起業したいけどお金がない場合にはどうすれば?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


起業したいけどお金がない場合にはどうすれば?

起業したいけどお金がない場合にはどうすれば?
「起業して自分でビジネスを始めたいが、十分なお金がない…」このような場合どうすればよいのでしょうか?業種にもよりますが、事業立ち上げ時にはまとまったお金が必要になりますよね。

本記事では、「お金はないけど起業したい!」そんな時に知りたい対策や注意点について、実体験も併せて解説をしていきたいと思います。

このページの目次
資金がない状態で起業をした実体験
資金無し起業でオススメしたい事
資金無し起業で避けた方がいい仕事
資金無し起業でオススメの仕事

資金なしで起業をした実体験を語ります

僕自身も、資金無しでJ.J.works行政書士事務所を起業しました。資金無しでの起業を考えてる皆さんの参考になればと思い、自分の経験を少し解説します。

起業した時の状況

起業した時でしうと、家族は奥さんと子供3人(今は4人いますが)いる状態での起業でした。OKを出してくれた奥さんは本当に感謝です。

資金は殆どありませんでしたが、「行政書士の資格」と「税理士事務所での下積み経験」というサービス提供に原価(仕入資金等の事)が不要なスキルを持っていたのが運が良かったと思います。

どうやって家族を養いながら事業を成り立たせていくか。その為になにをやるかに集中しました。

ワンポイント!

〇サービス提供に資金不要なスキルを持っていた

 

事業を成り立たせる為に考えた事

僕は行政書士の資格と会計事務所での下積み経験があったので、仕事さえ受注できれば事務所経営は成り立つという自身はありました。

また、下積み時代に税理士事務所の営業や集客も経験していましたので、どうすれば集客ができるかという事もある程度経験していました。

独立する前に「ホームページなら数十万で作れて直ぐに年収1,000万円いくよ」と上手く行っている先輩のアドバイスがあって、同じやり方やればいけるんじゃね?と(超単純な)僕はやる事にしました。

ワンポイント!

〇上手く行ってる先輩と仲がよかった
〇上手く行ってる先輩の真似をした

 

毎月の固定費と初期投資費用

毎月の固定費(必要経費と生活費)

資金無しでの起業でも事業を行う限り最低限の経費は掛かります。生活費も待った無しです。貯金なんかありませんから、毎月お金を稼ぐ必要がありました。

ホームページ集客を行う事は目標として決めましたが、最低限のものしか作る事は出来ない(資金が無いので)状態です。資金をかけれないので自分でコツコツやるしかありません。

プロではないので結果が出るまでに時間(僕の場合は半年程度必要でした)がかかります。その間収入はゼロになってしまいますから、少なくてもいいからすぐに売上になる仕事を確保する事にしました。

具体的には、国税庁の法人番号検索で新しく設立された会社を調べて、ダイレクトメールで顧問契約の営業を掛けたのです。

このように新しい会社に顧問契約の営業を掛けるのは、士業事務所のよくあるビジネスモデルで、少ないですが短期間で毎月売上が入ってくるようになります。下積み時代に営業やっててよかっです。

少しですが売上を確保して、それでも不足する分は日中に事務所の仕事をしながら深夜アルバイトをして収入を確保する事で何とか生活費まで確保する事ができたのです。

ワンポイント!

〇簡単に売上になる方法を知っていた
〇アルバイトで毎月お金が入る仕組みは確保

 

初期投資費用(ホームページ制作費)

ホームページから集客をするにしてもまずホームページを作る必要があります。それには当然お金がかかります。でも貯蓄してある資金もほとんどありません。

資金が無いので金融機関から融資を受ける事もできませんでした。

ここで、顧問料の売上が役に立ちました。少ないですが作った売上で毎月入ってくる収入をで支払いをすれば問題ないと思い、利息は高いですがクレジットカードの分割で支払いをしました。

資金が無くても、何かをするには絶対に資金が必要になります。打合せで食事をするにしても資金が必要ですよね。上手くやりくりする必要があります。

ワンポイント!

〇自己資金が無く創業融資は受けられない状況だった
〇初期投資は毎月の収入で返せる範囲でカード分割払いをした

 

資金無し起業を振り返って思う事

今思うと何も知らない起業当初に、たまたまか本能的かそれとも運がよかったが「いい選択をしたんだな」と思う事があります。

仕入資金もいらないですし、ビジネスモデルを教えてくれ応援してくれる先輩方がいて、アルバイトをしている時は周りに馬鹿にされる事もありましたが、頑張って良かったと思います。

ただ、僕のように「たまたま」とか「運がよかった」だけでは失敗する可能性も上がってしまいますので、なにが良かったかを次は解説していきたいと思います。

この記事の目次にもどる場合はコチラ
このページの目次に戻る

資金無し起業の経験からオススメしたい事

色々自分の資金無し起業を振り返って良かったなと思う点を解説していきました。ここからは、資金無しで起業する為にこうやったらいいなという事を経験を元に解説していきます。

上手くいってる起業家から学ぶ

結果がでる方法論を知っている

起業して一番大変な事は「売上が上がる仕組みを作る」事です。これは常に変わっていくものでしょうから、これが正解という方法はないかもしれません。

ですが最初はその時々上手く行っている先輩の真似をするのがいいと思います。同じ人間がやる事ですから、同じやり方でやれば似たような結果がでるはずなのです。

僕の場合は行政書士というスキルはあったので「集客方法」を教えて(盗んだこともありますが。。。)貰いました。ホームページ集客やSNS集客、チラシ、ダイレクトメールなど、集客方法も色々ありますよね。

実際にどれくらいの費用感でどれくらいの労力や期間がかかるのか、大体の先輩方は失敗を繰り返しています。こちらは少ない資金なので負ける勝負は出来ないので、人の失敗を活かす必要があります。、

武器を持っている

上手く行っている先輩は、大体の方が武器を持っています。武器というのは「仕事をもってこれる」「販路を紹介してもらえる」等様々です。思いもしない事が武器になったりします。

僕の経験で言うと、パート従業員の娘さんが大学生の時「アルバイトして稼ぎたい学生が多い」と娘さんが話していたので、早速派遣会社をやっている顧問先の社長に紹介しました。

派遣会社というのは、人材を派遣して売上が上がるモデルですので、案件さえ抱えていれば後は働く人間の数が勝負になります。紹介で大分助かったようで、顧問料も上げて貰いました。

このように武器というのは誰が持っているか分かりませんが、活かすには色々なビジネスを知っている事が必要です。上手く行っている起業家というのは武器も持っていますし、武器の活かし方も知っている方が多いです。

原価(仕入など)不要な仕事を選ぶ

原価とは商品の仕入れ代金といった売上を獲得するために必要となってくる費用の事を言います。僕は行政書士というスキルがあったので、知識と体だけが原価といえば原価でした。

事業の基本的な仕組みはお客様のニーズに応じて役務(サービス提供や商品提供)を行う事です。通常は役務提供と同時若しくは役務提供後に売上を頂く事になります。

ですので、商品を販売するのでしたら販売(役務提供前)に仕入を行う必要があるので、資金が無い方では最初から事業として成り立ちにくいのです。

固定費を落とし支払い分の収入は確保する

僕は開業当初事務所を借りずに、自宅の書斎で仕事をしていました。起業当初は売上が少ないですし安定しないので、とにかく固定費は持たない事につきます。

起業当初は早急に資金を減らさない仕組みを作る事です。そういった意味で毎月の固定費は抑える必要がありますし、悔しい思いもしますがアルバイトをしてもいいと思います。

一定期間やり切れば安定して売上が確保できるのであれば、それはそれでアルバイトをせずに集中してやり切ってもいいでしょう。計画的に収入が入る仕組みを確保しないと持たないというだけです。

個人事業主から始める

起業形態には個人事業主と法人(会社)2つの形態があります。資金無しで起業する方は個人事業主を選択するのが良いと思います。

僕も今は法人をもって仕事もしていますが、起業当初は個人事業主として行政書士事務所を開業しました。

法人(会社)は設立するだけで数十万必要になりますし、維持するにも年間20万円~30万円程度の経費が必要となります。余計な固定費が増えるのです。

一方、個人事業主として起業するのであれば、税務署に開業届を提出するだけで起業手続きは完了しますので、簡単ですし費用がかかりません。また、維持費用も法人より少なくてすみます。

ただし、個人事業主は収入すべてが個人に課税されるので、会社に副業がバレたくないという方はちょっと考えた方がいいかもしれません。

関連記事

起業するならどっち?個人事業主と法人の違い

個人事業開業時に提出する書類の作成方法&提出先

個人事業の開業手続きが超絶簡単、開業Freee使ってみた

この記事の目次にもどる場合はコチラ
このページの目次に戻る

資金無し起業で避けた方がいい仕事

アマゾン等ECサイトでの物販

起業する際にアマゾンといったECサイトを用いて物販をされる方が非常に多いです。一物販は特別なスキルは必要ないですし、成功した方も多いので起業の際に選択される方が多いようです。

しかし、経験者でもない限り、資金無し起業での物販は辞めた方がいいです。アマゾンといったプラットフォームでのアカウントの評価を上げたり、商品知識を増やしたりと先輩達は中々努力しています。

そんな中、売上を上げる為に原価(仕入資金)が必要になる物販は資金が無い人が勝つには難しいものです。アカウントを育てるといった地ならしが完了したとしても、商品が少なければ儲かりません。

売上から商品の仕入金額、アマゾンといったプラットフォームの販売手数料、発送料や在庫保管料、こういった経費が掛かって利益率は実際10%。

こういったケースで10万円稼ぐ場合、100万円の資金が必要となります。また、販売して売上が入金されるまでさらに仕入をしなければなりません。物販は札束での殴り合いです。

ある程度の資金があって、創業融資を受けた事業者はある程度戦えていますが、資金がない状態で物販を始めた方の多くは消費者金融から借入をし、苦しい戦いをしています。

中古車無在庫販売のフランチャイズ

ごくまれにフランチャイズ募集の広告に引っかかって資金の無い方が始めてらっしゃいます。

20万~30万円程度の加盟金で、中古車仕入のオークションに参加できる権利を貰え、お客様から指定の注文を受けてからオークションで仕入れし販売。

このように無在庫で販売をすれば手元資金が無くても始められるとうビジネスです。

が、手元資金を使わずに仕入をするにはお客様から仕入前にお金を受け取らなければ(いわゆる前払)ならず、それが中々難しいのです。

信頼も実績も無い方に、前払いでお金なんて払いませんし、そもそもインターネットで探すなりすれば在庫がある車屋も出てきますし、他の車屋に頼めば前払い無しで仕入れてきてくれるのです。

結果、加盟金だけ無駄になってしまう事が多いので、辞めた方が良いでしょう。

資金が無い場合は物を売る商売は避けよう

基本的にビジネスは「ヒト、モノ。カネ」を動かすとよく言われますよね。この中で「モノ」を動かす場合の殆どが販売前に「モノ」を用意する必要があります。

という事は先に「モノ」を自分で購入する必要があるのです。「モノ」は販売されてからお金になります。直ぐに販売できないとお金が無くなってしまいます。

資金が無い場合は長続きしないので避けましょう。

この記事の目次にもどる場合はコチラ
このページの目次に戻る

資金無し起業でオススメの仕事

動画制作

動画制作は少しの勉強である程度の成果物が提供できます。僕も素人ですがゆっくりムービーメーカー4というソフトを使用して動画制作をやっています。

僕の場合、動画制作は自社サービスのコンテンツの為にやっているだけですが、何がいいたいかというとそれだけ簡単にできるよになるという事です。

YouTuberに直接メッセージしてみて、最初は無料で動画制作をさせてもらう等しながら、まずはスキルを磨くのもいいと思います。ある程度のレベルになればお金を貰えるようになるはずです。

軽バンドライバー

運送会社の下請けでやる軽バンドライバーも資金無し起業には向いています。軽バンドライバーは行政の許可を取得する必要があるのですが、簡単に許可が取得できます。

必要な物とすれば、健康な体と軽バンだけです。軽バンも初期費用無しでリースしてくれる会社もあるので、手元資金が無くても開業できます。

注意点は「フランチャイズに加盟しない」「できるだけ上位の商流に入る(精鋭孫請け程度)」にするという事でしょうか。ピンハネを少なくしないと同じ仕事でも苦しくなります。

運送会社にコネがある人間に紹介してもらうなのどして、できるだけ商流上位に入りましょう。軽バンドライバーは案件が非常に多いので、フランチャイズに加盟なんてしなくても、仕事を確保する事は十分可能です。

J.J.works行政書士事務所では、お客様に大きな規模の運送会社もいますので、ご紹介も可能です。とにかく、いい条件で案件を確保する事です。

金融ブラックでなければ資金無しでも事業を大きくできる

軽バンドライバーは人を動かすだけです。人が動けば確実に売上になります。そういった意味で、負けがない商売です。物販の場合仕入た商品が売れずに困るって事もありますよね。

人を動かす商売の場合、取引先によっては給与支払い日の後に売上が入金される。という点が問題となります。お金が入ってくる前に給与を払う必要があるのです。

従業員が納得するなら、売上入金後に給料日に設定するとかもできますし、金融ブラックでないのであれば、その短期だけ消費者金融で借入をしてやりくりするのもいいでしょう。

もちろん創業融資を受けられれば安心ですが、一時的に資金を穴埋めする程度であれば、消費者金融でも十分対応が可能だと思います。

こういった工夫で、資金がなくても十分人を使って事業を大きく(限度がありますが)する事が可能です。最初は消費者金融でやりくりして、徐々に拡大していくという形です。

資金が無いならスキルや時間を売る

前述した以外にも、資金無しでできる事業に気が付いたらどんどん追記していきますが、基本的には「スキル」と「時間」を売るように考えればいいと思います。

既に自分が持っているスキルや、時間というのは無くなりませんので、継続していくことが可能だからです。資金が無いならないなりに、努力と工夫をしなければいけません。

この記事の目次にもどる場合はコチラ
このページの目次に戻る

まずは副業として始めるのもアリ

「起業=会社を辞めて独立」という事ではありません。起業で大事なのは行動する事です。行動して、まず売上を上げる事が大事です。安定して売上が上がる仕組みを作る事に集中するのです。

不安だからと言って動かなければ、

起業に必要な資金について

起業時に必要な資金の内訳は、
・設備資金
・運転資金
の2つに分けられます。

設備資金とは字の通り、物件やパソコン、デスク、調理設備など事業の設備にかかる費用。
運転資金は事業を続けていくために必要な費用のことを指し、具体的には、仕入れ費用・人件費・広告費などがあります。

最初に一時的にかかるのが設備資金、毎月継続して発生するのが運転資金と考えるとよいでしょう。
これらがトータルでどれくらいの金額がかかるかは、もちろん個人差はありますが日本政策金融公庫が2017年に調査したデータによると平均値は1,143万円でした。ただ、500万円以下で開業した層は40%ほどにも上りますので、やはり業種や事業の規模によって必要な開業資金は異なると言えるでしょう。

起業時の資金調達法にはどんなものがある?

起業時の資金調達方法としては、以下のようなものがあります。

自己資金

自己資金を貯めて開業資金に当てる方法です。
貯金や贈与された資金、退職金、不動産などを売って得たお金などを起業のために使うというもの。
自己資金で開業できれば負債を抱えるリスクを抑えられますが、設備や開業後数ヵ月分の運転資金を自分で用意するのは、ハードルが高いという方もいます。

詳しくは後述しますが、自己資金は創業融資を獲得する際にも役立ちます。その場合は現金があれば自己資金として扱われるというわけではなく、そのお金が不正に得たもの、見せ金ではないことの証明が必要です。

また、自分がきちんと貯めたお金であってもタンス貯金など記録が残らないものはNGです。家族から贈与を受けた場合は、出どころを明らかにするため通帳の提出が必要となるケースも。

その他、すでに事業資金として使った金額もみなし自己資金として扱われますが、支払ったことの証明となる領収書を保管しておかなければなりません。事業計画書にかかれていない設備や機械等を購入しても、自己資金とは扱われないので要注意です。

助成金や補助金など

国や自治体の助成金、補助金制度を活用するのも起業時の資金調達としてメジャーな方法です。基本的に、助成金や補助金は返済する必要がないため経営者の方の金銭的負担が軽減されます。しかし、これらの制度は後で支給されるので、とりあえずは先に支払いをしなければならず、起業時にまとまった金額が必要なのは間違いありません。

創業融資

起業時の資金調達方法として最も一般的なのが創業融資で、創業融資の申請先として広く知られているのが日本政策金融公庫の新創業融資制度です。起業直後でまだ売上など実績がない状態でも融資が受けられるため、これまで多くの人が利用してきました。

新創業融資制度を利用するためには、創業・雇用創出・自己資金の3つの要件を満たす必要があります。
特に自己資金要件は重要で、公式ホームページの概要では創業資金総額の1/10以上とされていますが、実際には1/3程度はある状態が望ましいと考えられます。ただ、担保や保証人も不要ですので銀行などと比べると、利用しやすい創業融資制度であることは間違いないでしょう。

まとめ:起業したいけどお金がない場合にはどうすれば?

今回は、お金がないけど起業したいという方に向けた方法をご紹介いたしました。どの方法にもある程度自己資金は必要ですので、まったくお金がないという場合は副業として自分のできる範囲から始めて、資金を用意して助成金や補助金、融資などを利用されてみてはいかがでしょうか?

融資を受ける際は、専門家にご相談されることをおすすめします。細かな部分までサポートを受けられるだけでなく、自分では気づかなかったものが自己資金として扱える可能性もあるかもしれません。

創業融資獲得ならJ.J.worksのサポートをご活用ください!

起業のための資金調達で創業融資をご検討しているなら、ぜひJ.J.worksの創業融資サポートをご活用ください。
J.J.works行政書士事務所では、経験豊富な専門家が創業融資獲得のためのサポートを行います。
具体的なサポート内容としては、事業計画書の作成・面談対策・面談への同席などがあります。また、創業後も経営に関するご相談を受け付けておりますので、融資対策に関わらず長いお付き合いをさせていただければ幸いです。
気になる方は、お電話・メール・LINEのいずれかからお気軽にお問い合わせください。

千葉の会社設立代行サービス
千葉の創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい