードローンで、三井住友銀行やゆうちょ銀行など特定の銀行口座を開設している場合、保険証のみでWeb完結の申し込みが可能です。

Web完結なら面倒な電話や郵送が不要でカードローンを利用できます。

またSMBCモビットの大きな特徴は「10秒簡易審査」と呼ばれる独自の審査ツールです。申し込みしてわずか10秒で事前審査の結果が表示されるので、スムーズに審査結果を待つことができます。

金利(実質年率) 3.0〜18.0%
借り入れ限度額 1万円〜800万円
審査期間 10秒簡易審査
融資までの時間 最短即日
学生・専業主婦の利用 可能
Web完結 可能
 

今すぐSMBCモビットのカードローンに申し込む

9.みずほ銀行カードローン|上限金利が低水準

みずほ銀行カードローンの特徴は次の通りです。

  • 手持ちのキャッシュカードで借り入れできる
  • Web完結で申し込み可能
  • 上限金利が低水準

みずほ銀行カードローンの契約時、ローンカードを発行するか、普通預金のキャッシュカードにローン機能を付帯させるかを選ぶことができます。

すでにみずほ銀行の口座を持っている方で、キャッシュカードにローン機能を付帯すれば、審査が通過してすぐに借り入れが可能です。キャッシュカードとローンカードを別々で持ち歩く必要もありません。

また、みずほ銀行は上限金利が14.0%と低水準といった特徴があります。さらにみずほ銀行の住宅ローンと併用すれば金利を一律0.5%引き下げてもらえるので、みずほ銀行を頻繁に利用している方にはおすすめです。

みずほ銀行の口座を持っていない方は、普通預金口座の開設がカードローン申し込みの条件となります。

金利(実質年率) 2.0%~14.0%
借り入れ限度額 10万円〜800万円
審査期間 最短翌営業日
融資までの時間 最短翌営業日
学生・専業主婦の利用 可能
Web完結 可能
 

今すぐみずほ銀行のカードローンに申し込む

10.オリックス銀行カードローン|がん保障の特約付きで安心

オリックス銀行カードローンの特徴は次の通りです。

  • Web完結申し込み
  • ATMの手数料無料
  • がん保障の特約付き

オリックス銀行のカードローンはWeb完結に対応しており、24時間365日いつでも申し込みができます。

さらにがん保障の特約付きで、万が一借入残高がある状態で死亡した場合やがんを申告されたときは借入残高が0円になります。保険料は0円で利用できるので、万が一の時にも安心して利用できるでしょう。

ただし、オリックス銀行カードローンは30代〜40代など働き盛りの世代向けです。そのため20代や収入が不安定な方などは、消費者金融系のカードローンの利用も検討しましょう。

金利(実質年率) 1.7〜17.8%
借り入れ限度額 10万円〜800万円
審査期間 最短翌営業日
融資までの時間 最短翌営業日
学生・専業主婦の利用 可能
Web完結 可能
 

今すぐオリックス銀行のカードローンに申し込む

即日融資可能なカードローンまとめ

今回比較したカードローンの中で、即日融資に対応したものは以下の5つです。

中でもプロミスとレイクALSAは、申し込みから最短1時間で借り入れができます。それに対してSMBCモビットは審査結果がわずか10秒でわかるので、急いでいる時には活躍するカードローンです。

このように、消費者金融のカードローンであれば基本的に最短即日の融資に対応しております。銀行カードローンはシステムの構造上、即日融資を行うことができません。

そのため今すぐお金を準備したいという方は消費者金融のカードローンがおすすめです。中には無利息期間を設けている業者もあるので、うまく活用してお得にお金を借りましょう。

学生や専業主婦におすすめのカードローン

学生(20歳以上)や専業主婦には消費者金融のカードローンがおすすめです。

銀行カードローンと比べて金利はやや高めですが、審査は銀行ほど厳しくはないため、収入の少ない学生や主婦でも審査に通過する可能性があります。

ただし、いずれにしても安定的な収入を得ていなければいけません。専業主婦で在宅ワークなどしておらず、全く収入がない場合は申し込みできない可能性があるので注意しましょう。

アルバイトや派遣社員におすすめのカードローン

アルバイトや派遣社員にも、以下の消費者金融系のカードローンがおすすめです。

アルバイトや派遣社員は正社員と比べて審査が不利にはたらきます。銀行カードローンは正社員をはじめとした安定的な収入がある人を対象にしていることがほとんどです。

一方で、消費者金融は学生や主婦なども対象としており、比較的収入の少ない人にも融資を行っております。

借り換えやおまとめローンにはみずほ銀行カードローンがおすすめ!

借り換えを目的としている方には、みずほ銀行カードローンがおすすめです。

みずほ銀行カードローンの金利は年2.0〜14.0%と、その他のカードローンと比べても低水準となっています。借金をまとめるとなると、どうしても高額の借り入れになるので、金利の低いカードローンを利用することがおすすめです。

また、金融機関からの借り入れは高額になればなるほど金利が下がるケースが一般的です。

そのため消費者金融系のカードローンをまとめる方法も選択肢の一つですが、より低金利で借り換えするならみずほ銀行などの銀行系カードローンを利用しましょう。

今すぐみずほ銀行のカードローンに申し込む

女性におすすめのカードローン

女性におすすめのカードローンは以下の3つです。

同窓会や結婚式へ参列する際、参加費だけではなく身だしなみにお金がかかる女性は多いのではないでしょうか。そのほかにも友人との旅行や子どもの教育費など、何かとお金が必要になるシーンは女性につきものです。

上記のカードローンなら最短即日で融資を受けられるため、急ぎの用事でも解決することも多いはずです。

さらにWeb完結なので誰にも会わずに借りられるほか、無利息期間もあるので、うまく活用すれば利息を抑えてお金を借りることができます。

カードローンとは?銀行や消費者金融から現金を借入できる

そもそもカードローンとは、銀行や消費者金融などの金融機関が提供する金融商品の一つです。

その他のローン「マイカーローン」や「住宅ローン」とは異なり、現金を借り入れできることが特徴で、お金の使い道も基本的に自由です。ATMなどを利用していつでも自由にお金を引き出せるので、急な出費に対応できるのがカードローンの強みと言えます。

さらに、他のローンやクレジットカードなどと比べて審査や融資までの期間が短いので、気軽に利用することができます。

ローンカードを持っておくだけでは借り入れにはならないので、万が一のために持っておくのも選択肢の一つです。

カードローンの金利相場はいくら?初回契約は原則上限金利

カードローンは金融機関ごとに適用金利を設定しています。消費者金融系と銀行系のカードローンとでは金利相場に大きな違いがあります。

消費者金融系と銀行系のカードローンの平均的な上限金利は次の通りです。

  • 消費者金融:18.0%
  • 銀行:14.5%

基本的に消費者金融よりも銀行の方が金利は低く設定されていますが、金利が低くなればその分審査も厳しく行われることは知っておかなければいけません。

またカードローンの初回契約時は上限金利を適用されることがほとんどです。そのため、どのカードローンを利用しようか迷っている方は、下限金利ではなく上限金利で比較検討するようにしましょう。

カードローンを利用するメリット

カードローンを利用するメリットには以下の4つがあります。

  • 最短即日で融資を受けられる
  • お金の使い道が自由
  • 担保や保証人が必要ない
  • 学生や主婦、フリーターなども利用できる

カードローンは最短即日で融資を受けることができます。お金の使い道も自由なので、冠婚葬祭をはじめとしたイベントごとなど、急にお金が必要になった時にカードローンの利用が便利です。

また、カードローンを借り入れするにあたって担保や保証人を準備する必要がありません。万が一返済が難しくなったとしても、車や家を手放したり、保証人に返済の義務が発生したりしないのもメリットと言えます。

学生や主婦、フリーターなども利用できるので、お金に困っている方はカードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

カードローンを利用するデメリット

カードローンを利用するデメリットは主に以下の2つです。

  • 浪費癖がつく可能性がある
  • 他のローンよりも金利が高い
  • 完済するまでに時間がかかる

カードローンは簡単に契約でき、一度ローンカードを手にするとATMなどで簡単に借り入れができてしまいます。人によっては借りる意識が薄れていき、浪費癖がつく可能性があるので十分注意しなければいけません。

またカードローンは他のローンと比べて金利が高く設定されています。さらに月々の返済額が低く設定されており、完済するまでに時間がかかるといったデメリットがあります。

高い金利で長期的な支払いを行うと結果的に多くの利息を支払うことになるので、無利息期間をうまく利用したり、短期間で返済を終えたりする工夫が大切です。

カードローンの選び方

カードローンの選び方は主に以下の3つです。

  • 低金利のカードローンを選ぶ
  • 融資までのスピードで選ぶ
  • Web完結かどうかで選ぶ

まずは自身の目的を明確にすることが大切です。取り急ぎ、今すぐ短期的にお金が欲しい場合は、融資までのスピードで選ぶと良いでしょう。

一方で、これから長く利用していけるカードローンを探している方は低金利のものがおすすめです。

ここからは、それぞれの選び方について詳しく解説していきます。

低金利のカードローンを選ぶ

カードローンは低金利のものを選ぶのがポイントです。

金利が低ければ毎月支払う利息が少なくてすみ、毎月の返済の負担が軽減します。

特に短期的に借りてすぐ返せるあてがなく、長期的な利用を考えているのであればできる限り低金利のカードローンを選択しましょう。

カードローンは交渉で金利を引き下げることができず、金融機関の規定よりも金利を下げるには借り換えするしかありません。

借り換えの審査は一般的なカードローンの審査よりも厳しく行われる可能性があるので、はじめから低金利のカードローンを選びましょう。

みずほ銀行カードローンは特に低金利で利用できるのでおすすめです。

 

今すぐみずほ銀行のカードローンに申し込む

融資までのスピードで選ぶ

融資までのスピードでカードローンを選ぶのもポイントの一つです。

カードローンの利用を考えている人の中には、今すぐお金を準備したいと急いでいる人も多いかと思います。

できる限りすぐに融資を受けたい方は、即日融資対応のカードローンがおすすめです。

最短即日融資が可能なカードローンは以下のものがあります。

中には無利息期間を設けている業者もあるので、うまく活用してより効率よくお金を借りましょう。

Web完結かどうかで選ぶ

以下に当てはまる方は、Web完結かどうかで選びましょう。

  • 家族にバレずにカードローンを利用したい
  • 金融機関の営業時間外で申し込みたい
  • 場所を選ばずにスマホで簡単に申し込みたい

Web完結のカードローンであれば、郵送物なしで申し込みできるので家族にバレずに申し込むことができます。ただし、金融機関によっては必ず郵送物が発生するところもあるので、申し込み時には十分注意が必要です。

また、金融機関の営業時間や外出中で書類での申し込みなどが難しい方にもWeb完結のカードローンがおすすめです。

カードローンの3つの審査基準

カードローンの審査基準は主に以下の3つです。

  • 信用情報
  • 他社からの借入状況
  • 年齢や収入などの属性

信用情報とは、申込者本人の借入状況や返済状況のことです。他社で返済が滞っていたり、過去に自己破産など金融事故を起こしていたりする人は信用力が低いとして判断されて審査通過が難しくなります。

仮に返済をしっかり行っていても、他社からの借入合計金額・借入件数によっては審査が不利にはたらきます。借入金額や件数が多いということは、いつ返済が滞ってもおかしくないと判断されてしまうのです。

一方で、他社からの借入件数が少なく、長年延滞もなくコツコツ利用している人は優良な債務者と判断されて審査が有利にはたらきます。

また、年齢や収入などの「属性」も審査基準の一つです。年齢や収入が高い人や役職についている人、既婚者などは返済能力の高さを評価されやすいです。

万が一カードローンの審査に落ちてしまった場合、これらの審査基準に問題がある可能性が高いので、自身の信用情報や属性はある程度把握しておくことをおすすめします。

カードローンの少額融資は審査なし?審査に通過するコツ

結論から言えば、カードローンは必ず審査が行われます。賃金業法で定められているため、少額融資とはいえ審査なしでカードローンを契約することはできません。

審査に通過するためには、以下3つのコツがあります。

  • 消費者金融のカードローンを選ぶ
  • 希望借入額を少額で申し込む
  • 短期間に複数のカードローンに申し込まない

消費者金融は銀行と比べて金利が高い分、銀行よりも審査に通過する可能性があります。

申し込み時の希望借入額を高額で申し込んでしまうと、審査に落ちる可能性が高いので、必要最低限の金額にすることもコツの一つです。

また、短期間に複数のカードローンに申し込むのはやめましょう。

申込状況などは個人信用情報機関に数ヶ月間記録されるので、一度に複数のカードローンに申し込むと「借りるだけ借りて返さないのでは?」と疑われてしまいます。

どうしても利用したい金融機関を1〜2社に絞って申し込んだり、仮に審査に落ちた時は1ヶ月以上時間を置いて他のカードローンへ申し込んだりしましょう。

まとめ

カードローンは気軽にお金を借りられる便利な金融商品です。

特に、まだカードローンを契約していない方はいざという時のためにカードローンに契約しておくことをおすすめします。

カードローンは人によって使用目的が異なるので、以下3つの選び方をぜひ参考にしてください。

  • 低金利のカードローンを選ぶ
  • 融資までのスピードで選ぶ
  • Web完結かどうかで選ぶ

自分に合ったカードローンを見つけて、上手にお得にお金を借りましょう。

この記事のランキング上位に紹介したアコムアイフルプロミスは、融資までのスピードが早くて無利息期間を設けているので、今すぐお金準備したい方におすすめです。

今すぐアコムのカードローンに申し込む

-カードローン
-,

© 2021 みんなのお金大全