創業融資が返せない…創業融資が返済できないときについて|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


創業融資が返せない…創業融資が返済できないときについて

創業融資が返せない…創業融資が返済できないときについて
起業時に創業融資を受けられたはいいものの、業績悪化などが要因で返済ができないという事例もあります。
当初の計画通り返済できないことで、焦って不安になってしまうかもしれませんが、冷静にその時できる対処法について考えていきましょう。

創業融資の返済ができない場合どうなる?

創業融資で借りた資金が返済できない場合、なるべく早くその旨を相談しておきましょう。
可能であれば、返済できない!という状態ではなく「返済が難しいかも・・・」という前段階で相談しておくことをおすすめします。
というのも、返済しないまま放置してしまうと金融機関から一括返済の請求が来てしまいます。
また、その状態のままでいてもサービサー(債権回収会社)に権利が譲渡され、それでも返せない場合は裁判になる可能性もあるのです。

そうした場合、信用情報がブラックになり今後の起業や融資獲得が難しくなってしまうので、なるべく早い段階から対処方法を考えるようにしましょう。

返済が難しい場合の対処法について

毎月の返済が難しいと感じた時に取るべき対処法についてご紹介いたします。

担当者に相談して返済額の変更(リスケジュール)

金融機関などの担当者に相談すると、月々の返済額を変更してもらえることがあります。
これをリスケジュールと呼び、一定期間利息だけ支払いにしてもらうことが一般的です。

それまでよりも毎月の返済額を減らすため、返済回数は増えてしまいますが月々の負担は軽減できるので、売上や収入が減少した場合には有効です。

ただ、金融機関によっては融資申請時に提出した事業計画や返済計画を訂正して、再度説明しなければならないところもあります。
現状と今後の予測についてきちんと理解を得なければならないので、負担が増えてしまうこともあるでしょう。

また、その後別の融資を受けることが難しくなる恐れもあります。

ファクタリングで資金調達する

売上自体はあるものの、タイミングが悪く掛金が支払われていないため手元に現金がないという場合はファクタリングを行うのも一つの手段です。
ファクタリングは業者に、売掛金を買い取ってもらう制度のことです。
業者への手数料はかかりますが、売掛金の支払い期日前に融資の返済をしなければいけない場合などに使えます。

ただ、ファクタリングについては手数料が業者によって大きく異なるので、条件をきちんと確認してからファクタリング契約を行いましょう。
取引内容によっては、取引先から事前に了承を得なければならないことも。

借り換え・追加融資

借りている融資の金利が高い場合は、金利の低い他社の融資に借り換える例もあります。
低くなった金利分、支払いが安くなるので負担軽減に繋がります。
ただし、新たな融資先に申請しなければならないため経営状態が安定していることが前提です。

追加融資も、必要な資金を追加で調達できるので資金繰りに余裕が出るという利点があります。
ただ、追加融資を受ける条件として創業融資の返済がスケジュール通りに行われている、決算では利益が出ていて資金不足なのは一時的な事情だと認められるといったことがあります。

そのためこれらは、支払いが滞る前の対処法だと言えるでしょう。

新型コロナの影響で売上低下した場合は特別貸付も

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で業績が悪化して創業融資が返済できない、という場合は特別貸付を利用できるかもしれません。
特別貸付や金融経済対策は、
・日本政策金融公庫
・自治体
・商工中金
・その他民間の金融機関
などで実施されています。

コロナの影響で売上が前年同月比で低下した場合は、上記の機関の窓口にご相談ください。

どうしても返済できない場合は債務整理も視野にいれよう 

金額を減らしたり、スケジュールを変えても返済自体ができないという場合は債務整理も視野に入れましょう。
会社と個人で債務整理の方法は異なりますが、会社(法人)には以下のようなものがあります。

・私的整理(代理人を通して債権者と直接交渉して金額の整理を行う)
・民事再生(再生計画を作り一部免除して再建を目指す。)
・会社更生(民事再生と同様の手続きで株式会社のみができる。株主の権利はなくなり経営者は変わる)
・特別清算(一部免除した債務を会社の財産を換価処分して配当して清算する。株式会社のみができる)
・破産(会社の財産を換価処分して債権者に配当する)

このうち、特別清算と破産は清算型の債務整理のため法人は消滅してしまいます。
事業継続はできませんが、最後の手段として知っておいてもよいでしょう。

まとめ:創業融資が返せない…創業融資が返済できないときについて

創業融資を受けた後、実際に事業が始まってからは誰もが上手くいくわけではなく、様々な理由で返済が困難になることもあるでしょう。
しかし、その時にどんな方法があるかを知っておくだけでも事業継続の可能性が変わってきます。
なるべく早く相談することを前提に、本記事でご紹介した対処方法をご検討されてもいいかもしれません。

計画的な創業融資はJ.J.works創業融資サポートまで

創業融資の返済が上手くいかないことの理由の1つに、創業時の事業計画が的確ではなかったというものが挙げられます。
J.J.works創業融資サポートでは、無理のない内容での計画書の作成を専門家が行います。
また、ヒアリングの結果ご自分では気づいていなかった自己資金を拡充も可能なケースもございますので、当初の予定よりも少ない融資額に押さえられる可能性もあります。
まずは一度、お電話・メール・LINE等でお気軽にご相談くださいませ。

千葉の会社設立代行サービス
千葉の創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい