起業したらオフィスはどうしたらいいの?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


起業したらオフィスはどうしたらいいの?

起業をするときは準備しなければいけないことがたくさんあります。その中に、実際に業務を行う場所としてオフィスを構えるかどうかということ。

起業は、自分の自由にできることがメリットなので、自宅をオフィスにしている人も少なくありません。オフィスを構えたい場合はどうすれば良いのでしょうか。資金を少なくオフィスを構えるにはどうしたら良いのか紹介します。

資金が少ないけどオフィスが欲しい場合

資金が少ない中で起業を始めるなら、手軽に借りられるレンタルオフィスやコワーキングスペースを活用すると良いでしょう。

すぐに業務が始められるレンタルオフィス

一からオフィスを構えるには、場所の選定や備品の購入など時間と手間がかかります。

しかし、レンタルオフィスだと、デスクや事務用品など業務をスタートさせるのに必要なものがすべて揃っているという点でとても魅力です。

コワーキングスペースを活用する

起業家が多く利用しているのがコワーキングスペースです。ここでは、様々な起業家の人たちがいることで、情報交換の場や新たなビジネスチャンスが生まれたり、コミュニティー形成の場としてとても魅力的なオフィスの持ち方です。

起業時のオフィス選びのポイント

初めて起業を考えた時にオフィスを持ちたいろ考える人は多いですが、なかなか思い通りのオフィスを探すことはできずに悩むことがあります。

最初のオフィス選びにはいくつかポイントがあるのでご紹介したいと思います。

ワンフロアで全てができる場所

最初は、社員も少なく事業もスモールなので、ワンフロアで全てができる場所がおすすめです。

会議や打ち合わせも仕切りを作れば、ワンフロアのオフィスを活用できます。オフィスビルではなく、マンションの賃貸などをオフィスにしている企業も多いので、家賃を抑えることができます。

敷金など初期費用が少ないかどうか

オフィスを借りる時に必要なのが敷金や礼金などの資金です。せっかくの企業資金も敷金に持って行かれると他の費用をまかなうことができません。敷金はだいたい3か月程度が目安にしておくと良いでしょう。

レンタルオフィスなら土日や24時間稼働できるかどうか

レンタルオフィスを利用する場合、土日祝や24時間利用できるかどうかも事前に確認しておきましょう。業務内容によっては、土日が稼ぎどきなものもあるので、自由に使用出来るレンタルオフィスを選びましょう。

まとめ

起業をする際の拠点となるオフィスですが、今ではレンタルやシェア、自宅など選択肢が増えました。

きちんとオフィスビルに入居しなくても、初期費用を抑えてオフィスを構えることができます。また、作業に必要な備品等が揃っているレンタルオフィスは、費用を抑えたい人にはとてもおすすめです。起業する上でオフィスのことに悩んでいる人も安心!自分に合ったオフィスの構え方がきっと見つかります。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい