飲食店開業に創業融資を検討されている方が知っておくべき知識|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


飲食店開業に創業融資を検討されている方が知っておくべき知識

飲食店開業に創業融資を検討されている方が知っておくべき知識

飲食店開業にはある程度まとまったお金が必要ですが、すべてを個人で賄うのはとても大変です。
飲食店開業に向けて十分な資金を調達するべく、様々な創業融資先を検討していることでしょう。

しかし同時に、どこの融資先であれば資金を調達できるのか、いくら借りられるのか、多くの不安と疑問を抱えている方も多いと思います。
今回は上記を踏まえて、飲食店開業に向けた創業融資に関する情報を解説していきます。

飲食店開業者におすすめの創業融資先とは?

事業を新たに始めるにあたって、創業融資先は大きく「民間」「公的」の2種類があります。

しかし、飲食店開業の場合は事業実績がないため、民間融資(=金融機関からの融資)を受けることは高い確率で難しいと言えるでしょう。飲食店開業する場合は、「日本政策金融公庫」または「信用保証協会を利用した融資先」がおすすめです。

おすすめ1.「日本政策金融公庫」

日本政策金融公庫は通称「日本公庫」とも呼ばれ、政府・国が融資を行う公的金融機関を言います。
中小企業・小規模事業者の創業後の支援サポートに力を入れているのが特徴です。

「これから事業を始める」「事業を初めて間もない」など、事業実績の提出が難しい方でも無理なく利用できる融資制度が充実しています。

おすすめ2.「信用保証協会を利用した融資」

信用保証協会とは、中小企業・小規模事業者を限定に「信用保証」を提供する公的機関を言います。

信用保証を受けることで金融機関からの融資が受けやすくなり、資金調達のハードルを下げられるメリットがあります。
創業時にかかる「設備資金・運転資金」を保証対象としているのがポイントです。

飲食店開業者が使える融資制度は何がある?

日本公庫や信用保証協会では、融資希望者のニーズに合わせて豊富な制度を設けています。
数ある制度の中から、飲食店開業者でも利用できる融資制度をピックアップしました。

・日本公庫:「新創業融資制度」
・日本公庫:「中小企業経営力強化資金」
・日本公庫:「新規開業資金」
・日本公庫:「女性、若者/シニア起業家支援資金」
・信用保証協会:「制度融資(地方自治体)」

それぞれの特徴を確認してみましょう。

日本公庫:「新創業融資制度」

新創業融資制度は、創業・開業前後で利用できる有名な日本公庫の融資制度です。
設備資金および運転資金に対して、限度額3,000万円(うち1,500万円は運転資金)の融資を原則無担保・無保証人で受けられます。

利用条件は以下の通りです。

1.創業の要件
新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を2期終えていない方

2.雇用創出等の要件
「雇用の創出を伴う事業を始める方」、「現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方」、「産業競争力強化法に定める認定特定創業支援等事業を受けて事業を始める方」又は「民間金融機関と公庫による協調融資を受けて事業を始める方」等の一定の要件に該当する方(既に事業を始めている場合は、事業開始時に一定の要件に該当した方)

なお、本制度の貸付金残高が1,000万円以内(今回のご融資分も含みます。)の方については、本要件を満たすものとします。

3.自己資金要件
新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を1期終えていない方は、創業時において創業資金総額の10分の1以上の自己資金(事業に使用される予定の資金をいいます。)を確認できる方

ただし、「現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方」、「産業競争力強化法に定める認定特定創業支援等事業を受けて事業を始める方」等に該当する場合は、本要件を満たすものとします。

引用:日本政策金融公庫

日本公庫:「中小企業経営力強化資金」

中小企業経営力強化資金の利用条件は、以下の通りです。

次の1または2に該当する方

1.次のすべてに該当する方
(1)経営革新または異分野の中小企業と連携した新事業分野の開拓等により市場の創出・開拓(新規開業を行う場合を含む)を行おうとする方

(2)自ら事業計画の策定を行い、中小企業等経営強化法に定める認定経営革新等支援機関による指導および助言を受けている方

2.次のすべてに該当する方
(1)「中小企業の会計に関する基本要領」または「中小企業の会計に関する指針」を適用している方または適用する予定である方

(2)事業計画書を策定する方

事業計画に伴う設備資金・運転資金について、限度額7,200万円(うち運転資金4,800万円)の融資が受けられます。

上記1.を満たしさらに追加条件を満たす方には、特別利率A(金利優待)も設けています。

(1)「中小企業の会計に関する基本要領」または「中小企業の会計に関する指針」を適用している方または適用する予定である方

(2)「当面6ヵ月程度の資金繰り予定表」及び「部門別収支状況表」を含んだ事業計画書を策定している方

日本公庫:「新規開業資金」

新規開業賃金のの利用条件は、以下の通りです。

「雇用の創出を伴う事業を始める方」、「現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方」、「産業競争力強化法に定める認定特定創業支援等事業を受けて事業を始める方」又は「民間金融機関と公庫による協調融資を受けて事業を始める方」等の一定の要件に該当する方。

なお、本資金の貸付金残高が1,000万円以内(今回のご融資分も含みます。)の方については、本要件を満たすものとします。

特別利率A・B・Cと、条件次第では優待利率で利用できる魅力もありますので、条件を満たす方は活用してください。

日本公庫:「女性、若者/シニア起業家支援資金」

新しく事業を始める予定がある、もしくは事業を初めて7年以内の「女性」または「35歳未満・55歳以上」方が利用できる融資制度です。

設備資金・運転資金において、限度額7,200万円(うち運転資金4,800万円)の融資を受けられます。
簡単な利用条件は以下の通りです。

信用保証協会:「制度融資(地方自治体)」

制度融資は、地方自治体が窓口となった金融機関による融資を言います。
信用保証協会・地方自治体・金融機関の3つが連携して融資を行っているのが特徴です。

まとめ:飲食店開業に創業融資を検討されている方が知っておくべき知識

事業実績のない飲食店開業者でも、公的融資の制度を活用することでスムーズな資金調達を望めます。

また、融資制度は当記事でご紹介したものがすべてではありません。
何に自分が当てはまり、何を利用できるのか事前に確認しておくのがベストです。

飲食店開業資金は設備費用に大きな差が開く傾向がありますので、不要な予算は削減し、無理のない範囲で検討してみてください。

創業融資に関する相談はJ.J.works行政書士事務所にお任せ

創業融資に手続きに不安がある方におすすめしたいのが、「J.J.works行政書士事務所」です。
融資獲得成功率93%を打ち出しており、面倒な事業計画書も安心して丸投げできます。

経験・自己資金・借入金・ビジネスモデルをしっかりとヒアリングし、独自のノウハウで事業者の状況に合わせた対策をサポートしているのが魅力です。ぜひご検討ください。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい