【日本政策金融公庫】創業融資の期間まわりを解説!審査期間・返済期間|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


【日本政策金融公庫】創業融資の期間まわりを解説!審査期間・返済期間

【日本政策金融公庫】創業融資の期間まわりを解説!審査期間・返済期間

企業・開業に必要な資金調達法のひとつとして、公的融資である「日本政策金融公庫」を検討している方も多いのではないでしょうか?
日本政策金融公庫は担保や保証人を必要とする融資制度も少なく、事業実績を提示できない事業者でも低いハードルで融資を受けられるのがメリットのひとつです。

そんな日本政策金融公庫ですが、融資の計画を立てる際、審査期間や返済期間が気になっている方も多いのではないでしょうか。
上記を踏まえて、今回は日本政策金融公庫の「期間」に関する情報をご紹介します。

日本政策金融公庫の審査期間はどれくらい?

日本政策金融公庫の審査期間は、平均で約2~3週間程度です。

しかし、日本政策金融公庫を初めて利用する人とそうでない人では期間に差があります。
「初めての融資」「追加融資」の2つに分けて、詳しい審査期間を確認してみましょう。

「初めて」日本政策金融公庫の融資を受ける場合

初めて日本政策金融公庫の融資を受ける場合は、土日・祝日も含めて約2~3週間で審査結果を確認できます。

日本政策金融公庫の融資は、融資面談・審査・融資実行の順で手続きが進みます。
審査が始まるまで面談の時間を挟むことになるので、民間融資と比較すると融資までの時間が長くなる傾向があります。

利用する融資制度や事業内容によっても差がありますので、あくまでも目安として考えておくのが望ましいでしょう。

「追加で」日本政策金融公庫の融資を受ける場合

追加で日本政策金融公庫の融資を受ける場合は、土日・祝日も含めて約1~2週間で審査結果を確認できます。

・日本政策金融公庫の借入完済から3年経過
・日本政策金融公庫での借入データの消去

上記のようなことがなければ、新規融資よりもスムーズに審査結果を確認できます。
データが残っていると提出書類の数も減るので、申込時の負担も軽くなります。

ただし、業績が悪い場合(赤字・多額の借入)は審査時間が長くなる傾向があるようなので、追加融資を検討している方は業績状態に注意しましょう。

審査結果が遅くなる4つの理由

「初回利用で2~3週間」「追加利用で1~2週間」と平均的な審査期間をご紹介しましたが、平均より早く結果を確認できる人もいれば、1か月近く待っても確認できない人もいます。

早い分には不安もなくスムーズに事業を回せますが、遅いとなると「何かトラブルが起きているのではないか」と心配になる方も多いのではないでしょうか。

なぜ平均以上に審査結果が遅いのか?考えられる理由として、以下の4つがあります。

・書類の不足・不備がある
・日本政策金融公庫が繁忙期である
・ビジネスモデルの理解に時間が掛かっている
・担保審査に時間が掛かっている

最も有力な候補として、書類不足・不備といった単純なミスが考えられます。
日本政策金融公庫への申込に限らず「完璧だと思って提出したのに実は違った」という経験がある方は、書類準備への時間を十分に確保しておきましょう。

また、日本政策金融公庫が繁忙期の可能性もあります。
過去の融資実績を参考にすると「12月」「3月」の件数が多いため、該当する時期の審査期間は平均よりも長くなると考えておくといいでしょう。

これまでにないビジネスモデルを描いている場合も、融資担当者が融資可否を判断するうえで時間が掛かる可能性があります。
この場合は、誰がみても分かる補足資料を用意しておくのが、ベストだと言えるでしょう。

最後は担保審査です。
日本政策金融公庫の融資は、無担保・無保証人で利用できると有名ですが、なかには担保を必要とする融資も提供しています。
そのため、担保審査を必要とする融資を申込んでいる場合は、無担保・無保証人で利用できる融資と比べると審査期間が長くなる傾向があります。

【融資制度別】日本政策金融公庫の返済期間はどれくらい?

日本政策金融公庫の返済期間は、利用する融資制度によって異なります。
ここでは、創業時に利用できる主な融資制度の返済期間をまとめました。

・新創業融資制度
・新規開業資金
・女性、若者/シニア起業家支援資金

設備資金と運転資金で異なる返済期間を設けているので、その点にも注目です。

新創業融資制度

新創業融資制度は、「事業を新しく始める」もしくは「事業を初めて間もない」方などが原則、無担保・無保証人で利用できる創業融資です。
下記のうち2年以内であれば、元金の返済が据え置きとなる「据置期間」を設定できます。

・設備資金:20年以内
・運転資金:7年以内

新規開業資金

新規開業資金は、「事業を新しく始める」や「事業を初めておおむね7年以内」などの方が利用できる創業融資です。
下記のうち2年以内であれば「据置期間」を設定できます。

・設備資金:20年以内
・運転資金:7年以内

女性、若者/シニア起業家支援資金

女性、若者/シニア起業家支援資金は、「事業を新しく始める」もしくは「事業を初めて7年以内」の方が利用できる創業融資です。

さらに加えて、「女性」もしくは「35歳未満か55歳以上」の条件が付きます。
下記のうち2年以内であれば「据置期間」を設定できます。

・設備資金:20年以内
・運転資金:7年以内

まとめ:【日本政策金融公庫】創業融資の期間まわりを解説!審査期間・返済期間

日本政策金融公庫の審査期間は、初回・追加を平均しても2週間ほど掛かります。
また返済期間においては、設備資金が20年・運転資金7年と期間が大きく異なります。

どちらも「融資までの計画」「返済までの計画」を十分に練ることが大切です。
会社・事業の未来のためにも、無理のない範囲で資金調達を検討しましょう。

創業融資に関する相談はJ.J.works行政書士事務所にお任せ

日本政策金融公庫の融資では、申込書の用意だけではなく、面談の準備を備えなえればなりません。
「何をどう話せばよいか分からない」と不安な方には、J.J.works行政書士の創業融資サポートがおすすめです。

J.J.works行政書士では、必ず1時間の面談対策フォローを実施しています。
面談には専門家も同席するので、十分な準備を整えられるでしょう。
着手金・出張料(東京・千葉のみ)も0円なので、気になる方はぜひご検討ください。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい