創業融資での審査が通らない?審査の基準に違いはある?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


創業融資での審査が通らない?審査の基準に違いはある?

銀行融資・創業融資での審査が通らない?審査の基準に違いはある?
これまで、銀行などの金融機関で審査が通らないという経験を持つ事業者の方もいるはず。
しかし違う機関に申請したらほぼ同じ内容でも審査が受けられた!という方も中にはいるんです。
申請する機関によって審査基準に違いはあるのでしょうか?

創業融資で審査される基準について

創業融資の審査が通らない、なるべくならそんな事態は避けたいところですよね。
そのためにも、まずは融資の審査ではどんな点が重視されるのかについて知っておきましょう。

審査を受ける金融機関にもよりますが、主に以下の4点が基準になります。
・自己資金
・経験
・返済可能性
・資金使途

自己資金は、自分で用意できるお金のことです。
だいたい全体に必要な創業資金の3割程度だとされており、誰かから借りたものではないとわかる経歴が必要です。
事業者がこれから始める分野において、成功する可能性があるかをこれまでの経験から判断されます。
申請から1年間さかのぼって、信用情報もチェックされます。
携帯代や光熱費の支払いについても確認され、事業計画書や融資の使い道がきちんとしているかという点も大事です。

銀行は基準が厳しい傾向が

基本的には、どの機関でも審査される基準に変わりはありません。
しかし一般的に、都市銀行は審査が厳しい傾向にあります。

※厳密には細かなチェックに差がありますので、お客様に合った融資先を見つける事がポイントです。

元々開業直後は経営が不安定になることが多いため、貸倒リスクを最小限に抑えるために厳しい目で審査する銀行がほとんど。
加えて銀行融資はその時の景気に左右されることも多く、あまり景気が良くない時は銀行の負債にならないために審査も厳しくなるようです。

比較的審査が通りやすいのは公庫

日本政策金融公庫には、中小企業創業者向けの融資事業を行っているため銀行と比較して審査の難易度が低いようです。
また、金利も低く融資に関する相談窓口も整っているため、創業を考えている人には日本政策金融公庫で創業融資を受けることをおすすめします。

まとめ:銀行融資・創業融資での審査が通らない?審査の基準に違いはある?

今回は、審査が通らないという事態を避けるために、融資の審査基準について解説いたしました。
自己資金や返済可能性など4つのポイントを審査されますが、公庫よりも銀行の方が審査が厳しい傾向があります。

これから創業融資を受ける予定のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

千葉の創業融資サポートはお任せください

千葉エリアでこれから創業融資の申請をご検討しているのであれば、「J.J.works創業融資サポート」がおすすめです!
J.J.works行政書士事務所では、これまで多くの金融機関に操業融資の申請を行った実績があります。
これまでご依頼いただいた内の、実に93%もの方が創業融資の獲得に成功しています!
丁寧にヒアリングを行い、書類作成や面談対策、面談への同席に至るまで総合的にサポートいたします。

以前審査に通らなかった経験を持つ方も、まずは電話・メール・LINE等でご相談ください。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい