起業時の資金調達を目的に銀行融資を受ける際のメリット・デメリットについて|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


起業時の資金調達を目的に銀行融資を受ける際のメリット・デメリットについて

起業時の資金調達を目的に銀行融資を受ける際のメリット・デメリットについて

銀行融資とは、起業する時の資金調達のために広く用いられる方法です。
この記事ではこれから起業を考えている方向けに、
・銀行融資とは?特徴についての解説
・銀行融資を受けて得られるメリット
・銀行融資を受ける前に知りたいデメリット
・銀行融資をスムーズに受けるおすすめの方法
をご紹介していきますね。

銀行融資とは?特徴を解説

銀行融資とは、そもそもどんな意味を持つのでしょうか?

漠然と「銀行からお金を借りる」というイメージを持つ方も多いはず。もちろんその通りなのですが銀行融資とは、さらに「明確な目的」が必要なのです。

ただ銀行からお金を借りるのなら借金と同じですが、起業のために必要なお金を借りるのは「融資」です。

事業を起こすためにはたくさんのお金が必要なので、銀行側も容易には融資をしてくれません。その事業に将来性はあるのか?適切な事業計画はあるのか?等、細かな審査をパスする必要があります。

銀行融資を受けるメリットとは?

銀行融資を受けるメリットとは、どんなものがあるでしょうか。

まず挙げられるのは、会社としての信頼度が上がること。銀行の厳しい審査を通った会社ならきちんとしているはずだ、と世間的な信用の獲得に繋がります。

他にも金利が低かったり、資金繰りではなく事業に専念できたりと様々なメリットがあるんですよ。

銀行融資を受けるデメリットも知りたい!

銀行融資とは起業時の資金調達に大きなメリットがあると先述しましたが、一方でデメリットもあります。

銀行融資は審査が厳しく、事業計画など隅々までシビアな目にさらされます。業種・計画・信用情報などの評価が低ければ、融資は受けられないことも。

また、銀行融資は審査から融資を受けるまで長い期間が必要な点も留意しておきましょう。

まとめ: 起業時の資金調達を目的に銀行融資を受ける際のメリット・デメリットについて

この記事では、資金調達のために銀行融資を受けるメリットとデメリットについて解説いたしました。

・銀行融資とは、目的のために銀行からお金を借りること
・銀行融資を受けることは、会社の信頼度アップに繋がる
・デメリットは、審査が厳しいため手間と時間がかかること

上記の3つが今回のポイントでした。

千葉の創業融資サポートはお任せください

千葉県で創業融資のサポートを受けたいと考えている方には、「J.J.works創業融資サポート」がおすすめ!

J.J.works行政書士では事業計画の作成から金融機関との面談対策まで、創業融資を受けるために必要な工程をまるごとサポートいたします。

電話やメール、LINEからも気軽に相談できるので会社の運転資金を調達したい方はぜひ一度無料カウンセリングをご利用ください!

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい