女性、若者/シニア起業家支援資金とは何か?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


女性、若者/シニア起業家支援資金とは何か?

女性、若者/シニア起業家支援資金とは何か?
女性、若者/シニア起業家支援資金とはどういった制度で、どの様な方が利用可能なのか?本記事では、女性、若者/シニア起業家支援資金の制度内容についてご紹介します。

女性、若者/シニア起業家支援資金とは?

それでは女性、若者/シニア起業家支援資金という制度について、以下で詳しく見ていきましょう。

制度概要

女性、若者/シニア起業家支援資金とは、日本政策金融公庫が取り扱っている融資制度の1つです。その名の通り女性や若者、シニア起業家に対して創業資金や事業資金の貸し付けを行う事を目的としています。

利用対象者

女性、若者/シニア起業家支援資金は、以下の条件に該当する方のみが利用可能となっています。

・女性の方
・35歳未満から55歳以上の方で新たに事業を始める方
・事業開始後おおむね7年以内の方

融資限度額

女性、若者/シニア起業家支援資金の融資限度額は、「国民生活事業」と「中小企業事業」の場合で異なる金額が適用されます。

・「国民生活事業」における融資限度額  - 7.200万円(うち運転資金4.800万円)
・「中小企業事業」における融資限度額 - 7億2.000万円(うち運転資金2億5.000万円)

ここで重要なのが、女性、若者/シニア起業家支援資金の初回利用時にいきなり融資限度額分のお金を借りる事は出来ないという点です。実際の融資額は事業規模や事業の安定性等に左右されますが、申し込み1件当たりの平均融資額は300~1.000万円となるケースが一般的です。

利率

女性、若者/シニア起業家支援資金では資金用途や返済期間・担保の有無といった条件に基づき、「特別利率A/B/C」という異なる3つの利率が適用されます。

通常のケースでは特別利率Aが適用されますが、以下の様な特別な条件に該当する場合には特別利率B/Cがそれぞれ適用されます。

・技術・ノウハウ等に新規性がみられる場合-特別利率B(土地取得資金は基準利率)

・地方創生推進交付金を活用した起業支援金の交付決定を受けて新たに事業を始める場合 - 特別利率B(土地取得資金は基準利率)

・地方創生推進交付金を活用した起業支援金及び移住支援金の両方の交付決定を受けて新たに事業を始める場合 - 特別利率C(土地取得資金は基準利率)

なお、特別利率が適用される仕組みはかなり煩雑ですが、審査担当者の手でそれぞれのケースに該当する最も低い利率が提示される様になっています。

返済期間

女性、若者/シニア起業家支援資金の返済期間は、設備資金の場合20年以内、運転資金の場合7年以内です。また、据え置き期間は資金の用途に関わらず2年以内となっています。

まとめ:女性、若者/シニア起業家支援資金とは何か?

女性、若者/シニア起業家支援資金は、女性や主婦・若者・シニアの方が起業する際にぜひ利用していただきたい制度の1つです。本記事をご覧になって興味を持たれた方は、ぜひ日本政策金融公庫の公式HPや相談窓口を活用しつつ利用を検討されてみてはいかがでしょうか?

千葉の創業融資サポートはお任せください

J.J.works行政書士事務所では、創業融資に関する様々な相談を受け付けています。特に今回ご紹介した女性、若者/シニア起業家支援資金の様に利用条件や適用利率が複雑な制度を利用する際には、一度J.J.works行政書士事務所で専門家の意見を耳にしておく事をおすすめします。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい