起業する際の銀行口座は複数用意した方がいいのか|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


起業する際の銀行口座は複数用意した方がいいのか

起業する際の銀行口座は複数用意した方がいいのか
起業をしたら銀行口座を複数作ったほうがいいと言われています。
ですが銀行口座を複数作る理由は一体何でしょうか?

この記事は会社設立を実際に手掛けている行政書士が、銀行口座を複数作る理由について説明していきます。

銀行口座をできれば3つ開設したほうが良い理由

冒頭でも書いたように起業したら銀行口座を作っておくと良いでしょう。
入金用の銀行口座、出金用の銀行口座。最後に税金を支払うための銀行口座です。

ではなぜ銀行口座を3つ作っておく必要があるのかを説明していきます。
※あくまで口座をわける一例になります。

入金するための銀行口座

入金するための口座を作るのは売上の管理がし易くなるためです。
入金口座を作ることで支払いをしてもらってない人がすぐに分かるようになります。
また入金口座を作る場合ネット銀行よりは通帳を発行してもらえる銀行にしましょう。

通帳に記帳することで支払いをしてもらった人、まだしてもらってない人が分かり易くなるからです。

支払い用の銀行口座

出金用の銀行口座には、光熱費や従業員の給与支払いなどを管理します。
どんな業種にせよ、支払い管理は思っている以上に面倒なものです。

前述したように通帳を発行している銀行で支払い用の口座を作っておくと、支払いの有無が分かるので便利です。

また支払いが多い場合はネット銀行を使用するのも良いでしょう。
ネット銀行のメリットは手数料が他の銀行と比べて非常に安いからです。

ただネット銀行を支払い用の銀行口座に指定する場合、注意しておかないといけないことがあります。
それは日本政策金融公庫で融資を受けた場合です。

日本政策金融公庫への返済はネット銀行からはできないからです。
もし日本政策金融公庫から融資を受けた場合は、ネット銀行委ではない金融機関に支払い用の銀行口座を作りましょう。

税金を支払うための銀行口座

所得税や住民税などの税金を払うための銀行口座です。
税金を支払うための銀行口座を作り、税金の支払いを滞納しないようにしなければなりません。

もし事業が資金不足などに陥ってしまい資金が必要になった場合、税金を滞納してしまっていると、銀行からの融資が受けられなくなるからです。
何かあったときに、金融機関から融資を受けることができないという事態を避けるためにも、税金を支払うための銀行口座を作っておく必要があります。

まとめ

いかがでしたか?起業をする際は、起業前にあらかじめ入金用と支払い用の銀行口座。
そして税金の支払うための銀行口座をあらかじめ作っておくことをお勧めするという事でした。
本記事を参考にしていただけますと幸いです。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい