スタートアップ時の資金調達で注意しなければならないことは?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


スタートアップ時の資金調達で注意しなければならないことは?

スタートアップ時の資金調達で注意しなければならないことは? _

スタートアップは資金調達が難しいというイメージを持つ方もいますが、注意点を守ればそんなことはありません。

この記事では、スタートアップで資金調達をする際に、注意すべきポイントを3つご紹介します。

資金調達のための事業計画は慎重に!

スタートアップが金融機関から資金調達を受けるためには、事業計画を慎重に作成する必要があります。
事業計画とは、会社の運営のために必要な戦術を具体的にした文書で「ビジネスプラン」と呼ばれることも。

事業の内容、将来性、会社の経営状況等を説明するため、事業に必要な資金の内訳や数年後の収支計画を細かく設定しましょう。

スタートアップは資金調達しにくいという噂を耳にしますが、むしろ過去の業績を見られない起業時の方が融資を受けやすい場合もあります。

融資されるまでの期間を逆算する

スタートアップでも金融機関から資金調達をする場合、状況によりますが融資実行までに1ヶ月〜数ヶ月かかるこもあります。

初めての場合は特に事業計画の作成は1度で上手く作れないかもしれないので、余裕を持ったスケジュールを立てるようにしましょう。

資金調達の方法はスタートアップに向いてる?

スタートアップで資金調達をする場合、金融機関からの融資や、VC(ベンチャーキャピタル)からの出資など複数の選択肢があります。

事業のために安くない金額を調達するわけですから、資金調達の方法を安易に決めるのはリスキー。利率はどのくらいか?、事業の長期運営が可能か?など多角的なポイントから判断しましょう。

まとめ: スタートアップ時の資金調達で注意しなければならないことは?

今回はスタートアップ企業の資金調達についての注意点をご紹介しました。

本記事のポイントは、
・スタートアップの資金調達は事業計画書が重要
・融資されるまでの期間を知っておく
・スタートアップの内容に合った資金調達方法を選ぶ
の3つでした。

事業のスタートアップを計画している方は、資金調達の際に記事中でご紹介したポイントを注意してみてくださいね。

千葉の創業融資サポートはお任せください

千葉県で創業融資を受けるなら「J.J.works創業融資サポート」はいかがでしょうか?

J.J.works行政書士は、創業融資獲得のノウハウが豊富です。その経験を生かし、通常は自分が作成する事業計画もその道のプロが作成いたします。

実際の面談にも同席いたしますので、細かいポイントまで漏れがなく金融機関にアピールできます。
無料相談は24時間365日対応しておりますので、お忙しい方もまずはお電話やメール、LINEからお問い合わせ下さい。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい