ベンチャー企業の資金調達方法とは?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


ベンチャー企業の資金調達方法とは?

ベンチャー企業の資金調達方法とは?
ベンチャー企業が資金調達を行うためには、どんな方法があるのでしょうか?
この記事では、資金調達方法やリスクに至るまで詳しく解説していきます。

ベンチャー企業は資金調達しにくいって本当?

大企業と比べて、ベンチャー企業は資金調達が難しい。そんなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?

たしかに大きい会社と、成長過程にあるベンチャー企業では調達できる資金の額が違うかもしれません。
でも、ベンチャー企業だからといって資金調達が困難だとは言い切れません。

会社の規模に合った申請を行えば、資金調達ができる可能性も格段に上がるんです。

ベンチャー企業が資金調達する方法

ベンチャー企業による資金調達方法は、以下のような種類が挙げられます。

・融資(銀行や信用金庫等)
・日本政策金融公庫からの融資
・ベンチャーキャピタルからの出資
・投資家からの出資
・助成金の利用

銀行・信用金庫・日本政策金融公庫から融資を受けた場合は、返済義務があります。
ベンチャーキャピタルや投資家から出資してもらう場合は、返済義務はありませんが自分の好きなように経営できなくなる可能性も。

助成金も返済義務はありませんが応募期間が定められていたり、交付までに時間がかかったりするのが難点です。

高額の調達によるリスクも知っておこう

ベンチャー企業の資金調達は、なるべく多く資金調達したほうがいいと思っていませんか?
事業を安定させる為には資金が充分にある方がよいですが、会社の規模や経営状態にそぐわない金額を調達するのもリスクがあります。

融資額が大きすぎると、最初から会社の規模を拡大しすぎて経営が回らなくなる…なんてことも珍しくありません。

巨額の投資を受けると、稼ぐモチベーションが下がって事業が停滞することも。
ベンチャー企業は特に、背伸びしすぎない資金調達が大切です。

まとめ: ベンチャー企業の資金調達方法とは?

今回は、ベンチャー企業の資金調達について解説いたしました。

・ベンチャー企業でも資金調達は難しいわけではない
・資金調達の方法は複数の種類がある
・資金調達はできるだけすればいいわけでもない

というのが、本記事のポイントでした。
資金調達を検討しているベンチャー企業の方は、記事内でご紹介した方法をご検討してみてはいかがでしょうか?

千葉の創業融資サポートはお任せください

千葉でベンチャー起業予定だが、資金調達できるか不安という方は、その道のプロにおまかせしてみませんか?
J.J.works行政書士事務所では、手間と時間がかかる創業融資手続きを総合的にサポートいたします。

これまで銀行などから融資を受けたことがないという方でも安心してご利用いただけます。
もちろん着手金やカウンセリングにかかる費用は無料ですので、まずはご相談だけでもお試しください。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい