合同会社の出資者・出資とはどういった意味?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


合同会社の出資者・出資とはどういった意味?

合同会社の出資者・出資とはどういった意味?
合同会社を設立しようとするとき、「出資」が必要になります。はじめて合同会社を設立するとき「いくら出資しなければならないか?」や「誰が出資者にならなければいけないのか?」といった疑問が出てくるのではないでしょうか?
そこで本記事では、合同会社の設立時に必要となる「出資」に関する疑問について解説していきたいと思います。

合同会社における「出資者」の要件

株式会社でも合同会社でも、出資者がお金を出して集まったお金(これを「資本金」といいます)を元手にして会社の経営を行っていきます。
株式会社の場合だと、その会社に出資をした「株主」と会社の経営を行っていく「取締役」は別になっています(これを「資本と経営の分離」と呼びます)。
一方で合同会社の出資者はその会社の社員でなければならず、出資をしたからにはその会社の経営に関わっていく必要が出てきます。
仮に会社の経営を行う人数を増やすと、合同会社の場合であればその増えた分の人たちも
会社に出資をしなければならないのです。
参考:https://www.freee.co.jp/kb/kb-launch/representative-partner/

資本金はいくらに設定すべき?まとめ:合同会社の出資者・出資とはどういった意味?

いかがでしたか?
合同会社の場合では経営に関わるすべての人たちが出資をする必要があります。
皆でいくら出資すべきかを適切に決めるにはまずはしっかりとした事業計画を作成することが大切です。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい