日本政策金融公庫の創業融資の金利と基礎知識!|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


日本政策金融公庫の創業融資の金利と基礎知識!

日本政策金融公庫の創業融資の金利と基礎知識!

日本政策金融公庫には創業時に利用できる融資制度として、以下の2つがあります。
・新創業融資制度
・中小企業経営強化資金知度
この2つはどちらも起業時に利用する人が多い制度なのですが、融資金額や条件が異なります。
そこで今回は、創業時に利用できる融資制度について概要や金利などの基礎知識についてお伝えしていきます。

日本政策金融公庫の創業時向けの融資制度とは?

日本政策金融公庫は、政府系の金融機関として中小企業や個人事業主でも利用できる創業融資があります。
・新創業融資制度
・中小企業経営強化資金知度
について、それぞれをご紹介していきますね。

新創業融資制度の概要や金利について

新創業融資制度は、これから事業を始める人向けの融資制度です。
下記に概要をまとめましたので、ご覧ください。

【利用条件】
1.新しく事業を始める。または、事業開始後税務申告を2期終えていない
2.雇用創出等の要件(雇用を創出する/会社員時代と同じ事業を行う等の条件のいずれかにあてはまる)
3.自己資金案件(創業資金総額の1/10以上の自己資金がある)

【資金使途】
・事業開始後の設備資金、運転資金

【融資限度額】
・3,000万円(そのうち運転資金は1,500万円)

【返済期間】
・各種融資制度で定める返済期間に準ずる。

【金利】
基準利率:2.46~2.85%
特別利率A:2.06~2.45%
特別利率B:1.81~2.20%
特別利率C:1.56~1.95%
特別利率D:1.81~2.20%
特別利率E:1.06~1.45%
特別利率J:1.41~1.80%
特別利率P:2.26~2.45%
特別利率Q:2.06~2.45%

【担保・保証人】
・原則どちらも不要(代表者が保証人となる場合は金利が0.1%下がる)

中小企業経営力強化資金の概要と金利は?

中小企業経営力強化資金の概要と金利についてもまとめました。

【利用条件】
次の1と2のいずれかの条件を満たす人
1.以下の要件すべてに当てはまる
・経営革新、異分野の中小企業と連携して新しい事業に開拓してマーケットを広げることが目的
・事業計画書を策定して、認定経営革新等支援機関からサポートを受けている

2.以下の要件すべてに当てはまる
・「中小企業の会計に関する基本要領」または「中小企業の会計に関する指針」を適用する予定がある。あるいはすでに適用している。
・事業計画書の作成

【資金使途】
・事業開始後の設備資金、長期運転資金

【融資限度額】
・7億2千万円(そのうち運転資金は2億5千万円)

【返済期間】
・設備資金:20年以内
・運転資金:7年以内
どちらも据置期間は2年以内

【金利】
基準利率:2.16~2.55%
一定の要件に該当する場合は、一定の金額まで特別利率が適用されることもあるので担当者と要相談

※5年ごとに金利見直し制度が利用可能

【担保・保証人】
・担保の有無や種類については要相談
・該当する要件によっては個人補償が必要なことも

金利は担保の有無で変化するので注意

日本政策金融公庫は都市銀行やノンバンク系と比べると、金利が低い傾向がありますし無担保・無保証で融資が利用できる制度も充実しています。
さらに担保がある人は金利を抑えることが可能です。
基準利率で比較してみると、
・担保なし:2.16~2.55%
・担保あり:1.21~2.20%
とかなり差があることが分かります。

無理に担保を用意する必要はありませんが、担保となるものがないか申請前にチェックしてみてもいいかもしれません。

創業時に日本政策金融公庫から融資を受ける手順

・新創業融資制度
・中小企業経営強化資金知度
どちらの融資制度を利用する場合でも、申し込みから融資実行までの手順は変わりません。

1.日本政策金融公庫の支店へ
申し込みをする公庫の視点へ向かいましょう。
必要書類は公庫の公式サイトからでもダウンロードできますが、融資について相談することもあるので窓口へ行きましょう。

2.必要書類の提出
融資申請に必要な、
・借入申込書
・創業計画書
・通帳のコピー
・履歴事項全部証明書
・資金繰り計画書
・本人確認書類のコピー
・事業所の印鑑証明書
などの書類一式を郵送します。

3.公庫で面談
書類提出後数日で面談日が指定されるので、面談を行います。
面談自体は30分~1時間ほどで終わりますが、計画書などについて質問やチェックがされるので対策を行っておきましょう。
面談後は融資担当者による事業所の調査が行われます。

4.審査結果の通知
面談から1週間~2週間ほどで結果が郵送で送られてきます。

5.融資実行
審査をパスしたら公庫の指示に従って手続きを行い、振り込みを待ちます。
申し込みから融資実行まで大体1ヵ月~1ヶ月半くらいかかるのが相場ですね。

まとめ:日本政策金融公庫の創業融資の金利と基礎知識!

日本政策金融公庫で創業時に利用できる融資についてご紹介しました。
本文でご紹介したように、新創業融資制度と中小企業経営力強化資金では要件や金利が異なります。
また、本記事でご紹介した金利は令和2年7月時点での数字です。
日本政策金融公庫は政府系金融機関のため、政府の指針に基づき金利が時期によって変わりますので、公式サイト等で最新情報もご確認ください。

公庫の創業融資を詳しく知りたいならJ.J.works行政書士へ!

千葉エリア周辺で、日本政策金融公庫の創業融資についてのご相談なら「J.J.works行政書士事務所」へお任せください!
J.J.works行政書士事務所は、事業計画書の作成や面談同席といった他社よりも手厚い創業融資サポートを行っており大変ご好評いただいております。
日本政策金融公庫からの融資獲得実績も多数あり審査において重要なポイントを押さえたり、自己資金についてのアドバイスも行っています。
外出に抵抗があるという方も、お電話・メール・LINEの他パソコンやスマホでのテレビ電話もご利用いただけますので、まずはお問合せくださいませ。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい