30代からでも起業は可能なのか?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


30代からでも起業は可能なのか?

みなさん、こんにちは。

さて唐突ですが、起業するとしたらもしくは起業したのはご自身が何歳くらいのときですか。

実業家で堀江貴文という方をみなさんがご存知だと思います。

彼は東京大学在学中に起業したことは有名ですよね。

そのようなこともあり、起業は若くないとできないものだと世の中の人は考えがちです。

20代を過ぎて30代を迎えるような方でも起業はできないのでしょうか。

今回の記事では30代からの起業について考えてみます。

30代からでも遅くない!

結論を申し上げると30代からでも起業することは可能です。

若者の起業が良く取り上げられる昨今ではありますが、実際は30代からでも起業している方は多くいらっしゃいます。

ですから、起業には年齢は全く関係ないのです。

彼らに共通するのは「新たな一歩を踏み出す勇気」があったということにすぎません。

当然すべてを投げ出し、起業するというのは非常にリスクを伴う行為だといえます。

年を重ねるにつれて守るべきものが増えていくと、目の前の安定のために新たな一歩を踏み出すにも躊躇してしまうものです。

そんな中でも勇気を振りしぼり新しいことに挑戦することを決意してきた人たちこそが起業家の方たちなのです。

ですので新たな世界へ飛び立つ勇気さえあれば30代であったとしても起業は可能なのです。

メリットも多い30代からの起業

次に30代で起業することそのものに対するメリットについて見ていきましょう。

まず挙げられるのは「社会的な信用を得やすい」ということです。

社会人としての経験がなくいきなり起業した場合、実績も何もないわけですからその他大勢から見ればその会社に対して不安が残りますし、多くの場合で偏見を抱かれることになります

その一方で仮にこれまで会社勤めをして起業するとなった場合は、社会人としての経験がありますから取引先とも円滑に事を進めることができるでしょう。

次に挙げられるのは「俯瞰的に物事を見られる」という点です。

30代で起業する場合、1人の会社人として多くの仕事に携わるという経験が豊富にあるというバックグラウンドがあるはずです。

若いうちに起業すると勢い任せになってしまうことも多く、俯瞰的に物事を見るという点ができないことが多いです。

ですから20代でさまざまな経験を積んで広い視野で物事を考えることができる、これこそが30代から起業することへの大きなアドバンテージとなるのです。

まとめ

今回の記事では30代からの起業の可能性について見ていきました。

結論は30代からでも起業は可能です。

むしろそれまでに会社人として多くの経験を積んでいるので、それが起業に大きく役立つことも多いといえるでしょう。

起業という一歩を踏み出すには大変勇気がいることですが、起業をしてみたいと考える方は勇気を振り絞りその一歩を踏み出してみてください。

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい