会社設立をするにはどうしたら良いのか?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


会社設立をするにはどうしたら良いのか?

起業の準備の一つに会社設立があります。会社設立をするには設立に関するノウハウを身につけていなければなりません。まず第一に、設立に当たる資金が確保できているのかどうかがポイントになってきます。

また、個人事業主として会社をスタートさせるのか法人としてスタートさせるのかで手続きも違ってきます。会社設立するには、どんな手続きを行い、どんなノウハウを身につけておけば良いのかご紹介します。

会社設立をどの立ち位置でスタートさせるのか

会社を設立するには個人事業主か法人かどちらでスタートさせるのかで費用や手続きが違ってくるのをご存知でしたか?会社設立をするには、この個人事業主か法人か、どちらで設立するのかを考える必要はあります。ではどのように違うのでしょうか?

個人事業主で会社設立する場合

実は、個人事業主で会社設立を考える場合は、費用の心配はいらないのです。税務署に開業届を提出するのみで成立するからです。在宅でネットビジネスをしている人に多く見られます。

個人事業主の場合に開業届のみでスタートさせることができますが、事業をするための資金はもちろん準備しておく必要があります。

IT系、WEB系の方は個人事業主から始められる方が大半ではないでしょうか?また、士業と呼ばれる公認会計士や税理士、行政書士もはじめは個人事業からスタートされる方が多くいらっしゃいます。

法人で会社設立をする場合

法人で会社設立する場合は登記に関する費用が必要になります。また、法人では保険加入が必須です。これから会社を大きくしたいのであれば、融資も受けやすいので法人での会社設立が良いでしょう。

ただ、経費がかかることが多いのは法人なので、赤字経営や会社存続の危機とならないよう経理体制を整え、管理することが大事です。

会社設立のために知っておきたいこと

他にも会社設立するためには知っておくべきことがいくつかあります。

補助金や助成金制度を利用する

会社設立するためには、まとまった資金が必要なことが多いです。中には資金が足りない・・・と悩む人もいるでしょう。

そんな時は自治体が設けている補助金や助成金を活用するのも一つの方法です。条件を満たすと設立に伴う資金の一部を支給してもらうことが可能。しかし、支払い方法は後払いになっているので、結局は初期費用時にはまとまった資金を準備しておかなければなりません。

金融機関から融資を受ける

会社設立で必要なのは何と言っても資金です。やりたいことが決まっているのに資金がなければ会社は起こせません。定められた条件を満たせば銀行から融資を受けることができます。

まとめ

自分のやりたいことや得意分野があっても、会社を設立するには知識と資金が必要です。

今回は、具体的に会社を設立するために知っておきたい大事なことを紹介しました。

会社設立にはメリット、デメリットがあるのでどちらも理解した上でどういった立場で設立をスタートさせるかを明確にしましょう。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい