会社設立に必要な印鑑ってなに?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


会社設立に必要な印鑑ってなに?

起業をスタートするには会社を設立するところから始まります。その際にはさまざまな手続きに向けて準備をする必要に迫られますが、その際に見落としがちなものがあります。「印鑑」です。

しかも、一般的な印鑑とは別のものを用意しなくてはなりません。手続きの段階で慌てないようにするためにあらかじめ準備しておくと安心です。しかし、設立用の印鑑とはどのようなものなのでしょうか? 今回は、会社設立等に必要な印鑑を一挙に紹介していきます。

会社設立等で必要な印鑑

会社の印鑑にはさまざまな種類があります。主に、会社設立で使う印鑑と会社業務で使用する印鑑に分かれています。ここでは、設立に必要な印鑑とともに、起業後の業務で使用する印鑑について説明していきます。

会社設立に必要な印鑑

・会社実印
株式会社や合同会社、社団法人などの設立登記手続きで使用します。設立以外にも重要な契約手続きで用いることがあります。

・会社銀行印
銀行での口座開設をはじめとするその他の契約手続きに必要です。実印と区別しやすいように少し小さめに作られているのが特徴的。

会社業務で必要な印鑑

・会社角印
会社業務における一般事務や契約の際に使用します。具体的には注文書や請求書、社外文書などに用いられます。

・ゴム印
住所や会社名、代表者などの情報がまとまっている印鑑です。署名を書く手間を省くことができます。

会社印鑑の特徴

会社銀行印や実印などの丸印は、一般的な印鑑と違って彫刻に規則性があるのが特徴的です。内側に円が描かれており、その外側と内側で記載する内容が分けられています。

外側には会社名を表す回文が刻まれ、内側には印鑑の種類や役職を示す中文が刻まれており、中文の例としては「代表者取締役之印」、「理事長印」、「銀行之印」などが挙げられます。このように、一般的な印鑑との違いを理解しておくことは、印鑑の使い間違いを防ぐことにつながるので、頭の片隅に入れておくとよいでしょう。

印鑑を用意したら登記手続きの準備も

会社設立で必要な印鑑についてお分かりいただけたでしょうか? 印鑑を用意したら、次は登記手続きの段階に進みます。登記申請書をはじめ、定款や発起人の決定書などを含むさまざま書類を作成していきます。

しかし、この作業は本来の目的とは関係がなく面倒と言わざるをえません。もし、そのように感じるのであれば、専門家にアドバイスをもらうと作業がはかどります。具体的には行政書士などが身近な存在です。ぜひ相談してみるとよいでしょう。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい