会社設立するなら若いうちに!20代で起業すべき理由|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


会社設立するなら若いうちに!20代で起業すべき理由

起業をするには年齢は関係ないと言いますが、会社を設立したいならなるべく早い方がよく、20代でも起業している人はたくさんいます。SNSやネットが普及して時代がどんどん変化していく中で、若者の発想力は社会に求められています。

若い世代の発想力は非常に豊かで、経験を積んだ人よりも認められることも多いのが現状。若いうちに起業して失敗してもまだまだやり直しはきくので、会社設立するなら若い時に起業して経験を積むのも一つの社会勉強になります。

起業するにはなぜ若い方がいいのか

起業するにはパワーと勢いが必要です。若い時うちは細かいことなど考えずにシンプルな考えを持っているのと同時にパワーがあります。

逆に、社会を経験している方が様々な事態を深く考え込んでしまい起業に躊躇する人が多いので、まだまだ無知の若いうちに起業する方が失敗しても痛手は少ないのです。

若い時に失敗をして経験を積む

ある程度年齢を重ねキャリアもある人が起業すると、失敗した時に大きなショックを受けることは少なくありません。

若いうちから起業して経験を積んでおくと、まだ先は長いのでいろんなことにトライできます。

発想力が豊か

若い時、とくに20代は発想力が豊かです。経験豊富な役職者でも思いつかない突拍子もないことを発案したりします。

また、経験を積んでいる人ほど、これまでのやり方や仕事のスタンスを変えられない人が多い中で、若い世代は柔軟に時代に合わせて変化していけるので、起業するには若い方がいいのです。

やり直しがきく

若いうちに、しかも20代で起業しておくと、たとえ失敗しても何度でもやり直しがききます。

若いことで周りの大人たちに頼れるのも武器です。失敗しても先人からアドバイスを受けて、新たなことにチャレンジしていけるパワーが若い世代にはあります。

リスクを考えなくて良い

20代の若い世代は、家族や今後の生活面のことを考える人は少ないのではないでしょうか。

年齢が高い人は、家族を持っていたり老後のことなどどうしても生活の背景を考えてしまいがちなので限界を決めたり、無理をしないことがあります。

しかし、若い世代は背負っているものがない人も多いので、起業するにはリスクが少ないのです。

起業は経験を積んで成功する

起業してもすぐに成功する人は稀です。よほどのアイデアと資金がない限り成功する確率は低いと思います。

起業が軌道に乗り始めるまでは、失敗は当然であり経験を積むことが大事です。起業は、これまでの価値観ややり方ではまかり通らないことも多いため、何度も失敗してはやり直しの繰り返しです。

そのためには、若いうちから経験しておく方が良いのです。

まとめ

このように若いうちの起業はプラスになることが多いものです。起業にはデメリットもありますが、「経験を積む」という点では起業するという判断は正解です。

時代に合ったサービスやモノを提供できるのは若いからこそできる特技でもあります。若さを最大限に引き出して起業することで、社会に貢献して欲しいと思います。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい