決算書不要のビジネスローンについて|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


決算書不要のビジネスローンについて

決算書不要のビジネスローンについて

ビジネスローンは、基本的に申し込み時に決算書や確定申告書が必要です。
決算書が不要なビジネスローンはあるのでしょうか?
本記事では、
・ビジネスローンに決算書が必要な理由
・決算書不要のビジネスローンはあるのか?
・決算書不要のビジネスローンの注意点
について詳しく解説いたします。

なぜビジネスローンに決算書が必要なの?

決算書は、事業の業績が一目でわかる書類です。
決算書は1枚だけでなく、損益や貸借、キャッシュフロー計算書など決算にまつわる書類の総称です。
そのため経営状態について、今だけ一時的に資金が必要なのか?という点が明確に判断できるので、ほとんどのビジネスローンでは決算書の提出が義務付けられています。

申請するローンにもよりますが、大体2期から3期分の決算書の提出を要求されることが多いようです。
希望するビジネスローンが決算書が必要な場合、前もって準備しておくといいでしょう。

決算書不要のビジネスローンについて

中には、決算書が不要のビジネスローンもあります。
法人向けの場合は、みずほ銀行・りそな銀行・ジャパンネット銀行などのビジネスローンが決算書不要で申し込みできます。
個人事業主の場合は、オリックス・ビジネクストなどの個人向けビジネスローンが決算書不要で申し込みできます。

決算書がいらないローンの注意点

決算書不要で申請できるビジネスローンがあることはわかりましたが、実際に申し込みをする前に注意点についてもご紹介いたします。
決算書が必要なビジネスローンは、無担保で第三保証人が不要ケースがほとんど。
ただし、決算書が不要なローンの場合は担保や第三保証人を立てなければいけないことが多いので要注意。

また、決算書不要となっていても、収入証明や事業計画書の提出が義務づけられている所も多いので事前の確認を入念に行いましょう。

まとめ:決算書不要のビジネスローンについて

今回は、決算書不要のビジネスローンについて解説いたしました。
・事業の経営状態を確認するために決算書は必要
・中には決算書不要のビジネスローンもある
・決算書不要でも担保が必要だったりするので要注意
という3点が重要なポイントでした。

千葉の創業融資サポートはお任せください

千葉エリアでビジネスローンではなく、開業資金を調達したいという方には「J.J.works創業融資サポート」のご利用をご検討してみてください。
融資を希望する金融機関に合った事業計画書を、行政書士が1からサポートいたします。
他事務所では、お客様が書類を作成し、添削するという形をとっていることが多いですが、J.J.works行政書士事務所ではヒアリングの情報をもとに事業計画書を作成いたしますので、開業前の忙しい時間も有効活用していただけます。

もちろん、書類作成や融資獲得のポイントは丁寧にレクチャーいたしますのでご安心ください。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい