個人事業主の方が利用できる融資とは?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


個人事業主の方が利用できる融資とは?

個人事業主の方が利用できる融資とは?
個人事業主でも、仕入れに必要なお金や、店舗や事務所の維持・管理や拡大、機材購入に伴う資金など、事業をしていくために融資を必要とする場面があります。そのようなとき、個人事業主が利用できる融資にはどんなものがあるでしょうか。今回は、個人事業主でも利用できる融資を紹介します。

個人事業主でも利用できる融資とは?

ここでは、個人事業主でも利用できる融資の種類について解説していきます。

銀行融資

個人事業主であっても、普段から取引がある銀行であれば融資を受けることは可能です。銀行融資は信頼性の高さと貸し付け条件がよいことが特徴です。しかし、黒字経営であり、税金の支払いを滞らなくしていなければならないなど審査のハードルは高いです。また、銀行融資は、融資を申し込んでから実際に融資を受けるまでの期間が長いという特徴もあります。

日本政策金融公庫

個人事業主が融資を受けるのに、もっとも多い融資と言えるのが日本政策金融公庫です。日本政策金融公庫は、政府が100%出資をする金融機関であることもあり、金利が低めに設定されています。また、返済期間が5年以上からと借入期間が長めに設定されているのも特徴です。日本政策金融公庫では、個人事業主や中小企業向けにさまざまな融資を提供していて、その中には担保や保証人が不要なモノもあります。

信用金庫・信用組合

地域ごとに存在する金融機関である信用組合や信用金庫は、その地域の人々が利用者・会員になって、それらの方の出資で経営されている協同組織の金融機関です。主な取引先が中小企業や個人事業主であるため、その地域の中小企業や個人事業主向けの融資を行っています。日本政策金融公庫に比べると金利は高く設定されていますが、銀行融資と比べると審査のハードルが低いので、比較的融資が受けやすいです。

ビジネスローン

ビジネスローンとは、信販、消費者金融、通信系の個人事業主、フリーランス、経営者向けのローンのことです。ビジネスローンのメリットは、気軽に申し込めて、審査と着金がスピーディであることですが、融資が受けやすくなっているのは金利が高く設定されているからです。そのため、仕入れなどの支払いや、すでに受けている融資の返済などに、今一時的にお金が足りないといった緊急時のときのみに利用にした方がよいでしょう。

個人事業主が融資を受けるために必要なこととは?

融資を受けるのに、銀行融資は黒字経営でないと審査が通らない可能性が高いです。しかし、日本政策金融公庫や信用金庫・信用組合であれば、黒字でなくても融資を毎月返済していけるだけのキャッシュがあれば、融資が受けられることも可能な場合が多いです。逆に今黒字経営になっていても、融資の審査時に融資を毎月返済していけるだけのキャッシュがない場合は融資が受けられないことがあるので注意しましょう。

まとめ ~自分に合った融資を選ぼう~

個人事業主であっても融資を受けることは可能ですが、どこで融資を受けるかによって、金利や、実際に融資が受けられるまでの期間も返済期間も違っています。そのため、まず自分が受ける融資は、

「どのような目的で」
「いくらくらいの資金を」
「いつまでに必要なのか」

をよく考えて、自分に合った融資を選ぶようにしましょう。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい