個人事業主で独立するか合同会社で設立するかどちらがいいの?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


個人事業主で独立するか合同会社で設立するかどちらがいいの?

個人事業主で独立するか合同会社で設立するかどちらがいいの?
いざ起業をしようとなると、個人事業主で独立してやっていくのか、あるいは合同会社のような会社設立するのかを選ぶ必要があります。起業するのがはじめてという方には難しい問題かもしれません。実際、この2つのうちどちらを選ぶとよいのでしょうか。
そこで本記事では、起業等をする際に個人事業主で独立するのと合同会社のような会社設立のどちらが良いのかについて解説していきます。

個人事業主と合同会社のような法人の違い

そもそも個人事業主と合同会社のような法人はどう違うのでしょうか。
実は、「税金」に両者の決定的な違いがあります。
個人事業主でも法人でも、売り上げが上がれば上がるほど課せられる税率も高くなる点において違いはありません(これを「累進課税」といいます)。
両者が異なるのはある一定の売り上げを超えたとき、「消費税」の納税がどうなるのかという点です。
個人事業主の場合であれば売り上げが1.000万円を超えてしまうと消費税を支払う義務が発生しますが、法人の場合では2年間の消費税の納税免除を受けることができます。
その他、税金に関わるところでいうと「節税のしやさ」の点でも大きく変わってきます。
法人の場合では個人事業主とは異なり事業を運営していく上でかかる費用を経費として落としやすくなるので、節税効果が高くなるというのが特徴です。
そんなメリットの多い法人ですが、個人事業主と比べて法人を設立する際に多額の費用がかかるデメリットもあります。
そのような背景を踏まえて、個人事業主と合同会社のような法人設立のどちらをまず選択すべきでしょうか?

ハードルが低いのは「個人事業主」

これら2つのうち、ハードルが低いのは「個人事業主」であり、ある程度売り上げの増加してきたタイミングで合同会社のような法人に切り替えるのがよいでしょう。
当然ビジネスを始めてみてどれだけ儲かるのかについてはっきりしないことが多いかと思います。
それを踏まえればまずはハードルの低い個人事業主から始めてみるとよいのではないでしょうか。
その上で事業が軌道に乗ってきたら、節税などを見据えて株式会社に比べてかかる費用が抑えられる合同会社に切り替えるのが理想的なルートかと思います。
また合同会社に切り替えると社会的な信用も高まって融資を受けやすくなるなど、事業を拡げるための足がかかりをつかむことも可能です。

まとめ:個人事業主で独立するか合同会社で設立するかどちらがいいの?

いかがでしたか?
起業等をする際はまずは個人事業主からスタートし、後に合同会社のような法人に切り替えることをおすすめします。
起業等でお悩みの方は是非参考にしてみてください。

参考:http://www.k-zeirishi.net/blog/entry/post-34/

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい