起業時に知っておきたいホームページ維持費の相場感など|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


起業時に知っておきたいホームページ維持費の相場感など


今回はホームページの維持費について解説をしていきます。ホームページを持つためにはランニングコストが必要となります。

ホームページ制作会社も様々で、ある程度の知識を持って選択しないと勿体ない結果になる事があります。維持費にもいろいろ内容がありますので、費用対効果で選べるよう参考になれば幸いです。

【目次】
ホームページの維持費の意味
・安全に公開を続ける為の費用
・売上を上げるための費用
・制作会社への費用

維持費用の相場
・安全に公開を続ける為の費用詳細
・売上を上げる為の費用詳細
・制作会社への費用

このページのまとめ

 

ホームページの維持費の意味

ホームページの維持費には大きく以下の3つの意味がございます。

〇安全に公開を続ける為の費用
〇利益を上げるための費用
〇制作会社の費用

安全に公開し続ける為の費用

維持費にはホームページを公開し続ける為の意味があります。例えば、ホームページのデータを保管しておく為サーバーを借りる必要があります。

ホームページを運用するため、サーバーを自分で借りるか、ホームページ作成業者に手配してもらうか。自分のホームページにはどういったサーバーがいいか。

どちらにせよ月額の固定費が発生します。毎月の固定経費は安い方がいいですが、ホームページに関して知識が無い方は注意が必要です。

ここで、あまり知識が無い方は注意が必要です。

例えば・・・
ホームページを公開していると「内部サーバーエラー」と表示され急にホームページが見れなくなってしまったりします。

この場合、ホームページ制作会社のサポートを受けていれば連絡するだけですぐにホームページは復旧するでしょう。

ですが、毎月の保守管理費用をホームページ制作会社に支払っていない場合、連絡しても対応はしてくれないでしょう。

結果、自分でホームページを復旧させる必要があります。

ここで、ある程度の金額でサーバーをレンタルしておけばサーバーレンタル会社が電話でサポートしてくれます。

ですが、格安レンタルサーバー業者の場合、メールでのサポート限定といった対応が殆どですので、ホームページを復旧させるのは大変な作業になります。

 

何となくイメージが湧きましたでしょうか?ホームページは頻繁(僕の感覚では1年に1~2回くらい)何かしらトラブルが発生します。

ホームページの維持費とはトラブルが起きた時の処理費用だと思ってください。ホームページ運用にはある程度のサーバーやドメインといった知識が必要です。

知識が高ければ維持費や安くなるし、
逆に低ければ維持費は高くなります。

売上を上げるための費用

ホームページから売上を上げたい。その為にはホームページにアクセスしてくれるお客様を増やしていく必要があります。

1日5人の方がくるページと50人の方がくるページ。人通りの少ないお店と人通りが多いお店。どちらが沢山売れるかは直ぐにわかりますよね。

次の図は、このホームページ開設当初のアクセス解析の画像です。

この期間は全く売上が上がりませんでした。。。

そこで3カ月間
自力で毎日夜2時までSEO対策を実施!

次の図はホームページ開設から1年後のアクセス解析の画像です。

結局、ホームページを開設しただけでは中々アクセスが伸びません。アクセスが無いという事は商品やサービスを誰にも伝える事が出来ないので当然売上も上がりません。

売上を上げる為には

SEO対策でアクセスを増やす
リスティングといった有料広告

この2つを行う必要があります。

自分でSEO対策をするか、お金をかけてリスティング広告を出すか。結局は知識と労力。若しくはお金でパワーを買うという方法をとらなければいけません。

儲けたくていいなら維持費や安くなるし、
儲けたければ持費は高くなります。

制作会社への費用

月額の維持管理費用は「安全に公開を続けるため」「売上を上げるため」という意味がありました。残りは制作会社への費用になります。

ご自分のホームページの用途や知識料に応じて、ホームページ管理業者に依頼するか否かを検討して下さい。ホームページ管理の知識はあるのか、売上獲得のコンサルティングは必要か。

ホームページ制作会社の場合「制作費用」と「月額管理費」で事業の利益を出しています。月額の管理費も、お仕事をお願いしているのですから利益を出して当然と言えます。

どこかで利益は取るのです。

ですが「制作費用がが格安でも月額の管理費が高い」というようにお客様が結果損してしまうような料金体系のホームページ制作会社もあるので注意が必要です。

注意すべきなのは、月額管理費で何をしてくれるのか?という点をしっかり確認する事です。最低限の管理だけなのか、ホームページで売上を上げるコンサルティングも含まれているのか。

何が言いたいかというと、自分の用途に合わせたホームページ制作業者を選ぶ必要があるという事。会社案内用のホームページに売上獲得のコンサルティングは要りませんよね。

知識や労力あれば管理費は不要
知識や労力が無ければ管理費が高くなる
売上を上げたければ管理費が高くなる

このページの目次に戻る

維持費の相場

ホームページの維持費の役割について、それぞれご理解頂けましたでしょうか?維持費といってもそれぞれ目的が異なります。ですので、ご自分の目的に沿った予算配分が必要になります。

維持費には「公開を維持する為のもの」「売上を上げる為のもの」「制作会社への管理費用」の3種類があると申し上げました。それぞれ詳細を解説していきます。

安全に公開を続ける為の費用詳細

レンタルサーバー代


ホームページを公開するためにはサーバーを借りる必要があります。ホームページ制作会社を通じて借りる方法と、自分で借りる方法の二通りがあります。

レンタルサーバーには、月額料金100円~といった物や、月額料金が無料といった物もあります。注意すべき事は、サポート内容と処理能力、そして広告の問題です。

まず、格安や無料のサーバーのレンタルサービスについては、サポートがメールのみでの対応となっているケースが殆どです。これでは、何か不具合が出たときに不便でしょうがありません。

また、無料のサーバーについては、月額料金が不要な変わりにホームページ上に広告が表示されるサービスが多いです。会社のホームページに広告が表示されるとみっともないですよね。

最後に、処理能力です。サーバーの処理能力はピンキリですが、一般的なホームページを安定して公開するのであれば月額1,500円程度は必要です。

サーバー代というのはホームページを安全に公開し続ける為の費用です。確かに固定費は安い方がいいですが、極端に安くしてしまうと後々面倒な事になってしまいます。

サポートは電話対応しているか
広告は表示されないか
処理能力は月額1,500円程度が無難

ドメイン代


ドメインとは、ホームページのアドレスの事を言います。レンタルサーバーを契約すると無料でドメインを貰えたりします。ですが有料でオリジナルのドメインを取得する方が一般的です。

起業したのであれば、名刺には「kigyou.co.jp」というような覚えやすいアドレスを記載するのが一般的ですよね。また、ホームページのSEO対策的にもオリジナルドメインの方が向いています。

独自ドメインを購入するという事を簡単に説明すると、お金を出してホームページやメールのアドレスを自分オリジナルの物にすると思ってください。

独自ドメインを持っておくと、前述したサーバーをもっといいものに切り替えたいという時にも対応する事が出来ますし、何より信用力が違ってきますよね。

ドメイン料金の相場は種類によって大きく異なります。一般的な「.co.jp」は年間4,000円程度、月額にしておよそ300円です。「.jp」だけですと年間2,800円程度、月額にしておよそ200円です。

ドメインは種類や時期によって値段が多少変動しますが、年間数千円、月額数百円とイメージしていればいいでしょう。

起業するなら独自ドメインはあった方がいい
ドメイン料金は種類によって違う
年間数千円、月額数百円のコスト

公開を維持する為の費用まとめ

「サーバ代」「ドメイン代」この2種類がホームページを公開する為に絶対必要な費用です。これらはホームページを持っている限り絶対に必要になります。

 

公開を維持するための月額相場まとめ
サーバ代 1,500円
ドメイン代 300円
月額合計 2,800円

 

ホームページを安全に公開するには「月額2,800円程度の維持費」が相場という事です。

売上を上げるための費用詳細

広告料


ホームページで売上を上げるためにはとにかくアクセスを増やす事です。GoogleやYahoo!といった検索サイトを上位表示させるのは大変な作業が必要です。

ですが、アクセスは買う事が出来ます。

検索サイトで上位に「広告」と表示されるリスティング広告や、Facebook広告といった様々な方法がございます。こちらは月額〇円なら正解といった事はありません。

広告費と思って作成したホームページにさらに広告費をかけて運用する。という二重にお金をかけるイメージですが、ホームページは作っただけではアクセスは全く無いと言っていいです。

前述しました、このホームページ開設当初のアクセス数が現実です。

ホームページは作っただけではだれにも見てもらえません。コツコツSEO対策をしたとしても数カ月の期間が必要となります。売上が上がってこない間SEO対策を続けるのはつらい作業です。

そこで「広告」を利用します。

色々な方法がありますが、代表的な例がGoogleのリスティング広告です。

この様に検索画面の上位に広告料と引き換えに掲載をする事でアクセスを買う事が出来ます。料金は1クリック毎に発生し、上限を決めて広告を出す事になります。

広告料の金額はキーワード別で決まっています。GoogleやYahoo!でリスティング広告を出したら直ぐにアクセスが殺到します。

このホームページも開設当初「会社設立」で1クリック500円程度。3万円で50~60クリックして貰えますので、会社設立手続き2件受注できれば黒字だなとリスティングをしてました。

リスティングやFacebookといったアクセスを集めるための広告は1回数千円といった少ない予算から始める事が出来ますので、アクセスを集める事が出来ない期間というのは有効な対策です。

ホームページ開設だけではアクセスが来ない
売上を上げるならアクセスを集める
検索で上位表示されないならアクセスを買う
予算は少額から可能

SEO対策


SEO対策というのはやり方は色々ありますが「検索サイトで上位表示される為の対策」と思って頂ければ結構です。検索サイトは検索する方が便利だと思うページを検索上位に表示します。

SEO対策は

〇ホームページ全体の作りを見やすくする
〇沢山の情報を発信する
〇見出しや内容を工夫して文章を分かり易くする

というような様々な方法により、検索する方が便利だと思うホームページの作りこみをして「検索上位に上げる」「結果アクセスが増える」「売上につながる」というものです。

ホームページを持っているとSEO対策の営業から連絡が良く来ます。全部お任せ出来るのでと高額(数十万)の予算を請求してきます。

ですが、SEO対策についてはかなりの労力が必要で、スタートアップの会社が出せる予算では全部お任せしていては効果が出せないというのが僕の感覚です。正直甘くありません。

ただ、やり方を知らないと結果は中々出ませんのでやるのであれば月額1万~2万円程度でコンサルだけしてくれる業者を使いこなして自分でコツコツやるというのが現実的だと思います。

SEO対策は労力がかかる
起業当初出せる予算ではお任せで効果は出ない
月額1万~2万円程度でアドバイスだけ貰う
後は自分で努力する

売上を上げる為の費用まとめ

売上を上げる為の費用まとめ
広告費用 アクセスを簡単に集めれる

予算は数千円の少額から可能

後は商品力や費用対効果の問題

SEO対策 業者にお任せでは難しい

起業当初の予算では自分でやるしかない

広告は費用対効果や商品力を見ながら試していく事。
SEO対策は起業当初の資金力では業者に任せても結果は期待できません。

このページの目次に戻る

制作会社への費用

これまでホームページに必要となってくる維持費の種類や相場感などについて解説をしてきました。最後にホームページ制作会社へ毎月支払う管理費についてです。

ホームページ制作を依頼すると、

1 制作費
2 管理費

この2種類の費用を請求される事になります。制作費は初回に払ってしまえば終わりですが、管理費というのは毎月固定的に支払う必要があります。

初回の制作費を無料にして、毎月の管理費を高めに請求するという業者もあります。毎月の管理費が貰えれば最初は赤字でも十分利益は確保できますからね。この辺りは前述しました。

ただ、ホームページに関する知識が無い方については、毎月の管理費を支払わないのであれば、今まで解説して来た事を全て自分で対処しなければいけません。

大事なのは、ご自分のホームページの用途に応じて管理費の金額を決めるという事です。ホームページで売上を上げる必要が無い方が売上を上げるためのアドバイスは必要ありません。

起業当初は固定費を出来るだけ抑えるという事が必要になりますので、何をしてくれるからこの金額なのか、しっかり確認して業者を決める必要があるでしょう。

会社案内程度で十分な方


この場合はホームページを安全に公開する事だけお任せしておきます。

・ドメインの管理
・ホームページ異常の監視
・ウイルスの予防
・ハッキングの予防
・セキュリティ対策
・サーバーの管理

月々管理費を支払う事で、ホームページに不具合が出たら電話して対応してもらえる。というような保険的なイメージでしょうか。

管理費を業者に支払う場合、サーバーも制作会社を通して購入します。業者へ支払う月額の管理費はサーバー代(前述した月総1,500円が相場)を含め5,000円程度を目安です。

ここを節約するという事はトラブルがあった時は自分で対処しなければいけません。制作会社によって相場は様々ですので、しっかり確認するようにしましょう。

安全に公開する為だけなら込々で5,000円でちゃんと仕事はしてくれます。
不相応に高い業者は勿体ないので注意です。

ホームページで売上を上げたい方


ホームページで売上を上げたい場合、「ホームページにアクセスを集める」「ホームページから問合せにつなげる」という2つの対策をとる必要があります。

ホームページにアクセスを集める為には、検索した方の役に立つホームページにどんどん作りこみをしていく必要があります。更新作業を沢山するという事です。

ホームページから問合せにつなげるという事は、サービスや商品の魅力を伝え、分かり易い場所に問合せフォームを設置するという事を研究し続けるという事です。

月1万円程度の管理費でしてもらえる事は

〇ホームページ更新操作のサポート
〇月1枚程度の画像制作

といった内容です。

月2万程度の管理費でしてもらえる事は

〇マーケティングのアドバイス
〇SEO対策の相談
〇ホームページ更新操作のサポート
〇月1枚程度の画像制作

になります。

更新作業の操作だけ教えて欲しい。といった事であれば月々1万程度の管理費で十分ですし、SEOやマーケティングに関するアドバイスまで求めるのならば月々2万円程度は必要でしょう。

本当に売上につながるホームページ制作会社の特徴として、「お客様がどの程度努力すれば売上につながる」という事をしっかり教えてくれますので、検討している場合は聞いてみてください。

操作サポートだけであれば月1万程度
コンサル含めれば月2万程度
良い業者はどの程度努力すれば売上につながるか教えてくれる

このページのまとめ

・ホームページを持っているだけで最低以下の費用が必要になる。

公開を維持するための月額相場まとめ
サーバ代 1,500円
ドメイン代 300円
月額合計 2,800円

・広告費は少額から試すことができる
・知見が低ければホームページ制作業者に月々管理費を払うべき
・会社案内用ホームページならサーバー代込みで月5,000円程度で十分
・売上につながるホームページは月1万~2万程度が相場

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい