起業したときのホームページ作成はどうすればいいの?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


起業したときのホームページ作成はどうすればいいの?

現在、相手の会社概要やこれまでの実績などその会社のことを手早く知りたければホームページを見ることが1番でしょう。

そんなインターネットの普及により、ホームページの開設は会社にとって当たり前の時代となりました。

ホームページがある意味で会社を印象づけるものとなります。

相手にとって利用しやすいホームページがどのようなものか確認していきましょう。

どのようなものが好まれるのか、ホームページの開設からまとめてみました。

ホームページの開設方法

法人のホームページは、個人のブログなどとは大きく情報量も変わってくるので中々個人でまとめて開設するのは難しいです。

そのため、プロに開設は依頼するのがメジャーです。

ただ、ここで選択いただきたいのは、””お金は惜しまず時間を短縮して作成””するのか、””時間を惜しまず節約して作成””するかの2択です。

・ホームページ制作会社に依頼

こちらは、前者の””お金は惜しまず時間を短縮して作成””する方法となります。

ホームページ開設を専門に扱うプロに依頼することで、自社での負担を減らし、デザインや機能性など高品質なものを手掛けてもらえます。

自分で作成するよりも早くホームページを立ち上げることができます。

相場としては10ページで30万円です。ホームページ制作会社によって多少値段は変わってきます。スタートアップの段階で痛い出費かもしれませんが、長期的に見ると気にはならないほどの値段ですね。

・個人事業者のプロへ依頼
こちらは、後者の””時間を惜しまず節約して作成””する方法となります。

法人から独立したプロにホームページ開設を依頼することで、前者よりも予算も安く済み、デザイナーとの距離も近いので柔軟な対応をしてもらえるケースが多いです。

ただ、人数が少ないので時間は法人と比べてかかってしまいます。

中には突然音信不通になるトラブルなどもあるようで、法人と比べると信頼度は下がってしまいます。

・自社で手がける
お金をとにかくけたくないという場合は、自社で手がけるのが1番です。ウェブサイトを作るCMSという無料サービスもあるのでおすすめです。

テンプレートもあるので初心者でも簡単にホームページの開設ができます。

中には無料のものもありますが、やはり編集範囲が限られてきます。

ホームページ作成のポイント

まずはどのようなコンセプトにするのかイメージをしましょう。
会社案内、ショッピングサイト、ブログなどのサイトによっても様々にあります。これらのイメージを持つとホームページの完成に近づきます。

続いて、必要なデータをまとめましょう。

会社に関してどのような情報を相手が求めているのか考えてみてください。それに合った写真も用意しておくと視聴者が理解しやすくなります。
そのあとに、デザインや機能性など見た目について考えていきましょう。

デザインもバラバラにならないよう、はじめに基礎となるデザインを考えてそれに統一すると見やすくなります。機能性に関しても、操作のしやすさなど重要となるので試行錯誤して取り組んでください。

大手企業などのサイトをみると、参考になるので見てみるとイメージが持てるかもしれません?

まとめ

ホームページは自社で簡単に作成できるものからプロが作成するものまで様々にありました。

それぞれにデザインや機能性、予算も変わってくるので起業時にはその点も把握していきましょう。

自社のイメージとなるホームページ作成は欠かせなませんね。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい