赤字決済でもビジネスローンは可能なの?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


赤字決済でもビジネスローンは可能なの?

03赤字決済でもビジネスローンは可能なの?
赤字決済になってしまったので、ビジネスローンなどで資金調達をしたいと考えている経営者の方も少なくないでしょう。
融資と比べるとビジネスローンはあまりメジャーに利用されている感じはしませんが、赤字決済の場合は審査に影響するのでしょうか?
本記事の中で赤字決済時のビジネスローンについて、詳しく解説いたします。

ビジネスローンと赤字の関係について

ビジネスローンは、法人向けのローンで無担保で利用できるものが多いです。
しかし、会社へお金を貸すのだから返済原資は会社の利益が大きく関わってきます。

ローンの申請時には決算書など、会社の経営や資産状態が分かる書類を提出しなければいけないことがほとんどなので、経営状態が深刻な場合はビジネスローンであっても審査が通らないこともあります。

赤字決済でもビジネスローンが利用できる場合

赤字決済だと審査が厳しくなるとはいえ、お金に困っていなければローン利用もしないので、基準はそれほど厳格ではありません。
短期間のみの赤字であったり、特別損失や減価償却費による赤字計上など経営に問題がないことが証明できればローンが利用できることも多いです。

他にも、会社や経営者(または役員)に担保があるとローンが利用しやすくなるようです。
そもそも決算書不要のビジネスローンもあるので、赤字が続く前に資金調達をするのも方法のひとつだと言えるでしょう。

ビジネスローン申請時に気を付けたい事

ビジネスローンを申請する際に注意したいポイントとして、
・決算書の内容
・担保の有無
・借入金額
などがあります。

決算としては赤字でも、それが経営のためであったり計画性があると判断されれば審査が通る確率も上がります。
また、不動産や証券・売掛など資産としてカウントできるものがあればそれを担保にしたり、買い取ってもらうことでも資金調達が可能です。
借入を申請する金額にも注意してみるといいかもしれません。

まとめ:赤字決済でもビジネスローンは可能なの?

本記事では、赤字決済でもビジネスローンが利用できるのか?という点について解説いたしました。
慢性的な赤字決済の場合は審査が厳しくなりますが、短期間であったり決算に計画性があれば審査をパスすることも可能です。

千葉の創業融資サポートはお任せください

ビジネスローンの審査が通らなかったという経験をお持ちの経営者の方は、J.J.works創業融資サポートはいかがでしょうか?
J.J.works行政書士事務所は、日本政策金融公庫や各種金融機関へ独自のルートを持っています。
これまでご自分で申請してもうまくいかなかったという経験をお持ちの方も、ぜひ一度ご相談ください。
電話やLINE等でお気軽にお問い合わせいただけます。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい