経営するなら知っておきたい協調融資について|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


経営するなら知っておきたい協調融資について

経営するなら知っておきたい協調融資について
会社を経営していくのに融資を受ける必要がある場合、1つの金融機関のみでお金を融資してもらうよりも、2つの金融機関で融資を受けた方が融資額を増やすことができます。
その2つの金融機関で融資を受ける方法が協調融資です。今回は、協調融資のメリットや、協調融資で融資を受ける際の注意点などをお話しします。

協調融資のメリットとは?

それではまず、協調融資のメリットについてみていきましょう。

協調融資とは?

協調融資の協調は、複数の金融機関同士で協調する意味で、2社以上の金融機関から同時に融資を受けることを協調融資と言います。協調融資に対して、通常の一つの金融機関が単独で企業に融資するのは単独融資と呼ぶこともあります。

協調融資のメリットは?

協調融資の1番のメリットは、それぞれの融資可能枠を使って融資を受けることになるので、1社だけだと希望する金額の融資が受けられない場合でも、協調融資を利用することで全体での融資金額で希望する金額の融資が受けられるようになることです。

また、融資する側もリスクが分散するので、単独融資よりも協調融資の方が実行される確率が上がることも協調融資のメリットです。また、複数の金融機関からの単独融資だと、それぞれで返済日が異なるため、返済の管理が面倒になってしまうことがあります。

協調融資だとメインにした金融機関が取りまとめてくれるので、複数の金融機関で単独融資を受けるより、返済の管理が楽になることも強調融資のメリットだと言ってよいでしょう。

協調融資で融資を受ける際の注意点は?

協調融資で融資を受ける場合、単独融資に比べ融資が実行されるまでに時間がかかってしまいます。融資が実行されるまでの期間が短いと言われている日本政策金融公庫でも、通常は融資が実行されるまでの期間は1か月~1か月半程度なのに対し、協調融資だとおよそ2~3か月ほどはかかります。協調融資で時間がかかる理由は、公庫の融資実行の要件にもう1つ金融機関の融資が確定したら、日本政策金融公庫も融資をするという要件が加わるためです。

信用金庫や地方銀行は信用保証協会の面談などがあるため、一般的に、融資実行までに2ヶ月から3ヶ月かかります。そのため、協調融資では、信用金庫や地方銀行などの金融機関の結果がでてからでないと日本政策金融公庫からも融資を受けることができないため、融資を受けるまでに時間がかかってしまうのです。すぐに融資を受けたい場合には、協調融資だと資金の調達が間に合わない可能性もあるので注意が必要です。

また、協調融資はメイン以外の金融機関の融資額は、メインにした金融機関の融資額よりも超えないようにしていることが多いです。そのため、メインにした金融機関が融資に消極的だと、協調する金融機関の融資額が低くなってしまい、協調融資にしたにも関わらず希望する金額の融資が受けられない可能性もあります。メインにする金融機関選びにも注意が必要です。

まとめ ~協調融資にはデメリットもある~

協調融資には高額の融資が可能になるというメリットがある反面、デメリットもあります。協調融資について調べる場合、どうしても協調融資のメリットばかりが目立ってしまいますが、協調融資での融資を受けるならデメリットのことも考慮しておきましょう。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい