NPO法人の資金調達にはどのような方法がある?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


NPO法人の資金調達にはどのような方法がある?

NPO法人の資金調達にはどのような方法がある?
「NPO法人ってどうやって資金を調達しているの?」
「NPO法人と一般的な企業の資金調達方法にはどんな違いがあるの?」

こうした疑問を解消したい方向けに、本記事ではNPO法人の資金調達方法についてご紹介します。

NPO法人の資金源・資金調達方法

NPO法人の資金源や資金調達方法には、以下の様なものがあります。

会費

NPO法人の資金源として最も一般的なのものが、会費収入です。NPO法人は運営に必要な資金を負担し合う目的で、会員から会費収入やイベント参加費用を集めています。

ちなみにNPO法人には、会費を集めた目的やその結果得られた成果等をその都度公開する義務があります。

助成金

民間の基金や財団により提供される助成金も、NPO法人にとって重要な資金源の1つです。助成金の提供を受ける為には助成金申請を行った上で、一定の審査を通過する必要があります。

寄付金

NPO法人が行っている活動に賛同した個人や企業等による寄付金は、基本的にはNPO法人の手で自由に使用する事が可能です。

NPO法人を運営している方で「寄付金を効果的に集めたい」と考えておられる方には、「Yahoo!ボランティア」を始めとしたネット募金サイトを活用する方法をおススメします。

補助金

補助金は、国や地方自治体がNPO法人の活動を見返りなしで支援する目的で提供するケースが一般的です。ただし、補助金は税金を財源としているので受給条件が助成金の場合と比べて厳しくなる傾向にあります。

(本来/非本来)事業収入

意外に思われる方もおられるかも知れませんが、NPO法人であっても事業収入による資金調達を行う事が認められています。

NPO法人が得る事業収入には、本来の非営利活動に関わる事業に基づく「本来事業収入」と、NPO法人としての活動目的とは異なる事業に基づく「非本来事業収入」の2つが存在します。

まとめ:NPO法人の資金調達方法にはどのような方法がある?

「NPO法人の資金調達方法」と聞くと寄付金や会費だけをイメージしがちですが、実際には様々な資金調達方法を駆使してNPO法人の運営が行われている事がお分かりいただけたかと思います。

NPO法人の運営を考えておられる方やNPO法人の資金調達方法を検討されている方は、ぜひ本記事の内容を自身の活動に役立てみて下さい。

千葉の創業融資サポートはお任せください

J.J.works行政書士事務所では、事業計画書の作成代行・融資面談対策・創業融資に関するヒアリングといった創業融資サポート業務を行っています。

創業融資に関する手間や疑問を解消したい方や創業融資を勝ち取りたい方は、ぜひ一度J.J.works創業融資サポートに相談してみて下さい。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい