そもそも創業計画書とはなに?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


そもそも創業計画書とはなに?

そもそも創業計画書とはなに?
創業計画書は事業開始後の利益の予定表です。
もちろん、事業に関することですから予定といっても無根拠で大まかなものはダメです。
本記事では、創業計画書についてその特徴やポイントについて、ご紹介していきます。

創業計画書は利益予想を示す書類

創業計画書を簡単に説明すると、事業開始後1年以内に売り上げや利益はどれくらい出るのか?という点を予想した書類のこと。
長期間の売り上げを予定したものは事業計画書と呼び、これは事業開始後に関わらず定期的に作成したり修正したりする必要があります。
大体同じ内容ですが、創業者やサービス・事業のアピールが大切です。

ただ数字を書き込むだけではダメ!

創業計画書は予定と考え、なんとなく数字を書くといった書き方ではいけません。
特に創業融資を受ける予定があるなら、金融機関にも伝わるように明確な数字や目標を示さなければなりません。

創業計画書は、以下の項目に分けられます。
・創業の理由
・創業者の経験
・事業内容(製品・サービスについて)
・販売計画
・仕入れ計画
・資金計画
上記の項目をそれぞれ、明確かつ分かりやすく記載する必要があります。

従来の製品とどんな点が違うか?取引先やターゲットは明確なのか?などについて、専門外の方が見ても分かるように書きましょう。
ただ、金融機関に提出する場合はあまり砕けすぎないようバランス良く作成してください。

創業計画書をプロに依頼するメリット

創業計画書を自分で作成する人も中にはいますが、行政書士などの専門家に任せるメリットにはどんなものがあるでしょうか?

・プロの手によって目標が明確になる
・計画書作成のコツやアドバイスが得られる
・金融機関にアピールしやすい内容が作れる
創業計画書を多く手掛けてきた事務所であれば、融資が通りやすい記載方法などのノウハウがあるはず。
そういった専門家視点のアドバイスは今後事業を進めていく上でも、大変役立つはずです。

まとめ:そもそも創業計画書とはなに?

いかがでしたか?今回は、創業計画書とはそもそもどんなもの?という内容でお送りいたしました。
創業計画書は事業開始後1年で、どれだけ利益が得られるかをアピールする書類です。
目標に達することができる!と明確にアピールすることが大切です。

千葉の創業融資サポートはお任せください

千葉で創業計画書をプロに依頼したいという方は、「J.J.works行政書士事務所」にお任せください!
創業計画書の作成は、担当の行政書士がヒアリングデータをもとに行います。
着手金0円ですので、初めて事業計画書を作成する事業者様もお気軽にお申込みいただけます。

独自のルートを持ち、これまで93%の創業融資の獲得に成功してきました。
お問合せは電話・メール・LINEで受け付けておりますので、ご質問等あればお待ちしております。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい