カードローン

審査が通りやすいカードローンはある?審査通過のコツとおすすめの消費者金融を徹底解説

貸金業者による広告や宣伝文句を規制しています。「審査が通りやすいカードローンはある?」
「審査に通りやすくする方法は?」

このように、現在審査がやさしいカードローンをお探しではありませんか?

カードローン会社によって審査基準に大差はないため、審査が通りやすいカードローンというものはありません。そのためカードローンの審査に通過しやすくするためには、通過しやすい人の特徴や、申し込み時のコツを知っておくことが大切です。

こちらの記事では、審査通過のコツとオススメの消費者金融をランキング形式で5つご紹介しています。

こちらの記事を読むことで

  • 信用情報に自信がない人でもカードローンを利用できるチャンスが得られる
  • 記事を読む前より審査通過の可能性が上がる
  • これまで知らなかった中小の消費者金融に出会える

ようになります。ぜひ最後まで読み進めていってください。

目次

審査が通りやすいカードローンはある?審査基準に大差はない

結論から言えば、審査が通りやすいカードローンというのはありません。

消費者金融にはいくつかありますが、どの消費者金融が審査に通過しやすいかを明確に判断できる根拠はありません。

カードローン審査通過率を公開している大手消費者金融3社とその通過率は次の通りです。

  • アコム:41.4%
  • プロミス:39.7%
  • アイフル:41.7%

(参考1:マンスリーレポート 20201年3月期|アコム株式会社
(参考2:決算補足資料 2021年3月期|SMBCコンシューマーファイナンス
(参考3:月次データ 2021年3月期|アイフル株式会社

このように、消費者金融の審査通過率は40%前後で大差ありません。一般的には、銀行よりも金利の高い消費者金融の方が審査はやさしいとされています。

しかし消費者金融でも半数以上の人が審査に落とされていることから、どの金融機関でも厳正な審査を行っていることわかります。

そのため返済能力があると判断した人にしかお金を貸しておらず、消費者金融といえど審査が通りやすいとは言い切れません。

カードローンの審査が通りやすい人の3つの特徴

審査が通りやすい人の特徴には以下の3つがあります。

  • 他社からの借入が少ない
  • 過去に返済を滞納した履歴がない
  • 収入が安定している

審査が通りやすいカードローンはありませんが、より審査に通過しやすくするためにはこれらの特徴を知っておくことが大切です。

それぞれの詳細について見ていきましょう。

特徴①他社からの借入が少ない

他社からの借入が少ない、あるいは借入していない人は審査に通過しやすいです。

年収によっても異なりますが、他社での借入件数や借入額が多い人は、借入がない人と比べて返済能力が低いと判断されてしまいます。

特に複数社からの借入がある人の場合、カードローン会社に「返済に充てるお金が少ない」という印象を与える可能性があります。

一方で他社からの借入が少ない人は、審査において「返済に充てる余剰金を持っている人」として判断されやすいです。

特徴②過去に返済を滞納した履歴がない

過去に返済を滞納した履歴がない人も審査に通過しやすいと言えます。

クレジットカードやカードローンの返済履歴や利用履歴などは、すべて個人信用情報機関に記録されており、各カードローン会社は審査でその情報を必ずチェックします。

これまできちんと返済を行っていたことが記録されていれば、審査で高く評価される可能性が高いです。

一方で滞納を頻繁に繰り返している人や長期的な滞納をしたことがる人は、「返済への責任感がない」「返済する余裕がない」と判断され、審査では不利になります。

一度情報が登録されると数ヶ月〜数年記録が残されるので、過去に返済を滞納した履歴がある人は注意しましょう。

信用情報に自信がない方や融資審査に通らない方には、ファクタリングも選択肢の一つです。信用情報の傷がある方でも、最短即日で資金調達できる可能性があります。

特徴③収入が安定している

収入が安定している人もカードローンの審査に通りやすいです。

カードローン会社は申込人の年収の高さよりも、毎月継続して返済ができるかを重視しています。年収が高くても収入が安定していないと審査でマイナスに評価される可能性が高いです。

たとえば、同じ年収300万円の人でも毎月25万円の収入がある人と、月によって10〜50万円の波がある人とでは、前者の方が信用度は高いです。

そのため、経営者よりも会社員の方がカードローンの審査に通りやすいと言えます。

少額融資なら審査なし?カードローン会社の5つの審査基準

「1〜3万円程度の少額融資なら審査は行われないのでは?」と考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、いくら少額でもカードローンの新規契約には審査が必ず行われます。審査を必ず行うよう貸金業法で定められているので、審査なしで新規借入することはできません。

また、カードローン会社の審査でチェックされる項目には以下の5つがあります。

  • 信用情報:返済の延滞がないか
  • 借入状況:他社からいくら借入しているか
  • 収入:年収はいくらあるか
  • 職業と勤続年数:安定性のある仕事をしているか
  • 住居形態や居住年数:長い間安定した暮らしができているか

収入に安定性がなかったり、過去に返済を延滞したりしている人は少額融資でも審査に落ちて借入できない可能性があるので注意しましょう。

ネット銀行のカードローンは審査が甘い?カードローン会社を比較

消費者金融だけでなく、銀行も基本的にカードローンのサービスを提供しています。

銀行にはメガバンクや都市銀行、地方銀行などがありますが、「ネット銀行のカードローンは審査が甘いのでは?」と考えている人もいるのではないでしょうか。

基本的に、ネット銀行とその他の銀行とでは審査に大差はないと考えられます。

なぜなら、それぞれの申し込み条件や金利はほとんど同じだからです。銀行カードローン5社の特徴をまとめてみました。

銀行カードローン 申し込み条件 金利
オリックス銀行カードローン ・申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満の方
・原則、毎月安定した収入のある方
・日本国内に在住の方
・保証会社の保証が受けられる方
年1.7%~17.8%
楽天銀行スーパーローン ・満年齢20歳以上62歳以下の方
・日本国内に居住している方
・毎月安定した定期収入のある方、または専業主婦の方
・保証会社の保証を受けられる方
年1.9%~14.5%
ソニー銀行カードローン ・満20歳以上65歳未満の方
・原則、安定した収入がある方
・ソニー銀行の円普通預金口座を持っている方
・保証会社の保証を受けられる方
年2.5%~13.8%
三井住友銀行カードローン ・満20歳以上満69歳以下の方
・原則安定した収入のある方
・指定の保証会社の保証を受けられる方
年4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン ・満20歳以上66歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方
・保証会社の保証を受けられる方
年2.0%~14.0%

金利が高ければその分審査もやさしく行われるのが一般的です。

この場合ネット銀行のオリックス銀行カードローンのみ金利が高いので、比較的審査はやさしいと考えられるものの、その他に目立った違いはありません。

メガバンクや都市銀行と比べて、ネット銀行の審査が甘いとは言えないので、カードローンをどうしても利用したい方は消費者金融を検討しましょう。

カードローンの審査に通過するため申し込み時に注意すべきこと

カードローンの申し込み時には以下2つの注意点があります。

  • 借入限度額が年収の3分の1を超えないようにする
  • 短期間で複数社に申し込まない

これらの注意事項を知っていないと、審査に通過する可能性があるのに審査に落とされてしまうこともありえます。

それぞれの詳細について見ていきましょう。

①借入限度額が年収の3分の1を超えないようにする

カードローンの新規申し込みは、借入限度額が年収の3分の1を超えないようにする必要があります。

なぜなら「総量規制」と呼ばれる法律によって、貸金業者は年収の3分の1を超えての貸付を行ってはいけないと決められているからです。総量規制は債務者の無理な借入を防ぐための法律です。

たとえば年収300万円の人は、貸金業者から合計100万円以上の借入をすることはできません。仮に複数の会社から合計90万円借入している方は、新規申し込みで借りられるのは10万円までとなります。

総量規制を超えての申し込みは基本的に審査に落とされてしまいます。

すでに複数の貸金業者からお金を借りている人は、合計いくら借りていて、年収に対して何パーセントの借入なのか計算しておきましょう。

②短期間で複数社に申し込まない

短期間で複数社に申し込むと、審査基準を満たしていても審査に落とされる可能性があるので注意しましょう。

カードローン会社は申込者の借入状況や審査状況などを個人信用情報機関から確認することができます。

そこで、短期間に複数社に申し込んでいることがわかると「多くの会社から借りるだけ借りて返さないつもりでは?」などと疑われてしまいかねません。仮に限度額50万円を5社で申し込み、5社とも審査に通過してしまうと、一気に250万円者借入ができることになります。

カードローン会社はそういったリスクを避けるため、短期間で複数社に申し込んでいる人は審査に落とす傾向があります。

カードローンの申し込みは1〜2社のみにとどめ、仮に審査に落ちた場合は、1ヶ月ほど時間をおいて他社のカードローンに申し込みましょう。

審査はゆるい?即日融資対応ですぐに借りれる消費者金融ランキングBEST5

消費者金融は銀行よりも金利が高い分、審査をやさしめに行っています。銀行カードローンの審査に落ちた人でも、消費者金融の審査には通過する可能性があります。

中でも、即日融資に対応したおすすめの消費者金融は以下の5社です。

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • レイクALSA
  • SMBCモビット

それぞれの特徴についてみていきましょう。

1.アコム|最短30分で審査結果がわかる

引用元:アコム公式HP

金利(実質年率) 3.0〜18.0%
借り入れ限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資までの時間 最短即日
無利息期間 30日
学生・主婦の利用 可能
Web完結 可能

アコムの特徴には以下のものがあります。

  • 最短即日融資
  • Web完結
  • 30日間の無利息期間

アコムは審査スピードが早いことが特徴で、申し込みから最短30分で審査が完了します。

審査通過後に銀行振込や無人契約機でカードを発行するなどすれば、その日に借入することも可能です。

土日でも新規申し込みや即日融資に対応し、Web完結なので、いつでもどこでも気軽に申し込むことができます。

また30日間の無利息期間も設けているので、キャンペーン期間をうまく活用してお得にアコムからお金を借りましょう。

今すぐアコムのカードローンに申し込む

2.アイフル|利用者への手厚いサポート

引用元:アイフル公式HP

金利(実質年率) 3.00~18.00%
借り入れ限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資までの時間 最短即日
無利息期間 30日間
学生・主婦の利用 可能
Web完結 可能

アイフルの特徴には以下のものがあります。

  • 最短即日融資
  • 30日間の無利息期間
  • Web完結
  • 女性専用のフリーダイヤル

アイフルは最短即日融資に対応している大手消費者金融の一つです。

その他の消費者金融と比べて、利用者へのサポートが手厚いことが特徴で、たとえば女性専用のフリーダイヤルを用意して女性でも気軽に借りられるようになっています。

そのほか、アイフルのカードがなくてもセブン銀行ATMからスマホで借入できる、カードレスの借入にも対応しています。

今すぐカードローンを利用するなら、サポートの手厚いアイフルがおすすめです。

今すぐアイフルのカードローンに申し込む

3.プロミス|Web完結申し込みなら郵送物なし

引用元:プロミス公式HP

金利(実質年率) 4.5〜17.8%
借り入れ限度額 500万円
審査期間 最短30分
融資までの時間 最短1時間
無利息期間 30日間
学生・主婦の利用 可能
Web完結 可能

プロミスの特徴は次の通りです。

  • 最短1時間で融資のスピード審査
  • 無利息期間が30日間
  • Web完結申し込みなら郵送物なし
  • 利用者数&顧客満足度No.1

プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンスが運営するカードローンです。他社と比べても審査スピードが早いことが特徴で、最短1時間で審査の結果がわかり、その後すぐに融資を受けられます。

無利息期間は30日間で、Web完結申し込みなら郵送部がありません。大手消費者金融の中でも、利用者数&顧客満足度No.1の実績があり、安心感のあるカードローンです。

今すぐお金を準備したい人は、サービスが手厚いプロミスの利用を検討してみてください。

今すぐプロミスのカードローンに申し込む

4.レイクALSA|選べる2種類の無利息期間

引用元:レイクALSA公式HP

金利(実質年率) 4.5〜18.0%
借り入れ限度額 1万円〜500万円
審査期間 最短15秒
融資までの時間 最短1時間
無利息期間 60日/5万円まで180日
学生・主婦の利用 可能
Web完結 可能

レイクALSAの特徴は次の通りです。

  • 無利息期間が最大60日または5万円まで180日
  • Web完結に対応
  • 最短1時間で融資

レイクALSAは新生銀行グループのカードローンで、無利息期間が他社よりも充実していることが特徴です。

無利息期間には2種類あり、初回契約で最大60日間(Web申し込み意外なら30日間)、最大5万円まで180日間のいずれかを選ぶことができます。

Web完結の申し込みにも対応しており、手軽に申し込むことが可能です。

さらに、融資スピードも早く、Web申し込みなら数十秒で審査結果がわかり、最短1時間で融資を受けられます。

レイクALSAを利用する際は、無利息期間が長くなるWeb申し込みがおすすめです。

今すぐレイクALSAのカードローンに申し込む

5.SMBCモビット|10秒で事前審査の結果がわかる独自の簡易審査

引用元:SMBCモビット公式HP

金利(実質年率) 3.00~18.00%
借り入れ限度額 1万円〜800万円
審査期間 10秒簡易審査
融資までの時間 最短即日
学生・主婦の利用 可能
Web完結 可能

SMBCモビットの特徴は次の通りです。

  • Web完結
  • 即日融資可能
  • 10秒簡易審査
  • 無利息期間はなし

SMBCモビットはSMBCグループが提供するカードローンで、Web完結の申し込みと即日融資に対応しており、利用しやすいカードローンの一つです。

10秒簡易審査と呼ばれる独自の審査ツールが特徴的で、申し込み後10秒で事前審査の結果が表示されます。

ただし、無利息期間がないので、短期的にお得に借り入れしたい人は他社のカードローンが向いています。

とはいえ、即日融資に対応していて10秒で事前審査の結果がわかるので、お金の準備に急いでいる人にはSMBCモビットがおすすめです。

今すぐSMBCモビットのカードローンに申し込む

大手よりも審査が甘い?おすすめの中小消費者金融ランキングBEST3

中小の消費者金融は大手と比べて、柔軟に審査を行ってくれることが特徴です。当然ブラックリストの人などは審査通過が難しいですが、大手の審査に落ちた人でも中小の審査に通過するケースはあります。

ただし、即日融資を受けられない場合があるほか、提携するATMが少なく、気軽に借入ができない場合もあるので注意が必要です。

おすすめの中小消費者金融は以下の3社です。

  • セントラル
  • フクホー
  • ダイレクトワン

ここからは、中小消費者金融3社の特徴について見ていきましょう。

また、以下の記事では大手消費者金融と中小消費者金融をそれぞれ5社ランキング形式でご紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてください。

消費者金融のおすすめ人気ランキング!審査が甘いのはどれ?即日借入や金利の違いを徹底比較

1.セントラル|無利息期間ありで即日融資に対応

引用元:セントラル公式HP

金利(実質年率) 4.8~18.0%
借り入れ限度額 1万円〜300万円
審査期間 最短30分
融資までの時間 最短即日
無利息期間 最大30日間
Web完結 可能

セントラルの特徴は次の通りです。

  • 来店不要で契約可能
  • 最大30日間の無利息期間
  • 最短即日融資
  • Web完結

セントラルは大手と同程度のサービスが受けられる中小消費者金融です。

Web完結なので来店不要で契約できるほか、最大30日間の無利息期間のキャンペーンも受けられます。

ただし、即日融資を受けるためには、関東・四国地方に設置されてある自動契約機でカードを発行しなければいけません。エリア外にお住まいの方はカードが届くのを待たなければいけず、即日に融資を受けられない可能性もあるので注意が必要です。

とはいえ、セントラルは各種サービスが充実しているのでエリア外にお住いの方にもおすすめです。

今すぐセントラルのカードローンに申し込む

2.フクホー|契約書をセブンイレブンから発行

引用元:フクホー公式HP

金利(実質年率) 7.3~18.0%
借り入れ限度額 1〜200万円
審査期間 最短30分
融資までの時間 最短即日
Web完結 不可

フクホーの特徴は次の通りです。

  • 創業50年の実績
  • 最短即日融資
  • セブンイレブンで契約書を発行

フクホーは創業50年以上の実績を持つ老舗の消費者金融です。申し込み方法はWebや電話から行え、最短即日融資にも対応しています。

また、フクホーじゃ契約書をセブンイレブンで発行する点も特徴的です。契約書が郵送されて来ないので、家族に気付かれずにこっそり借入したい人には特に向いています。

ただし、フクホーの店舗窓口は全国に1カ所しかありません。申し込みが殺到する長期休暇前などは審査時間が長引く可能性があるので注意が必要です。

実績や信頼のある消費者金融を利用したい方は、フクホーを検討しましょう。

今すぐフクホーのカードローンに申し込む

3.ダイレクトワン|主要コンビニで借入可能

引用元:ダイレクトワン公式HP

金利(実質年率) 4.9〜18.0%
借り入れ限度額 1万円〜300万円
審査期間 最短即日
融資までの時間 最短即日
無利息期間 55日間
Web完結 可能

ダイレクトワンの特徴は次の通りです。

  • 最短即日融資
  • コンビニATMで利用可能
  • 55日間の無利息期間(20・30代限定)
  • Web完結

ダイレクトワンは申し込みがWeb完結で、最短即日融資に対応している中小消費者金融の一つです。

コンビニATMと提携していることが特徴で、セブンイレブンやファミリーマートなど主要コンビニのATMを利用して地域に関係なくどこでも気軽に借入することができます。

また、20代・30代の初回利用時のみ55日間の無利息期間を設けているので、20代・30代はダイレイクトワンの利用がおすすめです。

今すぐダイレクトワンのカードローンに申し込む

カードローンの審査が通らない?クレジットカードのキャッシング機能も選択肢

カードローンの審査が通らないなら、手持ちのクレジットカードにキャッシング機能をつけるといった選択肢もあります。

キャッシング機能は、クレジットカードを使ってATMから現金を借入する機能です。

クレジットカードの中にはキャッシング枠をつけられるものとそうでないものとがあるので、まずは手持ちのクレジットカードがキャッシングに対応しているか確認しましょう。

ただし、新たにキャッシング枠をつけるためにも審査が必要となります。ブラックリストに乗っていたり、ショッピング枠の支払いを延滞していたりすると審査落ちの可能性が高いです。

一方で、これまでのクレジットカードの利用実績によっては審査を有利に進めてもらえるとも考えられます。カードローンの審査が通らないなら、クレジットカードのキャッシングも選択肢の一つとして検討しましょう。

極甘審査ファイナンスとは?審査なしの闇金には要注意

極甘審査ファイナンスとは、審査の基準が極端に甘く、多重債務者でも融資を受けられる金融業者のことです。

審査なし、違法な高金利で貸付を行う闇金とは異なり、極甘審査フィアナンスは都道府県に認可されて貸金業登録している業者です。

大手の消費者金融のカードローン審査に通らず、極甘審査ファイナンスの利用も考えている方も中にはいるかと思います。

しかし、「審査が甘い」「ブラックでもOK」といった甘い広告を掲載している金融業社はおすすめできません。

日本国内では「日本貸金業協会」と呼ばれる組織が、貸金業者による広告や宣伝文句を規制しています。

(参照:広告審査に係る審査基準|日本賃金業協会

いくら審査が甘い極甘審査ファイナンスでも、実態は闇金である可能性もあるので、利用は絶対に避けましょう。

まとめ:審査に不安があるなら中小消費者金融を利用しよう

カードローン会社の審査は基準は大差ないので、審査が通りやすいカードローンというものはありません。

そのため、できる限りカードローンの審査に通過するためには、審査が通りやすい人の特徴や申し込み時のコツを知ることが大切です。

カードローンの審査に通りやすい人には以下のような特徴があります。

  • 他社からの借入が少ない
  • 過去に返済を滞納した履歴がない
  • 収入が安定している

また、どうしても今すぐお金を準備したい方は、大手だけでなく中小の消費者金融にも目を向けましょう。

中でも中小消費者金融のセントラルは、大手と同程度のサービスが受けられます。申し込みはWeb完結で最短即日融資に対応しているので、中小の消費者金融選びに迷ったらセントラルがおすすめです。

今すぐセントラルのカードローンに申し込む

-カードローン
-,

© 2021 みんなのお金大全