社会保険の加入指導をやり過ごした話|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


社会保険の加入指導をやり過ごした話


前回のお話
多くの会社が社会保険に未加入。こういった話はよく耳にすると思います。今回は、そこの所実際どうなの?という所から、なぜ多くの会社が社会保険に加入しないのかという理由まで語って行きます。

先輩起業家が語る社会保険未加入の理由

今回のお話
社会保険に未加入だとどうなるの?気になる所だと思います。今回は、社会保険未加入業者の美容師Mさんのお店に年金事務所がやって来た時のお話をします。

【目次に戻る場合はコチラ】

未加入業者と語る社会保険のリアル

 

社会保険に未加入だとどうなるの?

年金事務所がやってきた!

Mさん
お昼食べてお店に戻ったら、スタッフに「てんちょー、年金事務所の人が来てましたよ」って書類を渡されて。
Mさん
「会社設立したら社会保険に入れ」って内容で、ご丁寧に最悪2年分遡って徴収されるぞって所にマーカーまでしてました。
J.J.works 近澤
えーいきなり押しかけて来るんですか!?
Mさん
その前に何度か手紙も来てたんですけど、無視してたんです^^;
J.J.works 近澤
普通は、何度か手紙が送られてきて、無視してたら年金事務所がやってくるって感じですもんね。
J.J.works 近澤
つーか無視しちゃダメじゃないですか!
Mさん
だってお店始めたばっかりで忙しかったし、どうやっても今のままじゃ社会保険料払えないからと思って・・・
J.J.works 近澤
まぁ、売上売上!っていうプレッシャーもあるし、臭い物に蓋したくなりますよね。

会社設立した後に社会保険未加入のまま放置していると、年金事務所から社会保険加入の指導が何回もきます。

この年金事務所の指導ですが、最初から無理矢理社会保険に加入させるという事はなく、段々と厳しくなるイメージです。

この「段々と厳しくなる」という事について説明します、一般的には5段階を経て社会保険への加入指導が厳しくなっていきます。

第1段階 社会保険制度の案内について手紙がくる

まずは、会社宛てに社会保険制度についての案内の手紙が送られてきます。「会社は社会保険に加入する義務がありますよ」という内容です。この時点では社会保険に加入しろという事は書いていません。

第2段階 会社情報のアンケートが送られてくる

次に、会社の就業状況を把握する為のアンケートが送られてきます。「従業員は何人いますか?」「役員報酬は支払っていますか?」という内容です。

第3段階 加入督促

「社会保険に加入するように」と強い口調の書面が送られてきます。まれに、年金事務所の職員が会社に直接届けにくる場合もあるようです。

社会保険に加入しない場合は「過去2年分遡って社会保険料を請求します」というペナルティの箇所をマーカーで強調していたり、今までと違いかなり厳しい内容になっています。

第4段階 呼び出し

第4段階は年金事務所から手紙が来ますが、いつもと内容が異なります。「〇月〇日の何時に年金事務所に来るように」というように、いつ加入するのか説明しに来いという内容です。

手紙には、「加入しないようだと立ち入り検査をして強制加入させる」という事も書いています。いつもと違う赤色の紙なので、見ればすぐにわかります。

第5段階 立ち入り検査

いきなり年金事務所の職員が会社に調べに来て、強制的に社会保険に加入させられます。加入義務がある期間を過去に遡って最長2年分保険料を請求されます。

J.J.works行政書士事務所の周りのお客さんでこうなったという方は聞いた事はありませんが、これをやられてしまうと一気に事業が破綻してしまいます。。。

年金事務所で相談ってどんな感じ?

J.J.works 近澤
で、年金事務所が来た後はどうしたのです?
Mさん
ヤバイッと思って早速電話しました!で、正直に今は社会保険に入る余裕がない事を説明しました>_<
J.J.works 近澤
ほぅほぅ。
Mさん
結局電話だけじゃ何だからという事を言われて、後日改めて管轄の年金事務所に行く事になったんです。
J.J.works 近澤
年金事務所に呼び出しされたんですね。
Mさん
で、年金事務所で担当の人に直接正直に話しました。お店がこういう状況だから、まだ社会保険には加入できないって。
J.J.works 近澤
怒られました?
Mさん
それが怒られませんでした^^;
Mさん
それどころか、売上がいくらになれば社会保険に入れるか、それまでどれくらい時間が必要か、普通に話しを聞いてくれました。
Mさん
で、「じゃあ〇月には社会保険に入ってくださいねーサヨナラ」って感じで終了しちゃいました^^;
J.J.works 近澤
まぁMさんが真剣に考えているのが分かったからでしょうね^^

意外かもしれませんが、年金事務所に相談に行ったら無理矢理その場で社会保険に加入させられたという事は聞いたことがありません。

むしろ、今の会社の状況であったり、どの程度会社の売上がいけば社会保険に加入しても会社が回るか、ちゃんと話を聞いてくれます。

年金事務所の加入督促を無視し続けてやり過ごす会社も沢山あるようですが、無視し続けても問題が解決する訳ではありません。

正直に相談して馬鹿を見るという事もないので、会社設立後社会保険に加入する資金力がない場合は、加入督促に誠実に対応するべきでしょう。

年金事務所で相談してその後は?

J.J.works 近澤
でも、結局その時の約束期限が過ぎてもまだ社会保険入ってないんですよね(ーヘー;)
Mさん
そうなんです、結局お店がなかなか思うように行かなくて。
Mさん
約束の期限が過ぎてしばらくしたら手紙が来て、連絡して今の状況を報告して。その繰り返しで何とかやってます>_<
J.J.works 近澤
大変ですねー
Mさん
周りのお友達は結構ガン無視しているみたいですけど。よく「真面目だな」「ほっときゃいいのに」って言われています。
Mさん
無視し続けてどうなるかまでは私はわかりません。
J.J.works 近澤
そういう方も多いですよね。
Mさん
でも、私が言いたいのは「こうやって社会保険に入らなくても誤魔化せる」とかそういう事じゃないんですよね
Mさん
起業してから社会保険とどうやって付き合っていくべきか。それをこれから起業する方に知ってほしいという事なんです。
J.J.works 近澤
良いこと言いますね、じゃあ次のページで!

【次のページ】

起業後の賢い社会保険との付き合い方

会社設立代行サービス
創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい