債務超過でビジネスローンは可能なの?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


債務超過でビジネスローンは可能なの?

02債務超過でビジネスローンは可能なの?
資金調達や経営バランスを取るのは、会社経営においてもっとも大切なことだと言えるでしょう。
経営状態や事業のキャッシュ化がうまくいかない時、融資を受けたりローンを利用することは普通のことです。
そこで今回は、すでに債務がある状態でも資金調達はできるのか?というテーマについて解説いたします。

状況によって可能な場合がある

債務があったり、赤字経営だとローンが受けられなくなると考える方も多いですが、実際はそんなことはありません。
むしろ無借金経営や黒字のままの企業はそれほど多くなく、日本にある多くの企業がなんらかの融資を受けているのです。

・報酬を高額にしている
・節税対策のため利益を調整している
・短期の赤字
などの場合で赤字状態の場合は、問題なくビジネスローンを利用できることがほとんど。

債務超過状態だとローンは難しい

一方で気を付けたいのが「債務超過状態」の企業です。
債務超過の基準は、会社の規模や債務の額などによって異なるので一概には言えませんが、毎期赤字の状態が続いて純資産が減り続けていると債務超過だと判断されることが多いです。

会社の経営がうまくいっておらず、資産を売却しても債務が返せない状態ではビジネスローンも利用できません。
一般的に銀行より融資されやすいと言われているビジネスローンですが、返済能力がないと判断されると審査落ちとなってしまうのです。

不動産があれば担保にするのも手段

もしも会社や個人で不動産を所有している場合は、それを担保にしてビジネスローンを借りることもできます。
ビジネスローンは無担保で利用できるものも多いですが、債務超過状態だとローン会社や金融機関はシビアな判断を下します。
担保の対象となる不動産は、
・自分の持ち家
・土地
・ビル
・マンション
などがあります。

経営者が不動産を持っていない場合は、経営者・役員の家族の不動産も担保として指定できます。
トラブルにならないように話し合いを重ね、証書を作成しておきましょう。

まとめ:債務超過でビジネスローンは可能なの?

いかがでしたか?今回は、債務があってもビジネスローンを利用する方法についてご説明いたしました。
1~2年ほど赤字であれば、ビジネスローンは普通に利用できることが多いですが債務超過に陥った場合は他の方法を検討した方がいいかもしれません。
記事中でご紹介した不動産を担保する方法などもあるので、経営状態の悪化にお悩みの方のご参考になれば幸いです。

千葉の創業融資サポートはお任せください

千葉県で資金調達をお考えの事業主の方には、J.J.works創業融資サポートがおすすめです。
融資申請に必要な計画書はヒアリングした内容を元に、書類作成のプロがすべて作成いたします。
すでに事業を起こされている方で自力で資金調達が難しいという場合も、まずはお気軽にご相談ください。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい