そもそも融資と投資の違いって何?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


そもそも融資と投資の違いって何?

そもそも融資と投資の違いって何?
「融資と投資の違いって何?」

「融資」と「投資」、どちらも会社経営に携わる方であればなじみの深い言葉ですね。しかし、両者の違いについて正しく説明しろと言われると返答に困ってしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では「融資」と「投資」、これら2つの言葉が意味する所の違いについて解説します。

融資とは?

まずは「融資」の正確な意味について見てみましょう。

融資とは、銀行をはじめとした金融機関が個人や法人に対してお金を貸す事です。融資する側は利息の獲得によって利益を得る事を目的とし、融資された側には返済義務が発生します。

融資のメリット・デメリット

融資のメリットは、必要な分の金額のみを調達出来るという点です。また投資の様に、お金を受け取ったからと言って他人が会社の経営に意見を挟むといったケースにはなりません。

その一方で、融資によって資金調達を行った場合には利息や元本の返済義務が発生します。また、場合によっては融資を受ける為に条件として保証人や担保が必要となる場合もあります。

投資とは?

では次に、「投資」の正しい意味について解説します。

投資とは、将来的に利益を得る目的で資金を援助する事です。ここで言う利益には、株式投資における配当金を受け取る権利や経営権に口を出す意見等が挙げられます。

投資のメリット・デメリット

投資によって資金調達を行う上で最大のメリットは、元本や利息の返済義務が発生しない点です。投資は株式等を購入してもらう代わりにお金を受け取る形式となっているので資金繰りのリスクが少なく、融資による資金調達のケースと比べて財政面で安定しやすいといった特徴があります。

その反面、投資による資金調達を行った場合は投資家の意向を経営に反映させる必要が生じる為、会社経営の自由度は低くならざるを得ません。更に、融資の様に想定通りの金額を調達出来るとは限らない点も、投資による資金調達を利用する上でのデメリットの1つと言えます。

出資とは?

「融資」と「投資」に関する解説と合わせて、この2つと似た様な用途を持つ言葉である「出資」についても軽く解説しておきます。

出資とは、投資家等が株券を受け取るのと引き換えに資金を援助する事です。「利益目的で」資金援助を行う」という点においては、「出資」も「投資」の1種であると言えます。

ちなみに、出資を受けた側には「融資」とは異なり資金の返済義務は発生しません。

まとめ:そもそも融資と投資の違いって何?

 
いかがでしたか?「融資」と「投資」の違いは、前者は金融機関がお金を貸すという意味である一方で、後者は株式等と引き換えに資金を援助する行為を指す、という事でした。

「融資」と「投資」にはそれぞれ資金調達方法としての特徴があるので、会社経営をされている方は本記事の内容を参考にしつつ、ベストな資金調達方法を採る様にしましょう。

千葉の創業融資サポートはお任せください

J.J.works行政書士事務所では融資獲得成功率93%という確かな実績の元、事業計画書の作成代行を始めとした創業融資サポート業務を行っております。

「融資」と「投資」、2つの資金調達方法の内どちらを選ぶべきか悩んでおられる方は、ぜひ一度J.J.works創業融資サポートに相談してみてはいかがでしょうか?

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい