銀行融資を受ける為の条件とは?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


銀行融資を受ける為の条件とは?

銀行融資を受ける為の条件とは?

「銀行融資を受ける為の条件を知りたい!」

個人事業主や会社経営者にとって、銀行から融資を受けられるか否かは事業を続ける上で重要な問題です。そこで本記事では、事業に関する融資を銀行から受ける為に満たすべき条件の中で特に重要なものについてご紹介します。

銀行融資を受ける為の条件3選

それでは事業資金として銀行融資を受ける為にクリアするべき条件の内、特に重要な3つのポイントについて順番に解説します。

格付けを意識した決算書を作成している

銀行融資の可否は決算書の内容で決まると言っても過言ではありません。銀行による信用格付けの結果は、提出された決算書が次の4つの要素を満たしているかに大きく左右されます。

・収益性-黒字決算になっているか?
・安全性-負債比率や自己資本比率は適正か?
・成長性-売上高や経常利益は伸びているか?
・返済能力-債務償還年が短い=返済能力が高いか?

銀行融資を受けたいのであれば、これらの要素を持ち合わせた決算書を作成できる様に長期的な視点で決算対策を進めておく必要があります。

将来性のある経営計画を用意している

融資面談の際に説明する経営計画が計画性・将来性に優れたものである事も、銀行融資を受ける際の必須条件と言えます。

特に、資金使途や返済財源・事業の強み・事業に関する市場の将来性などに関する融資担当者からの質問に正確な返答が出来るか否かが融資の実現に大きく影響します。

税金や公共料金の未納・滞納がない

税金や公共料金に関する未納・滞納履歴は、銀行側にこちらの返済能力を疑われる要因となり、結果的に銀行融資を受けづらくなってしまいます。

銀行融資を検討されている方は、日頃からこうした各種支払いを期日を守りしっかりと行う様にしましょう。

まとめ:銀行融資を受ける為の条件とは?

いかがでしたか?今回は銀行融資を受ける為に満たしておくべき条件の中でも、特に融資の可否に大きく影響する3つの要因についてご紹介しました。

こうした定量的な評価に関する対策をしっかりと施した上で自身の事業に対する熱意を審査担当者に伝えることが出来れば、銀行融資を受けるのはそう難しい事ではありません。本記事の内容を参考にしつつ、入念な準備を行った上で銀行融資への申し込みを行う様にしましょう。

千葉の創業融資サポートはお任せください

J.J.works行政書士事務所では、銀行融資はもちろん日本政策金融公庫からの融資や補助金・助成金等々、創業融資に関する様々な相談を受け付けております。

より確実に銀行融資を成功させたい、銀行融資に関する疑問を事前に払拭しておきたいといった方は、ぜひ一度J.J.works行政書士事務所にご相談下さい。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい