日本政策金融公庫で創業融資を受ける際の審査基準は?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


日本政策金融公庫で創業融資を受ける際の審査基準は?

日本政策金融公庫で創業融資を受ける際の審査基準は?

「日本政策金融公庫の審査基準について教えてほしい」
「日本公庫の審査基準って厳しいのだろうか…?」

こんなお悩みはないでしょうか。

日本公庫から創業融資を検討している方にとって、融資の審査基準は気になるところでしょう。

そこで、本記事では「日本政策金融公庫の審査基準」についてご紹介していきます。

創業融資を受ける際の審査基準

日本政策金融公庫で創業融資を受ける際の審査基準は以下になります。

・その1:事業の計画性
・その2:競合への優位性
・その3:自己資金の割合

では、詳しい説明に移っていきますね。

その1:事業の計画性

審査基準の一つ目は、事業計画の見通しが立っているかです。

現実的に達成可能な見込み数字をベースに、具体的な事業計画を立てることで審査に通りやすくなります。具体性や根拠の薄い数字を並べても、事業計画の見通しが甘いと判断されてしまいます。

そのため、創業計画書は矛盾の生じないように、タイトな数字を並べることが大切です。

その2:競合への優位性

審査基準の二つ目は、競合への優位性があるかです。

どんな事業でも競合他社とのパイの奪い合いは避けられません。要するに、競合他社に対して「サービスの差別化ができているか?」をチェックされるということです。

ここで競合他社への優位性に乏しいと判断されてしまうと、創業融資を行っても事業が失敗すると思われてしまいます。そのため、競合への優位性はセールスポイントとして用意しておきましょう。

その3:自己資金の割合

審査基準の三つ目は、自己資金の割合です。

融資希望額に対して自己資金の割合が低すぎると、審査に落ちてしまう可能性は高くなります。

また日本公庫の創業融資は代表者を連帯保証人にしないため、仮に事業が失敗しても経営者に返済義務が生じません。そのため、「自己資金=経営者の背負うリスク」になるのですが、この自己資金が少なすぎると、リスクを背負う気がないと判断されてしまいます。

まとめ:創業融資の審査基準は三つ

以上で、日本政策金融公庫で創業融資を受ける際の審査基準という話は終了です。

日本公庫の創業融資の審査基準は、「事業の計画性」「競合への優位性」「自己資金の割合」の三つからなるという話でした。

日本政策金融公庫の創業融資を検討しているという方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

千葉の創業融資サポートはお任せください

千葉の創業融資サポートは、J.J.works行政書士にお任せください!

着手金0円の完全成功報酬制で、実績豊富な創業融資のプロフェッショナルがあなたの創業融資を全力でバックアップいたします。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい