創業融資の支援サポートではどのようなサービスが受けられる?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


創業融資の支援サポートではどのようなサービスが受けられる?

創業融資の支援サポートではどのようなサービスが受けられる?

創業融資は難しい手続きが多く、専門家への支援サポートの依頼が可能です。
そこで今回は、具体的にどのようなサービスを受けられて、融資獲得に向けてどのようなメリットがあるのかを解説します。

創業融資について一貫してサポートしてくれる

創業融資の申請と実行までには審査も含め、さまざまな手続きが必要です。
具体的にどのような流れでサポートをしてもらえるのかを解説します。

創業時のさまざまな不安も解消してくれる

創業時の悩みは、資金調達の問題だけとは限りません。
今後の事業計画のヒアリングからサポートが始まりますので、その中でさまざまな疑問や悩みを解決しながら進めていくことが可能です。

はじめてのことで不安が大きい状況でも、創業融資の実行を目指して一緒にサポートしてくれるプロの存在はとても心強いものです。

書類の準備からサポートしてくれる

融資の申込時には必要書類だけでも多数に及び、書類準備で戸惑うことも少なくありません。

身分証明書だけではなく、預金通帳や創業計画書、ローンの支払明細なども必要となることがあります。
これに加え、建物の賃貸借契約書や勤務時の源泉徴収票などの提示も求められます。

書類の間違いは融資の可否にも影響しますので、事前にプロにチェックしてもらうと安心です。

創業時のパートナーのような存在

支援サポートでは融資実行を目指して、創業者とともにパートナーとして活躍してくれます。

専門家によるヒアリングから必要書類を確認する作業、事業計画書の作成、面談への対策支援と、実際の金融機関との面談サポートまで一貫して寄り添ってくれるため、創業者は安心して融資面談に臨めます。

事業計画書の作成サポートが受けられる

事業計画書は、融資審査には欠かせない資料です。
ここからは、事業計画書とは何か?どのような支援が受けられるのか?を解説します。

融資審査には事業計画書が必要

起業する方が用意しなければならない書類のひとつに、事業計画書というものがあります。
これは経営者の略歴から財務状況、これから展開する事業の内容や事業の見通しなどを具体的にまとめたもので、今後の事業計画を示す重要な資料です。

そのため、融資の審査においても重要視されており、実現可能性が高く、継続的な収益を確保する内容でなければなりません。

融資を意識した事業計画書の作成が成功のカギ

事業計画書の内容は、融資の可否に大きな影響を与えます。
まだ具体的に事業が始まる前の段階では、売上や収支などを客観的に把握する資料がありません。

そのため、金融機関が返済能力を査定する上で、事業計画が重要な資料となるのです。
説得力のある事業計画書を用意することで、資金調達は有利に展開できます。

創業融資の支援サポートでは事業計画書作成を代行

事業計画書は手順さえ分かれば誰にでも作れる書類です。
しかし、金融機関のチェックは非常にシビアですので、具体的な数字や期間など緻密な事業計画書を用意しなければなりません。

支援サポートではしっかりとヒアリングをした上で、金融機関に自信を持って提出できる内容の事業計画書を代行して作成してくれます。

金融機関との面談サポートが受けられる

創業融資においては、金融機関との面談が最終ラウンドとも言えます。
ここからは、面談に関してどのようなサポートが受けられるのかを解説します。

金融機関の担当者は面談も重視している

金融機関の担当者は、事業計画の確実性や金融上の信用度、また自己資金の金額などを重点的にチェックしています。
これらに何か問題があると、査定に影響して見送りとなってしまう可能性が出てきます。

基本的には事業計画書において創業の具体的な内容を確認しますが、金融機関の担当者は創業者自身がそれを正しく認識して、実行していこうという意思があるかどうかも見ています。

そのためにも創業者に対して説明を求めますし、さまざまな質問をして具体的な回答ができるかなどを、面談という最終の場において確認します。

専門家の同席で安心して応対することが可能

金融機関の担当者からは、難しい言葉や想定外の質問があるかもしれません。
しかし創業融資に特化した専門家が面談に同席していれば、適宜フォローしてくれるので最後まで安心して対応できます。

また事前に重要なポイントを打ち合わせすることで、限られた時間の中で金融機関の担当者から信頼され、正しく事業計画を理解してもらいやすくなり、融資実行の可能性を一段と高めてくれるのです。

まとめ:創業融資の支援サポートではどのようなサービスが受けられる?

創業融資においては、事業計画書と金融機関との面談が重要なポイントです。
創業融資の支援サポートではこれらを一貫して、創業者とともに協力しながらクリアしていきますので、終始安心して資金調達活動が行えます。

創業時は多忙のため、十分な対策や準備をせずに安易に創業融資にチャレンジすると、本来獲得できたかもしれない融資が受けられない可能性もあります。
そうなると事業計画が狂い、創業そのものが実現できなくなる可能性もあるのです。

創業準備に集中して資金調達の不安も解消できるため、専門の知識とノウハウを持ったプロに創業融資の支援サポートを依頼することをおすすめします。

創業融資に関する相談はJ.J.works行政書士事務所にお任せ

J.J.works行政書士事務所では、自己資金額やビジネスモデル等をヒアリングした上で、専門家による事業計画書の作成代行業務を取り扱っています。
さらに、面談対策フォローの実施や金融機関とのアポイント調整といった、創業融資に関する様々なサポート業務を行っています。

創業融資を初めて利用する方で事業計画書の作成方法や融資面談に不安があると言う方は、ぜひJ.J.worksの創業融資サポートを利用してみてはいかがでしょうか?

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい