会社設立した後税理士は必要なのか?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


会社設立した後税理士は必要なのか?


今回のお話
ひと昔前の起業と違い、クラウド会計といったサービスの登場で経理や税務面で色々便利になってきました。今回は、そんな中でも会社設立した後税理士が必要になるかを解説していきます。

【目次に戻る場合はコチラ】

先輩起業家と語る会社設立後の税理士の選び方

 

起業したら税理士は必要か?気を付ける事は?

会社設立した後税理士は必要か?

川名さん
そもそも会社設立したばっかって税理士必要かな?
川名さん
クラウド会計とか便利なの色々出てるじゃん?
J.J.works 近澤
クラウド会計が話題だから、そう思いますよね。
J.J.works 近澤
正直、必要です。
川名さん
やっぱそうなの?
J.J.works 近澤
経理とか税務申告書作成ってソフトが便利になっても、まだ現状のレベルだと知識が無いと難しいんですよ。
J.J.works 近澤
これ、法人税申告書を超絶簡単に作成できるってソフト使ってみた記事なんですけど。「全力法人税」使ってみた
川名さん
読んだけど何やってるか意味わからん。
J.J.works 近澤
そういう人は絶対税理士が必要です^^;
J.J.works 近澤
会社の経理って結構複雑なので、とりあえず自分でやってみてっていう方は、後々もったいない事になる事が多いです。

起業した後に税理士が必要なのか?という質問をよく受けます。結論から申し上げますと、個人事業主の場合は税理士がいなくても大丈夫ですが、会社設立した場合はほぼ100%税理士が必要になります。

個人事業主でも会社でも、経理と税務申告というのは「決算書」を作成した後に「税務申告書」を作成し、それぞれ税務署に提出した上で税金を納付し手続きが完了となります。

近年、クラウド会計といった便利なサービスがリリースされています。個人事業主の税務申告書はクラウド会計で簡単に作成できるので、個人事業主の場合は税理士がいなくてもなんとかなります。

一方、会社の税務申告書はとても複雑で、クラウド会計では対応していません。全力法人税といった会社の税務申告書作成ソフトもありますが、知識の無い方が作成するのは難しいものです。

会社の経理や税務は複雑なルールもありますし、税務申告書を自分で作成する事も難しいので、自分でなんとかしようとすると後々面倒になったり勿体ない結果になったりします。

関連記事

会社の税務申告が自分でできる「全力法人税」使ってみた

起業後の税理士選びで気を付けて欲しい事

川名さん
そっか、やっぱり会社設立したら税理士って必要なんだね。
J.J.works 近澤
だけど、税理士さんとの関わり方には気を付けてほしいんですよ。
J.J.works 近澤
税理士って顧問契約して毎月顧問料を支払う形が一般的ですよね。
川名さん
俺は最初そうだった、普通はそうだよね。
J.J.works 近澤
まず、役員報酬をとれないほど売上が少ない会社や個人事業主の場合は、税理士に毎月顧問料を支払う形は全く不要です。
J.J.works 近澤
こういった場合、お金の出入りも少なく単純な事が多いので、税務的な問題はあまり発生しない事が多いです。
J.J.works 近澤
なので、決算と税務申告だけスポットで依頼するとか、たまにチェックしてもらうとかでとにかく予算を抑える事です。
川名さん
顧問契約だと税理士費用は年間30万円くらいだよね。
川名さん
スポットに切り替えて金銭的に楽になったよ!
J.J.works 近澤
スポットの費用はJ.J.worksが運営する御意見番だと年1回の丸投げ決算が年間10万円。相場はもうちょい高いくらいですかね?
川名さん
顧問契約するよりも20万円安くなるのはでかい!
J.J.works 近澤
創業期は、その浮いた20万円を売上獲得に使うって事ですよ。
川名さん
20万円広告だせると、結構変わるもんな!

先ほどは会社設立したら税理士が必要だと申し上げました。ですが、事業の利益から自分の役員報酬をとれない程に売上が少ない時期は、顧問契約して毎月予算をとるような事は一切不要です。

そもそも、起業したての時期というのは売上が少ない事が多いです。つまり、売上や仕入れといったお金の流れも少ないという事です。この場合は毎月税理士に見てもらう意味はありません。

こういった状況では、儲かっているか否かは肌感覚で十分分かりますし、税務的な問題もあまり関係無い(そもそも利益が出ないから税額が無い)ので、税理士がいるメリットは少ないからです。

開業当初はとにかく余計な固定費は持たない事につきます。必要な時だけスポットで依頼するようにしたり、不安な時に相談したりチェックしてもらうようにして極限まで予算を落としていいと思います。

関連ページ

J.J.works行政書士事務所では、スポットで税理士に相談や依頼ができるサービスを運営していますので、ご自分の周りにスポットで対応してくれる税理士がいなくても大丈夫です。

起業家支援コミュニティ 御意見番

顧問契約は落ち着いて考えてから

J.J.works 近澤
会社設立⇒税理士顧問契約って士業のビジネスモデルなんですよ。
J.J.works 近澤
税理士が顧問契約とセットで0円で会社設立したり、会社設立Freeeを利用した後Freeeから税理士を紹介されたり。
J.J.works 近澤
結局、税理士の顧問料or紹介料で利益を上げるビジネスモデルなんで、後々もったいない事になる場合があります。
川名さん
知らないってだけで結構損しちゃうんだよねー>_<
川名さん
顧問税理士に起業当初は年間30万円位払ってたもんな、利益も出てないのに。おかげで貯金がずいぶん減っちゃったよ^^;
J.J.works 近澤
でも、税理士と顧問契約した方が楽は楽ですよ^^
川名さん
たしかに、スポットに切り替えて金銭的には楽になったけど、
川名さん
所得税納付とかタスク管理はある程度自分でやってるもん。顧問税理士がいる間はその時々教えてくれるから楽だったよ。
J.J.works 近澤
とにかく費用対効果を考えてって事です。
J.J.works 近澤
今はかなり条件のいい税理士事務所もあるので、売上が少ない間でもそういった場合は顧問契約OKだと思います。
川名さん
そういえばさー、俺は今「御意見番」でスポットでやってもらってるけど、ずっとこうって訳にもいかないよね?
川名さん
どの辺りのタイミングで顧問契約するのがいいの?
J.J.works 近澤
「売上が1,000万円越えた」「役員報酬を安定して取れるようになった」って所がポイントじゃないですか^^
川名さん
そうなると、消費税のシミュレーションとかしなきゃだもんね。
J.J.works 近澤
そうですね。あと、これくらいになってくると日々の記帳の間違いがリスク要因になったりするので。
J.J.works 近澤
あと、起業当初でも極端に取引数が多かったり、輸出入といった特殊な事業の場合は、顧問契約した方がいいです。

税理士が会社設立後の顧問契約する事を条件に会社設立手続きを手数料0円でしてくるので、こういったサービスを利用したり、会社設立Freeeが紹介してくれたという事で顧問をつけている方がいます。

基本的に、税理士の0円設立も会社設立Freeeも会社設立後の顧問契約や税理士紹介をビジネスにしているサービスですので、費用対効果で考えると後々もったいない事になる場合があります。

費用対効果という意味で、「会社設立を0円でやってくれる」とか「家から近い」といった理由で簡単に税理士を決めてしまう事は一切オススメできません。

最近は顧問契約でも割安で条件のいい税理士もいるので、そういった場合は最初から顧問契約してもいいでしょうが、安易に決めないで必ず数社相見積もりをするべきです。

会社が「年商1,000万円を越えた」「安定して役員報酬を受け取る事ができるようになった」くらいから、顧問契約する事を検討してもいいと思います。この辺りから税務上の問題が出てくるからです。

また、売上先や仕入れ先の数が多く取引が複雑な場合や、輸出入事業など特殊なビジネスをされるといった起業当初から顧問税理士を付けた方がいいケースもあります。

川名さん
でも費用対効果の良い税理士ってどんなの?
J.J.works 近澤
じゃあ次のページで語りましょう^^

【次のページ】
費用対効果の高い税理士の選び方

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい