合同会社と株式会社の違いは?設立時の参考情報公開!|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


合同会社と株式会社の違いは?設立時の参考情報公開!

合同会社と株式会社の違いは?設立時の参考情報公開!
合同会社は、個人事業主の法人化やスタートアップなどで人気の高い形です。
よく株式会社と合同会社はどちらがいいの?と比較されますが、この2つの法人格にはどのような違いがあるのでしょうか?
この記事では、合同会社と株式会社の違いをテーマにお届けしていきます。

株式会社と合同会社の違いを徹底比較

まずは、株式会社と合同会社の違いについてまとめてご紹介しますね。

・商号
・登録免許税の金額
・株式公開
・代表者の役職
・役員の人気
・決算の公告義務
・重要なことを決める機関
・利益配分
上記が主な違いです。

特に重要なのは、役員の任期や利益配分の割合、重要なことを決める機関の違いではないでしょうか?
合同会社の場合は、株の発行を行いません。
そのため、株式会社のように決算の公告・利益配分・株主総会を行う必要もありません。
資本金を出資する人を社員と呼び、全員が経営に参加する権限を持っています。
また、株式の発行も行わないということは、利益の配分も自分たちで決定できます。

合同会社を設立するメリット

合同会社を設立すると、以下のようなメリットがあります。
・設立費用が安い
・社員は出資額に関わらず権利は対等
・経営に関する決定が迅速に行える
・会社ごとの運営方針やルールが自由に決められる

合同会社の設立費用は、株式会社と比較すると約半分ほどに抑えられます。
「合同」という名前の通り社員は全員出資を行った有限責任者なので、会社にとっての基本ルールや重要なトピックスに参加する権利があります。

また、会社運営に関係する事項を決定したり変更したりする時も、株式総会や監査役への相談なども不要なので迅速な対処が可能な点が合同会社ならではのメリットでしょう。

合同会社に向いている職種

合同会社に向いている職種や会社の規模として、
・個人~小規模
・スタートアップ
・専門的能力が要される職種
・一般消費者向けの分野
などがあります。

権利が平等で迅速に対応できるという特徴から、合同会社は小規模な会社に向いているというイメージが強いようです。
たしかにそういった会社も多いですが、アマゾンジャパンや西友など有名な企業も合同会社なので今後の会社の在り方は変わってくるのかもしれません。

まとめ:合同会社と株式会社の違いは?設立時の参考情報公開!

合同会社と株式会社は、設立から運営、利益配分まで異なる点がたくさんあります。
一概にどちらの方がいい!とは断言できませんが、法人化すると現在の税制ではメリットも多いので、会社設立はハードルが高いと感じている方は、合同会社を選んでみてもいいかもしれません。

千葉で合同会社設立代行をお探しならJ.J.works行政書士事務所へ

千葉周辺で合同会社の設立代行サービスをお探しなら、J.J.works行政書士事務所へぜひおまかせください!
会社設立に関係する手続きをフルサポートするだけでなく、会社経営や経理に関するご相談もいつでも受付けております。
他にも助成金スキームの作成、ビジネスマッチング、お得な税理士丸投げパックなど会社運営に役立つサービスが充実しておりますので、ご興味がある方はお電話・メール・LINEなどからお気軽にお問い合わせくださいませ!

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい