信用情報がブラックの場合は融資(資金調達)を受けられないの?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


信用情報がブラックの場合は融資(資金調達)を受けられないの?

信用情報がブラックの場合は融資(資金調達)を受けられないの? _

過去に借り入れ金やクレジット使用料を踏み倒して、信用情報がブラックになってしまった場合は融資が受けられないのでしょうか?

日本政策金融公庫ならブラックでも資金調達できる、なんて噂もありますが本当なのか?

今回は、ブラックリスト入りしていても融資が受けられるコツについて詳しく解説いたします。

信用情報がブラックなら融資は基本NG

どこかからお金を借りた場合、返済が滞ったりストップしてしまうとブラックリスト入りしてしまいます。

これらの信用情報を管理するのは以下の3つの団体です。
1. JICC(日本信用情報機構)
→クレジットカード、キャッシングについて
2. CIC(株式会社シーアイシー)
→分割払いでの購入について
3. KSC(全国銀行個人信用情報センター)
→銀行での借り入れについて

滞納や返済の遅れなどがあってブラックリスト入りすると、これらの団体から情報が共有する仕組みが取られています。

クレジットカードA社でブラックリスト入りすると、信用情報に基づきB銀行でも資金の借り入れは基本的にできません。

ブラックリストからずっと消えないの?

一度ブラックリストに入ってしまったら、信用情報は回復しないままなのでしょうか?
滞納した借金を返済した後も数年は各団体により1年〜5年の間履歴が残ります。

滞納分を支払ったからすぐに融資を受けられる!というわけではないので、起業時に資金調達したい場合は注意してくださいね。

日本政策金融公庫はブラックでも融資が可能?

日本政策金融公庫では、信用情報がブラックリスト入りしても融資が可能なケースがあります。

ただしそれは、クレジットカードの支払いの遅延でブラックリストに入ってしまった場合のみ。さらに直近1〜2年は支払い情報がクリーンでなければいけません。

現在進行形で支払いが遅れている場合などは、融資を受ける前にまず残っている支払いを終わらせるのが先決です。

まとめ: 信用情報がブラックの場合は融資(資金調達)を受けられないの?

本記事の中で、信用情報がブラックだと融資が受けられないのか?という疑問に答えていきました。

・ブラックリストの情報は共有される
・ブラックリスト解除までは数年かかる
・状況によっては日本政策金融公庫から融資が受けられることも

この3点が重要なポイントでした。
奨学金や過去の事業による借金の支払いも信用情報に関わるので、融資を検討している方は不備がないか今一度確認してみましょう。

信用情報がブラックだと融資は難しいという事はお伝えしましたが、J.J.worksでは数多くの融資支援を行って参りました。
この記事をご覧になっている方で、やっぱり融資は難しいか・・・と思われている方も、一度ご相談くださいませ。

条件によっては融資が受けられる場合がございます。

千葉の創業融資サポートはお任せください

千葉県で創業融資を受けたいと考えている方は、個人・法人問わず「J.J.works行政書士事務所」の創業融資サポートがおすすめです。

J.J.works行政書士事務所は、様々な状況下でも運転資金を調達した実績があります。
面倒な書類作成も専門家が行いますので、忙しい時間を割いて何度も事業計画書を作り直す手間もかかりません。

ご自分の信用情報がご不安な場合でも、事業の年収によっては融資が受けられる可能性もありますので、まずは無料相談をご利用ください。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい