創業融資を受けるタイミングはいつがよい?|J.J.works行政書士事務所

営業時間:9:00〜20:00【土日祝もご相談対応中!】

(休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい)

050-3562-9308


創業融資を受けるタイミングはいつがよい?

創業融資を受けるタイミングはいつがよい?
創業融資を利用するのにベストなタイミングはいつなのでしょうか?金融機関によっても創業融資の受けやすさは変わってきますが、この記事では申請するのにおすすめのタイミングや、事前に準備した方がよいことまでご紹介していこうと思います。

利用する金融機関によってベストなタイミングは異なる

創業融資は通常の事業融資とは少し異なり、金融機関によって融資獲得の難易度が変わると考えられています。たとえば、大手都市銀行などであれば、その銀行との付き合いがない人がいきなり創業融資を受けるのは難しいようです。開業前・開業直後で実績がまだない場合は、日本政策金融公庫などの公的機関を利用するケースが多くあります。

日本政策金融公庫なら開業直前が直後がおすすめ

日本政策金融公庫では、売上などの実績がない起業時でも創業融資が受けられ、創業時に必要となる多額の資金を活用したいという時は、公庫の融資制度を活用するのがおすすめです。創業からしばらくは経営状況が上下しがちなので、必要な資金を融資などで調達して運転資金を確保しておいた方がよいかもしれません。

創業してから資金が足りなくなっても、数字が良くないと審査が厳しくなるリスクもあります。日本政策金融公庫で創業時に受けられる融資制度として以下のような制度があります。国民生活事業と中小企業事業に分けられているものは、融資の限度額や返済年数が異なりますので窓口などでご確認ください。

新規開業資金

新規開業資金は、
・雇用の創出を伴う事業を始める
・現在勤務している企業と同じ業種の事業を立ち上げる
・認定特定創業支援等事業を受けて事業をスタートする
・事業開始のために民間金融機関と公庫による協調融資を受ける
という条件のいずれかに該当する人が利用できる融資制度です。

資金使途は新事業開前後に必要な設備資金及び運転資金です。利率は基本的には基準利率ですが、特例もあります。公庫が定める条件にあてはまる人は、特別利率A・B・C(中小企業事業の場合は特別利率1・2・3)のうちのいずれかが適用されます。

女性・若者・シニア起業家支援資金

女性・若者・シニア起業家支援資金は、その名前の通り
・女性
・35歳未満
・55歳以上
にあてはまる人が事業を始める際(または事業を始めてから7年以内)に利用できる融資制度です。こちらは基本的には特別利率Aまたは1が適用されますが、技術やノウハウに新規性があると判断された場合などは特別利率B・C(または2・3)の対象となります。

生活衛生新企業育成資金

生活衛生新企業育成資金は生活衛生関係の事業を始める人、または始めてから7年以内の人に向けた融資です。生活融資とは、飲食店・食品販売業・サービス、宿泊業などが該当します。

振興計画認定組合に加入している方は設備資金と運転資金の借り入れが可能です。組合員以外の方でも借り入れはできますが、資金使途は設備資金のみとなります。担保や保証人は要相談となっております。

新創業融資制度

日本政策金融公庫の創業融資の中で最もメジャーなのがこの「新創業融資制度」です。

新創業融資制度に申し込む条件としては、
・創業の要件(新事業、または税務申告を2期終えてない)
・雇用創出(雇用の創出を伴う/務めている企業と同じ事業を始める等)
・自己資金(創業資金総額の1/10以上)
の3つを満たさなければなりません。

資本性ローン

挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン)は、ベンチャー/スタートアップ/新事業/海外展開などに取り組む経営者の方に対して、ベンチャーキャピタルや民間の金融機関などについて資金調達強化のサポートを行う制度で、無担保無保証で利用できます。

開業した後に創業融資を受けるならいつがいい?

開業後に創業融資を受けるなら、決算が終わってからの方がよいかもしれません。経営状態が数字として明らかになっている状態なら、金融機関の担当者も審査しやすくなります。仮に売上の状態が良くなくても、将来性などを提示できれば融資獲得できる可能性もあります。

タイミングによって必要な書類が変わる

創業融資を申請するタイミングによって、提出する書類が変わります。創業前の場合は事業計画書や履歴事項全部証明書(法人)などですが、すでに創業している場合は決算書や帳簿など資金繰り状況が確認できる書類が必要です。

まとめ:創業融資を受けるタイミングはいつがよい?

今回は、創業融資を受けるタイミングについて解説させていただきました。準備段階や創業後のことを考えるとやはり創業時がよいタイミングなのではないかと思います。金融機関や制度によって創業融資を受けるハードルが変わってくるのですが、本文でもご紹介した通り日本政策金融公庫では創業時に利用可能な融資が充実しています。ただ、自分だけで対策するのは難しいかもしれないので、プロに相談して面談や審査の対策を行うとよいでしょう。

ベストなタイミングで創業融資を受けるならJ.J.worksまで

ご希望のタイミングで創業融資を獲得したいとお考えなら、J.J.works行政書士事務所にお任せください。
初期費用は不要の完全成功報酬制で、事業計画書の作成も専門家が担当いたしますのでご安心してご利用いただけます。
金融機関ごとの面談対策だけでなく、当日には担当者が同席します。また、初めて起業をするという経営者の皆様へまるっとサポートをさせていただきます。
テレビ電話などでの打ち合わせも可能ですので、まずはお気軽にご相談くださいませ。ご相談はお電話やメールの他に、LINEでも承っております。

千葉の会社設立代行サービス
千葉の創業融資

ご相談やお問い合わせはお気軽に ご相談、出張は無料です

050-3562-9308

営業時間:9:00~20:00
休日及び時間外は携帯電話にお問合せ下さい