合同会社の税金まわりを徹底解説!|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


合同会社の税金まわりを徹底解説!

合同会社の税金まわりを徹底解説!
合同会社を設立すると、他の規格の会社と同様に様々な税金がかかります。
この記事の中では、
・合同会社にかかる税金の種類
・申告や納付を行う期限
・合同会社の税金に関する知識
についてご紹介したいと思います。

合同会社経営で必要な税金

合同会社にかかる税金には、いくつかの種類があります。

・法人税
・法人事業税
・法人住民税
・消費税
・固定資産税
基本的には、この5種類は必須でかかります。
ビジネスの内容によっては、酒税・タバコ税などが発生することもあります。
また、お仕事で車を使う場合は自動車税が必要です。

会社設立時には登録免許税も支払わなければいけませんが、合同会社の場合最低60,000円と決められています。

それぞれの申告や納付はいつするの?

税金は種類ごとに申告や納付の期限が決まっています。

・法人税
・法人事業税
・法人住民税
・消費税
上記4種類の税金は、年度末翌日から2ヶ月以内が申告と納付の期限です。
固定資産税は、1月末日までに申告を行いますが、納付期限は1年に4回あります。

種類が多く期限も異なると、失念してしまいそうにもなりますが合同会社の法人税は課税所得30%の比例課税なので、個人事業主よりも税的なメリットがあります。

税金の節約はできる?

税金の節約方法として、
・家族や自分への給料を経費として計上できる
・生命保険や福利厚生なども経費にできる
・赤字が出たら9年繰り越しができる
・登録免許税の節約
などがあります。

個人事業主の場合は、経費として扱える範囲が狭く所得税率も高いですが、合同会社は法人なので経費になる範囲が広いのが特徴です。
また、赤字繰り越しも9年可能なので会社の経営が安定するまで、課税金額を抑えるという方法も可能です。

まとめ:合同会社の税金まわりを徹底解説!

本記事では、合同会社の税金まわりについて詳しく解説いたしました。
・合同会社は法人向けの税区分が適用される
・それぞれの税金には申告と納付の期限が設けられており、種類によってはタイミングが変わる
・給与や保険の経費化、赤字繰り越しなど節税をする方法もある
という事が分かりました。

個人~少人数で会社設立をする場合、経理担当がいない会社も多いと思います。
資金面で税理士契約が難しい、という方におすすめなサービスを最後にご紹介いたしますね。

千葉で会社設立をするならJ.J.worksへご相談を!

千葉エリア周辺で合同会社の設立予定があるなら、J.J.works行政書士事務所の設立代行サポートをぜひご活用ください!
会社設立に必要な手続きをフルサポートするだけでなく、格安で提携税理士に経理を依頼できる「起業家応援 税理士丸投げパック」もご利用いただけます。
その他にも会社経営に役立つノウハウが充実しておりますので、これから起業をお考えの方はお電話やメール、LINEなどからお気軽にご相談ください。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい