信用保証協会の融資(創業融資)の特徴について解説!|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


信用保証協会の融資(創業融資)の特徴について解説!

信用保証協会の融資(創業融資)の特徴について解説!
「信用保証協会って何?」
「信用保証協会の創業融資はプロパー融資と比べて何が違うの?」

本記事ではこういった疑問にお答えするべく、信用保証協会による創業融資の特徴について分かりやすく解説します。

信用保証協会とは?

まず始めに、信用保証協会の概要について確認しておきましょう。

信用保証協会とは、中小企業が銀行から融資を受ける際に保証人となってくれる公的機関の事です。各都道府県に1つ設置されており、中小企業基本法で定める中小企業者が利用可能となっています。

信用保証協会の存在によって、銀行側は貸し倒れのリスクを恐れる事なく融資を行う事が出来るのです。

信用保証協会による創業融資の特徴

ではここからは、信用保証協会による創業融資の特徴についてご紹介します。

審査に通りやすい

信用保証協会による創業融資は、貸し倒れのリスクを信用保証協会が背負ってくれるのでプロパー融資へ申し込むケースと比べて審査に通りやすい傾向にあります。

そして、信用保証協会経由で創業融資を受ける事は金融機関との関係構築、ひいては将来的にプロパー融資を受けられる可能性の向上に繋がります。

法人代表者以外の連帯保証人は不要

信用保証協会に保証人になってもらう場合、社長(法人代表者)が原則的に保証人になる必要があります。

信用保証料を支払う必要がある

信用保証協会の創業融資を受けた場合、銀行に対する利息の支払いに加えて、信用保証協会に対しても一定の保証料を支払う必要があります。
具体的な保証料金に関しては、「責任共有外保証料金表」により一律に決定されています。

審査機関が長い

信用保証協会の創業融資を受ける際には銀行と信用保証協会、2つの機関による審査を通過する必要があります。
その為、日本政策金融公庫やプロパー融資を利用する場合と比べて審査機関が長期化する傾向にあります。

信用保証協会の創業融資を申し込む流れ

では最後に、信用保証協会の創業融資を利用する際の手続きの流れについて確認しておきましょう。

<創業融資の申し込み~融資完了までの流れ>

・金融機関に対して創業融資の申し込みを行う

・金融機関が信用保証協会に対して保証依頼を行う

・融資審査の後、金融機関による融資の実行

・融資を受けた側が信用保証協会に対して信用保証料の支払いを開始

まとめ:信用保証協会の融資(創業融資)の特徴について解説!

いかがでしたか?本記事では信用保証協会による創業融資の特徴についてご紹介しました。
信用保証協会の制度融資を利用するべきか迷っておられる方は、申し込みの流れや制度融資の特徴について事前に確認しておく様にしましょう。

創業融資に関する相談はJ.J.works創業融資サポートにお任せ

J.J.works行政書士事務所では、事業計画書の作成代行や融資面談フォローを始めとした、創業融資に関する様々なさサポート業務を行っています。

本記事を読んだ上で信用保証協会の創業融資を本格的に検討したい方、または他の創業融資について詳しく知りたい方は、ぜひJ.J.works創業融資サポートを活用して専門家によるアドバイスを受けてみる事をおススメします。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい