そもそも融資の意味とは?融資と借金の違いについて|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


そもそも融資の意味とは?融資と借金の違いについて

そもそも融資の意味とは?融資と借金の違いについて
「借り入れ方法としての融資と借金の違いは?」

本記事ではそもそも「融資」及び「借金」とはどういう意味なのかを解説した上で、「融資」と「借金」の違いについてご紹介します。

「融資」とは?

それではまず、そもそも「融資」という言葉の意味する所について考えてみましょう。

融資とは、金融機関が個人や法人に対して事業用の資金を貸し出す事です。住宅ローンや車のローン・事業の創業資金といった様に、融資は一定の使用目的が存在して初めて行われます。

借り入れ手段としての融資の特徴

借り入れ手段として融資を用いる上で最大のメリットは、まとまった金額を借り入れる事で短いスパンでの返済を気にせず、長期的な目線で経営計画を立てる事が出来る点です。更に、まとまった金額の資金が調達出来れば利益回収を待たずにスピーディーな事業展開が可能となります。

また、融資は事業用資金の借り入れである為借り入れ限度額が数千万以上と高額であり、金利も1~3%と借金を行う場合と比べて低めに設定されています。

その一方で、融資には借り入れ金の使用用途や借り手の返済能力に関する厳しい調査が行われる為、借り入れ完了までに1カ月前後の期間を必要とするといったデメリットも存在します。

「借金」とは

では次に、「借金」の定義について解説します。

融資が「事業用資金」の借り入れであるのに対し、借金は「消費」を目的としたお金の借り入れを行う事を指します。この点が、融資と借金における最大の違いです。

借り入れ手段としての借金の特徴

借金による借り入れ金は融資の様に明確な使用用途が定められていません。つまり借金の場合、貸し手側は使用用途に関する厳しい調査を行わないので審査開始~借り入れ完了までの期間が融資の場合と比べて非常に短く済みます。

ただし借金には、比較的簡単にお金の借り入れが出来る為返済計画を立てずに借り入れのみを続け、結果として信用情報にキズを付けてしまうケースが多い、といったデメリットも存在します。

また、融資の場合と比較して借り入れ限度額は低めに、金利は高め(10~15%)に設定されています。

まとめ:そもそも融資の意味とは?融資と借金の違いについて

いかがでしたか?今回は、

・融資とは何か

・借金とは何か

・融資と借金の違い

について解説いたしました。

借り入れを検討している方は本記事の内容を参考にしつつ、自身に適した借り入れ方法を選ぶ様にしましょう。

千葉の創業融資サポートはお任せください

J.J.works行政書士事務所では、創業融資に関する様々なサポート業務を行っています。
「どの借り入れ方法を選べば良いか分からない」「創業時に利用可能な借り入れ融資制度について詳しく知りたい」といった方は、ぜひ一度J.J.works行政書士事務所に相談してみる事をおススメします。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい